ほう、そんなことが  

今日は部会3連発の資料がほぼ完了し、
ゆったりした気持ちで終わることができました。

実は本日、
全国団体の会議・新年会があったのですが、
自分の中で優先順序の変更があったため、
今年から出席しないことにしました。

そんな中、ほう、と思うようなことが。

一つは
切手収集業界(そういう業界があれば、ですが)大手の会社から電話があり、
組合の創立記念切手をまとめて買いたいとのこと。
インターネットで調べていて、
行き当たったそうです。

在庫が50弱ありましたので、
20シートなら、
というと、
それでは困る、40シートは欲しいとのこと。
どうやら
こういうプライベート切手の収集家が一定程度いて、
需要が確実に見込めるようです。

組合員には全員配りましたし、
記念誌の郵送でも使用し、
永久保存の分も確保してありましたので、
40シート販売することにしました。

この記念切手は大変きれいに出来ており、
日本郵政公社の担当者からは、
「自分が今まで手がけたもので、
一番の出来」

という評価をいただいており、
シートも立派ですから、
案外人気が出るかもしれません。
そういえば、
記念誌130ページには
「将来価値が出る?」と書いてあります。

いずれにせよ、
切手収集家の間で
この記念切手が流通し、
話題になると思うと、
少々わくわくします。

そういうわけで、
沢山作った記念切手、
いよいよ在庫は数シート
希少価値が出て来ました。

もう一つは数日前の話。

関係団体に用事で電話。
その事務局長が昨年8月に交代してから
初めての連絡だったので、
軽く挨拶して、
用件を告げたところ、
途中で相手の口調がくだけたものになり、
「やっちゃんでしょう?
マー坊がね〜」

と話し始めます。
何だ何だ何だ、俺はヤクザか、
この人、気が狂ったかと、
????????を重ねていたら、
何と、彼は事務局長が田舎の小学校にいた頃
(事務局長は小学校4年まで某県にいた)
の同級生ではないか。
顔はぼんやりだが、名前には確かに記憶がある。
お家に遊びに行ったこともあるという。
「マー坊」とは同じクラスの「〇〇正夫」君のことで、
マー坊から事務局長の新人賞作品のコピーももらっており、
共通の「モモちゃん」「〇〇くん」の名前も出る。

先方は就任時、
食肉組合に知っている名前を見つけて、
接触の機会を探していたらしい。
このブログも読んだことがあるという。
今度、事務所を訪問してくれるそうで、再会が楽しみ。

五十年も前に
机を並べていたクラスメートが
はるかな歳月を越え、
巡り巡って
関係団体の事務局長同士になっているとは。
人生は面白い






AutoPage最新お知らせ