新年賀詞懇親会  

組合は本日から開始。
何年か前に、
「曜日にかかわらず、新年賀詞懇親会は1月6日」と決めたため日曜日から始まります。

午後2時集合としましたが、
事務局長は朝から出て、
常務会の資料を印刷。
久しぶりに印刷機を使うと戸惑う点が沢山あります。
万端整って、
午後から職員がぼつぼつ出て来て、
3時に品川駅の反対側のホテル・パシフィックへ移動。

4時から常務会を開催した後、
5時15分から受付開始で、
5時50分入場、
6時開会。

写真は毎年同じで恐縮ですので、珍しい写真から。

↓開会前の会場はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓料理はまだ並んでいません。

クリックすると元のサイズで表示します

常務会の会場と新年会の会場は
廊下で行くと遠いので、
バックヤードを使ってワープします。

クリックすると元のサイズで表示します

↓本当はこんな所を通ってはいけませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

一度やってしまうと、
3分の1の時間で行けるので、ついつい利用してしまいます。
ホテルの方、こんな写真を使って、許して下され。

↓舞台衣装になる前の普段着の葵かを里さん。

クリックすると元のサイズで表示します

↓今回は2卓追加。これだけで広がり感が随分変わるものです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓三役が並んでお出迎え。役員減員で、来年からは6人になります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓はじまり、はじまり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓理事長挨拶。組合旗は昨年のこの時にはまだ制定されていませんので、
新年賀詞懇親会では初お披露目

クリックすると元のサイズで表示します

捲土重来を期する、保坂三蔵顧問。

クリックすると元のサイズで表示します

司会者が「参議院議員」と紹介したので、
事務局長はあわてて司会のもとに走りました。
保坂さんは
「参議院議員と紹介されましたが、
最近は、その前に一文字付いております。
『前』という文字。
これが、重い」

とかわしました。さすがですね。

小野清子顧問。こちらにはちゃんと「前」を付けて紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

中川雅治参議院議員は現職ですが、
しかし、付き合いの長さを尊重して、
保坂さん、小野さんの次にしてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

安井潤一郎衆議院議員。

クリックすると元のサイズで表示します

フジテレビが取材に。明日朝の番組です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓乾杯。

クリックすると元のサイズで表示します

↓で、料理に群がります。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、何か新しい工夫をするのですが、それが下の三品。

↓興味を引くイベリコ豚

クリックすると元のサイズで表示します

↓話題の比内鶏。本物です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓肝脂肪の方は、一種の共食い? 事務局長もそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓でも、うまい。ホテルの料理はどれも高く、一人前で映画が観れます。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長は↓のタラバ蟹から開始。

クリックすると元のサイズで表示します

↓いつもは着物の葵かを里さんは、今回はドレスで。

クリックすると元のサイズで表示します

期待の「千の風になって」は、超演歌で、ビミョ〜。
この歌は演歌には合わないと思われました。

↓途中で衣装の早変わり。

クリックすると元のサイズで表示します

↓肌もあらわになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓場内を回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓デュエットもやります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓歌った後は、CDも売ります。演歌の方は大変です。

クリックすると元のサイズで表示します

今年、レコード会社を徳間ジャパンに移籍
勝負の年だと言っていました。
演歌の方は一曲当たるとすごいですから、頑張ってください。

6月からは千葉テレビ毎週金曜日朝8時30分からの
「玉ちゃんのいきいき青春歌謡塾」でレギュラー司会をつとめます。
玉ちゃんって、誰?
事務局長の家では千葉テレビを観ることができます。

3月30日にはディナーショーもやります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓そのチケット。三役で行く予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ようやくお開き。

クリックすると元のサイズで表示します

組合の新年賀詞懇親会は、いつも最後まで全員いてくれて、
団結感を感じるのですが、
今回はテーブルごと早く帰った人たちがいて、残念でした。
遠くから来ているとはいえ、
最後までいてくれたらいいのに。

それと、カラオケはそろそろ曲がり角のようです。
「初めての人優先」と言っているのに、
同じ顔ぶれが出てくるし、
音が大きすぎて、
隣の人との会話がままなりません。
240名集まって、
わずか6〜7人ののど自慢にみんなが付き合うというのもどうでしょうか。
昔は各ブロックから演し物を出した時もありました。
少人数の楽団の生演奏という選択肢を考えてもいいかもしれません。

カラオケのたびに事務局長の頭には
賢人・曽野綾子さんの次の言葉が頭をかすめます。

「カラオケを人がするのは結構だが、
聴かされるのはごめんこうむりたい。
老い先短いのだから、
ヘタな歌を聴かされるよりは、
世界に二人、三人といないような人の
見事な歌を聞いて死にたい」


帰宅したら、予想以上に疲れていました。
昨夜遅かったのと、
耳に入ってきた話の中に
おそろしく愚かで後ろ向きの話があったからです。
昨年一年を表す一文字に、
金美齢さんは「愚」という文字を出しましたが、
最近は、愚かな人がのさばっており、
マイナスのエネルギーは、人の心を腐らせます。
一期一会の中に
善意とプラスエネルギーの交換でお互いを高め合う生き方もある
でしょうに。




AutoPage最新お知らせ