お墓参りとヘイ・ミスター・プロデューサー  

さて、昨日は夕方、元日からお墓参りを。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長家のお墓は浦安の市民墓地公園にあります。
みんなご先祖様に新年の挨拶に来たらしく、
沢山の花があふれていました。
「千の風になって」がヒットしても、
お墓参りという文化はなくなりません。

実は、事務局長はあの歌、好きではありません。
秋川雅史の歌い方はもっと嫌いです。
クラシックの声楽家が日本の歌を歌う時の欠点をあますところなくあらわしているからです。
楽譜どおりに歌おうとか、きれいに歌おうとかで、
心のこもらない歌
はっきり言って、ヘタクソです。
もっと日本語をきれいに発声できる
言葉に思いを乗せることのできる、うまい人の歌で聞いてみたいものです。
6日の組合の新年賀詞懇親会で、
葵かを里さんがこの歌を歌ってくれるので、楽しみにしています。

娘の勤めている広告代理店では、
メモリアルパークの宣伝で
この歌を使おうという企画がありましたが、
よく考えてみると、
お墓を否定する歌なので、使えないと気付いたそうです。

「私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません」


確かに、そこに眠ってはいませんが、
お墓参りという美風をわざわざ理屈で否定することはありません。

2番の歌詞なんて、笑ってしまいますよ。

「私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません」


死んでいないと、この歌は成り立ちません。

むしろ、
「私のお墓の前で 沢山泣いてください
そこに私はいませんが
いると思って下さって結構。
来てくれると、やっぱり私は嬉しいです」

というのが普通でしょう。

元々あの歌詞はアメリカで壁に書かれていたもので、
詠み人知らず。
それを訳詞して曲をつけたものですが、
曲もあまり上等なものとは言えません。

歌詞の内容が日本人向けだったのと、
クラシックの歌手の歌い方が珍しかったのでしょう。

「千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています」
と思うのは自由ですが、
やっぱりお墓は重要です。

ところで、事務局長の今年の文化生活
↓のDVDを観ることから始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

1998年6月8日にロンドンで行われた
キャメロン・マッキントッシュの
プロデューサー生活30年を祝っての特別コンサートの記録。
マッキントッシュというのは、
ロンドンミュージカル界の超大物プロデューサー。
「キャッツ」「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「ミス・サイゴン」
がこの人の手にかかるものと言えば、
その大物ぶりがわかるでしょう。

その夜は、
エリザベス女王、夫君のエジンバラ公が来てのコンサート。
ジュリー・アンドリュース、ジュディ・デンチ、ヒュー・ジャックマンら、
200人の俳優が顔を揃えての大豪華コンサートです。

CDは持っていますが、
先日、台湾で見つけて、リージョン・フリー(世界中どこでも見られる仕様)なので買いました。
値段はわずか800円。
これだから海外でのCD、DVD漁りはやめられません。
台湾で売っているので、
中国語の字幕が出ますが、
英語に切り換えて見ることができます。

26作品の中のさわりの部分を、
初演の本役の人が次々と演じます。
「ミス・サイゴン」のジョナサン・プライス演ずるエンジニアの
「アメリカン・ドリーム」など
素晴らしすぎて震えが出ました。
戦火のベトナムから逃げて来た難民が
何とかこの境遇から抜け出そうとする
かなわぬ夢への哀惜が歌われ、
日本の舞台の市村正親らの役作りが
いかに薄っぺらなものかが分かります。

「回転木馬」の有名なバレエシーンから
ラストの「一人で歩むのではなく」まで演じた場面など、
思わず涙。

ジョディ・デンチが「リトル・ナイト・ミュージック」の
「センド・イン・ザ・クラウンズ」を人生の哀歓をこめて
歌うところなど、じーんと来ます。

アイドリュー・ロイド・ウェッバーと
スティブン・ソンドハイムが連弾するところも絶品。

リア・サロンガの「オン・マイ・オウン」(レ・ミゼラブル)もよかった。
「ミス・サイゴン」の冒頭シーンや革命軍行進の大合唱、
シャンデリアは落ちないものの、
「オペラ座の怪人」の地下の湖を行く小舟のシーンも
ちゃんとやってくれます。

200人もが入り乱れ、
見事に統制の取れた動きを取るとは。
何回リハーサルをしたのでしょうか。

こんなにも見事な超一流のショーを観ると、
前夜の「紅白歌合戦」が「洗練」という言葉を全く知らないとよく分かります。
(比べるのが間違いですが。
うちの娘は紅白の間中、何回「ダサい」と言ったかわかりません。)

できれば、その場に居合わせたかったと思いましたが、
DVDという便利なもので堪能できました。
一年の出発にふさわしい体験でした。

今日の浦安の夕景。

クリックすると元のサイズで表示します

右側に見える丸い光は葛西臨海公園の観覧車。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山も見えました。

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ