父の肖像とスウィーニー・トッド  

久しぶりの土日の休日。
寝ても寝ても寝ても眠気が取れません。
娘は「病気ではないか」と心配していますが、
食欲はなくなっていませんから、大丈夫です。

先週、父親のことを書いたら、
「きっと横須賀で一緒だったでしょう」
と言って、
↓の本を持って来てくれた人がいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ありがたいことです。
今事務局長は500ページの私小説を読んでおり、
それを終えた後、
3冊読んでから、
この本にかかろうと思います。

更に、父親がどんな顔だったか
事務局長に似ているのか、
と興味を持ってくれた方がいたので、
親戚筋の許可を得て、本邦初公開

↓海軍大尉の父。

クリックすると元のサイズで表示します

この写真より、もっと雰囲気を伝えているのが、↓の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

終戦直後で、髪をのばしています。
大変なハンサムなので、
この写真を見た人からは、
「どうして?」
と聞かれます。
この美形は長女に引き継がれました。
ハンサムの割には女出入りはなく、
そういうタイプの人ではなかったようです。

これらの写真を見ると、
事務局長は段々雰囲気が似て来たと感じます。
やはり、男は父親の道を追いかけていくようです。

話変わって、今回の直木賞は桜庭一樹「私の男」
前回の候補作中、松井今朝子の次に順位を付けていたので、
順当と言えるでしょう。

前回直木賞の事務局長の順位付けを見たい方は、
↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20071210/archive

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

元々ティム・バートンは大好きだが、
今回はちょっと。
少し素材の上にあぐらをかきすぎたか。
ミュージカルなのに、音楽や歌が全く胸を打たない
元々事務局長はスティーヴン・ソンドハイムの音楽はあまり好きでなく、
(「ウエストサイド物語」の作詞者としては高く評価している。
「ジプシー」も好きだ)
その上、俳優たちの歌もあまりうまくない。
「小説や映画で、
登場人物の間抜けな行動に
読者や観客は共感しない」

という命題があるが、
この作品の主人公も相当間抜け。
(ということが、ある時点で分かる)
それがシェイクスピアばりに
人間の業の深みまで到達すれば昇華されるが、
残念ながら、そうはならず、
途中で底が割れてしまう。
舞台でなら、通用することでも、
映像ではそうならない典型。
残念。
むしろアニメでやれば、
別な形の面白さを提供できたかもしれない。

5段階評価の「3」

ところで、一緒に観た娘は、最高、と喜んでいた。
こうして、どんどん娘との距離が開いていく。


志の輔らくご  

現在、再来週の部会3連発へ向けての資料を作成して、
来期へ向けての構想を熟成中。
特に来週は、
総務部会で使う予定の大論文を作らねばなりません。

記念誌の感想がちらほら。
芝浦の大長老からは
「大変分かりやすくまとまっている。
自分の人生と重ねた」

とのこと。
この長老は記念誌よりも長く芝浦にいる方です。

組合の古い職員からは、
「写真を見て、なつかしく、泣けた」と連絡。
この方は「組合に青春を支えた」
と言っていた方なので、
その人生がこういう形て刻まれて、嬉しかったのでしょう。

夕方から渋谷へ。
立川志の輔の独演会を聞くためです。
この人、落語立川流の一党なので、寄席では聞けません。

クリックすると元のサイズで表示します

「志の輔って、誰?」という方は、
「ペヤングソース焼きそば」のCMの人、
と言ったら分かりますか?
それでも思い出せない方は、↓。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、独演会で1ヶ月興業とは。
しかも前売りは完売。(当日券が用意されており、朝10時から電話で受け付け)
新作2本に古典1本という豪華版。

1本目は「異議なし」
「上板橋ヒルズ」というすごい名前の十数戸のマンションの自治会での
エレベーターに監視カメラを付けるかどうかの議論の一幕。
カメラがいくら、録画器材がいくらで、
毎月30万円かかる。
30万円くれるなら、私が乗って監視する、とか
高いから、カメラはダミーにしてしまおう、
なら、エレベーターそのものをダミーにしたらどうか、とか。
もともとエレベーターを使わなければいい、
という一階住人の意見やで、
議論がどんどん本質からずれていく
ずれた方が本質に近かったりして、笑える。
どこの小さなコミュニティーでもありそうな、
情景に世相がずばりと差しはさまる。

この人の落語は
CDでいくつか聞いたが、
こういう小市民の姿に
ブラックな味付け
をするのがうまい。

1本目と2本目のつなぎに、
地球温暖化防止の国際会議をからかう映像が流れる。
議論の様子に勝手な字幕を付けて笑わせてくれる。
「私は英語が分かるので、嘘の字幕とばれています」
という無粋なアンケートがあったそうだ。
中には「あの会議は、あんなことを言ってたんですか」
という困ったものも。
ブッシュが出て来て、
「アメリカはCO2の50バーセント削減を公約する」
と発言。
その後、
「次の大統領は大変だ」
ともらすのも笑える。

2本目は「宿屋の富」
とんな話か忘れた方は↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%BF%E5%B1%8B%E3%81%AE%E5%AF%8C

はしょらず、フルサイズの内容。
こちらは名演が沢山あるので、ちょっと辛く、
事務局長は少し眠くなりました。

ここまでで1時間半。
休憩を入れて、3本目は「歓喜の歌」
今度、映画化されて、↓2月2日全国公開。

クリックすると元のサイズで表示します

大晦日前日の公民館。
明日の午後2時から3時に、
似た名前の二つのママさんコーラスの発表会を
ダブル・ブッキングしてしまったことが判明してのてんやわんや。

これを公民館の主任、
ママさんコーラスのメンバー、
ラーメン屋の出前、
等と視点を変化させながら描いていく。
すこぶる面白い
ダブル・ブッキングのミスについては安易な妥協案を提示しておきながら、
ワンタンメンとタンメンを間違えた出前には強烈に怒る
主任のキャラクターが笑わせる。
「みたまレディースコーラスと
みたま町コーラスガールズ?
同じだろう。
そりゃ、申し込んだ時はガールズで、
今までに年とったんだよ」

などという無責任な解釈をする。

コーラスメンバーが怒って
「ええ、二つの名前は似てますよ。
一瞬おなじと思うでしょう。
でも、はっと意識を持てば、違うと分かるんじゃないんですか。
確かに、世の中に似たものはありますよ。
うっかり聞けばねえ。
ペ・ヨンジュンとペヤング。似てるわよねえ。
でも違うのよねえ。
人間と焼きそばよねえ。いい男とまろやかな味よねえ。
ビブラートとオブラート。
コレステロールとコレクトコール。違うでしょう。
エルメスとヘルペス。全然違うでしょう。
エコロジーとエロじじい。
みんな違うでしょう。
しっかりしてちょうだいよ」

などと、脇道にそれるのもおかしい。

ママさんコーラスにうちこむ人々の心情が
出前の青年の口を通じて語られるあたり
は真摯だが、ややウェット。
しかし、小役人が市民のありのままの心情にうたれていくところは事務局長好み。
終わりの段で寸法直しの客を相手に
主任がママさんコーラスのメンバーの気持ちを語るところは
繰り返しでくどくなるので、
改善した方がよくはないか。

しかし、気付いてみれば、
1時間を越える大作。
やや長いが大いに笑わせてくれた。

最後に意表をつくフィナーレがあるが、
これもなかなか大変だね。
長唄社中のみなさんも登場。
冒頭に流れていたのは生だったんだと分かる。
最後に三本締めでお開き。
落語家の導きで三本締めなんて、粋でした。

7時開演で10時終演。
これを1ヶ月?
先日NHKでやっていた玉三郎のドキュメント
自宅と歌舞伎座往復の毎日を見て、
「歌舞伎に見入られた人」と思ったが、
志の輔も「落語に入られている」のでしょう。

噺の冒頭、枕とも言えない漫談があり、
たとえば今のお笑いは客を「笑わせる」のだが、
落語は、お客様の脳を頼りに、客に「笑っていただく」という
本質的な芸談など、
大変示唆に富んでいた。
この人、相当真面目に打ち込んでいるんだね。
少しインテリ過ぎるのかな。
桂枝雀のようにはなっては困る。

廓噺は出来るのかな。
というのは、少々色気が不足。
その点志ん朝は絶品だったな。

人気者らしく、有名人が客席に。
目についたのは、
エジプト学の吉村教授

誘ってくれた人が関係者だったので、
楽屋を訪問。
手拭いをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、映画に出ている安田成美さんにも遭遇。
背が高い。
この人、映画6年ぶりだそうだ。

落語のチラシをとっざりもらったが、
こんなに沢山やっているんだね。
それと、噺を聞きながら、
なぜか伊集院光のことを思い出していた。
声や語り口が似ている。
そういえば、伊集院も昔落語家だったと最近知ったっけ。

そのあと、立ち食い寿司をつまんで
(江戸時代や明治時代は寿司は立ち食い)
粋な気持ちで12時に帰宅しました。

今週末は何もなし。
ゆっくりさせていただきます。


監査会  

本日は監査会
10月〜12月の経理内容の監査を受けました。
特にこの間、
共助会資産の1億円を特別預り金として預かり、
これを仕組債の運用に回すという
大きな変化を
台湾の理事・支部長会の決定に基づき実施したので、
そのことを詳しく報告しました。

後は、多少の凸凹はあるものの、
順調に進んでいます。

新年なので近藤理事長も出席しましたが、
始まる前の時間を利用して、
近藤理事長が登場するブログの何箇所かを紹介。
二人で笑いました。
最近近藤理事長はパソコンに興味を持っているようで、
区の講習会に行ってみるとそうです。
「インターネットなら、講習受けなくてもやれますよ」
と言ったのですが、
どうやら、
パソコンは難しいもの、
という先入観があるようです。

興味を持ったのは、事務局長のブログを時々読むからで、
ご自分でもやってみたいようです。
「今日の理事長」などというブログが出来たら面白いでしょうね。

今日は自民党の定期党大会がありましたが、
福田総裁の演説。
「国民の政治不信、自民党への不満を痛感する。
国民は政治、行政に憤っている」

と強い危機感を表明したのはいいとしても、
(今更、という感じもしますが)
その上で
「すべての法律や制度を
国民や消費者の立場に立ったものに見直す」

ですと。
つまり、今までの法律や制度は
国民や消費者の立場に立ったものではなかったということか。

そして、
「消費者、生活者が主役となる社会の転換点だったと
振り返ってもらえる年にしたい」

ですと。
えっ、それは小泉改革で始まっていたのではないか。

こういう空疎な演説はいやですね。
円高、株安についても
「これが長期的なものか短期的なものか
しっかり見定める」

などというのも
何もしません、
と言っているのと同じ。
今から見定めるのではなく、
今までの蓄積の上での即断即決が求められているのに。
言い回しはまさに官僚答弁です。

福田政権になって以来、
事務局長は
政治への関心が薄れています。
福田さんじゃ、
何も変わらないだろうなあ、と。

一方の民主党も、その後の展開を見ると、
国民のことよりも党利党略優先が目に見えてしまい、
国民は足元を見透かしています。

議場から遁走した小沢さんは
全く反省の色なし。
どうせ議決の結果が見えたからというのは、
いかにもこの人らしいですが、
国会議員の使命は三権のうちの立法のはず。
それをしなかったら、職場放棄と言われるのは当然です。
アメリカでは、議員の議決参加率は公表されます。

円高、株安の根底にあるのは、
こうした政治の閉塞感
にあります。
小泉さんの時は「何かやってくれそうだ」と思ったし、
安部さんの時も、
その方向性はピント外れでしたが、
何かをやろうとする意気込みは感じられました。

ところが福田さんになると、
ああ、この人は官僚支配の内側でしかやらないだろうな、
という気がしてしまいます。
しかし、官僚体制を打破してくれそうな小沢さんが
今のあれでは。

で、
最も標準的市民意識の持ち主である、
事務局長の政治への関心が薄れているわけです。
これはこわいことだと思います。


矢祭町の改革  

本日、手提げ袋の共同製作
玉ねぎの共同購入の文書を発信。

原油高の高騰、玉ねぎ価格の4割高など
値上げ要因は確かにあるのですが、
元値の上昇をそのまま価格に転嫁するのでは無能過ぎますので、
価格据え置きで実施することにしました。
そのことは文書の中に
「今年度は組合創立50周年にあたるので、
価格据え置きで実施します」

と強調しておきました。
こんな形で50周年行事は続いています。

急激な円高のせいで本年度の利息収入は減りますが、
もともと予算は1ドル=100円で設定していたので、
びくともいたしません。
黒字は間違いないので、
値上げはしないですみます。
第一、周囲が値上げして高い時、
補助して安く提供するから
組合員さんは喜ぶのであって、
回りと同じに値上げしていては、
組合の存在価値はありません。

こういう時、お役人は平気で値上げで対応するのでしょうが、
役人の悪いところは、
言い訳する理由さえたてば
そうしてしまう
ところで、
努力が足りません。

大阪府知事候補の橋下弁護士が
テレビで
「行政の収支も家計と同じにすべきだ」
と言っていました。
その意味は、
行政は役人がこれこれの事業にこれこれ必要と積み上げて、
足りなくなれば、府債を発行して補う、
とやってきたが、
(それで大阪府は膨大な借金を抱えている)
家計と同じに、
収入が減ったんなら、
不要な事業から削っていけばいいのだ、
ということ。

橋下弁護士の主張は正しい。
国も同じで、
足りないから消費税率を上げる
というのは最も無能な方法。
足りないなら、
無駄な事業や補助金を削減すればいいので。

まあ、その前に
国民の行政への過剰要求の体質を変えなければなりませんが。

日曜日にテレビで矢祭町の改革をまたやっていました。

矢祭町というのは
町政の改革を断行、
1年365日開いた役場や
職員の職務兼任、給与カット、
外注をやめて、
助役や管理職まで総出で便所掃除をやり、
そうした姿勢が
町民の意識を高め
町民みずからがボランティアを申し出て来たという、あの町。
町長が家庭の事情で辞意を表明した時には、
町民が取り囲んで「やめないでくれ」と言った、
感動的な場面がありました。

今回報道されたのは、町民が運営する図書館の話。

矢祭町には図書館がなかった。
書店もない。
そういう文化的貧困から、図書館の設置は悲願。
図書館そのものは古い施設を改装して可能だが、
図書購入費には10億くらいの資金が必要。
そんなカネがあるはずがない。
そこで編み出したのは
書籍を全て寄贈でまかなうこと。

これには、全国自治体の図書館から轟々たる非難が出た。
「邪道」とまで言われた。
ところがふたを開けたら
全国から30万冊もの本の寄贈が集まった。
文学全集も百科事典も揃った。
郵送費用は寄贈者持ちなのに。
「捨てるのはもったいないので」
という手紙や、
本にまつわる想い出が添えられていた。

その整理は町民が自ら申し出たボランティア。
開館後も町民が運営。

そして、開館後、
驚くべきことが起こった。
本を寄贈した方たちが町を訪れて
自分が寄贈した本が並べられているのを見にきた。
中には横浜から来た人で、
亡くなった息子さんの蔵書が
書棚に並べられているのを見て、
涙を浮かべている。
図書館のガラスには寄贈者3500名の名前が刻まれており、
そこに息子の名前を見つけて帰って行った。
きっと横浜で矢祭町のことを思いながら、
息子がそこで生き返ったような思いでいるのでしょう。
このアイデアは、
沢山の人に幸福さえ配った。

まさにお役人の常識をつくがえす出来事
これも、図書館建設を進言した職員に対して
町長が
「あんたが一番真剣に考えているんだから、
あんたが担当しろ」
と任命しての出発だった。
何という賢い人事でしょうか。

国会議員に圧力をかけて
補助金を頼ったりするのではなく、
自らの知恵で困難を乗り越えた例。
前例やしきたりに縛られた役人には無理なこと。
「カネが出れば、知恵が引っ込む」と言われるが、
まさに、東北の小さな町では、
大きな改革が行われている。


丸い話二題  

今日、某団体の方が来訪し、
お話をうかがいましたが、
この方は事務局長のブログの読者
おっしゃることには、
「そろそろ、丸くなったらいかがですか」
1年間ほどやって来た各種闘争に心を痛めて下さっているようです。

ありがたい言葉ですが、
これでも昔に比べれば、まだ丸くなった方でして。
それに、今から丸くなっても
関係が修復するとも思えません。
むしろ事務局長の方から
「距離を置こう」という結論に至ってしまったわけですので。

「あまりに本質を突いたことを言うと、
言われた相手がきついんです」

とも言っていましたが、
そういえば、
昔(小学生の頃)から、
「王様は裸だ」と言い続けて来たような気がします。
他の人がみんな大人になって、
王様の醜い裸に対して、見て見ぬふりをするようになっても。

前に書きましたかね、
小学3年生の時のトラウマ
掃除の分担について、不公平なことをした先生に反抗。
帰校時のクラス会で抗議することになり、
先生が聞いてくれなかったら、
即座に席を立って一斉に帰ろう、
という打ち合わせをしていました。
さて、クラス会。
案の定、先生はこちらの主張を聞いてくれない。
では、
と席を立つと、
他の仲間は立たない。
声をかけても、下を向いている。
それで、「たった一人の反抗」をしてとぼとぼと畑の道を帰りました。
事務局長、初の裏切られ体験。
なるほど、人間とはいざとなったら卑怯な真似をするのか、
と分かった次第。

夕方、先生が家に立ち寄って行きました。
後で聞くと、
「この子は、大きくなったら、
すごい悪人か、すごい偉い人になる。
そのどちらになるかは、親の責任だ」

と言ったとか。

残念ながら、
どちらにもなりませんでしたがね。

東京に出て来て、
5年生の時にも、いろいろありました。
先生の言っていることの
矛盾や嘘や建前や空疎さが見えてしまいますので、
「先生、それは違うと思います」
などと平気で反論するし。
それで勉強ができなければ、
ただの悪ガキですが、
そっちの方は
先生としては教え甲斐のある生徒だったようで、扱いにくかったでしょうね。
今になると、先生には悪いことをしてしまったと思っています。

そういう変わった人間を受け入れて、
力を発揮させてくれている組合には、
本当に感謝しています。

そういえば、
近藤理事長が初めて理事になった最初の理事会で
当時権勢をふるっていた小川伝治第3代理事長に
事業の進め方で噛みついたといいます。
小川理事長は地元の長老に電話をかけてきて、
「今度出て来た理事はやけに生意気じゃないか」
と言ったとか。
30年以上前の話ですが、
近藤理事長も丸くなったとは思えません。
似た者同志ですね。

帰宅時、
有楽町のビックカメラの側で
「〇〇に入りませんか」
と勧誘している人たちがいます。
チラシをもらってみたら、
何と消防団の勧誘。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

丸の内に消防団があるとは知りませんでした。
確かにビルが沢山あって火災時大きな被害が出る場所ですから
言われてみればなるほどと思いますが、
街頭勧誘とは。
ビル単位、会社単位で働きかけた方が
効果が出るように思えるのですが、
街頭に立って勧誘せざるをえないような
切羽詰まった理由があるのでしょう。
気になります。





AutoPage最新お知らせ