上野の山  

事務所の床がすっかりきれいになりました。
1年に1度のことですが、
やはり気持ちがいいですね。

事務局長の机に積まれていた書類も整理。
視界が開けました。

さて、昨日の続き

上野の山は冬に来ると、また独特のものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓春には席取りが始まる桜並木も、冬はこんな。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ネコは日溜まりで毛繕いをしています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この同じ時間、
娘は恵比寿界隈で川に落ちたネコの救出劇の一部始終を見ており、
助けられたネコが公園でうずくまっていると、
コンビニにとんで行って、
買って来た猫缶の中身を置いてきたといいます。
事務局長もその場にいたら、
全く同じ行動を取ったと思われます。
DNA恐るべし

猫救出劇の顛末を知りたい方は、娘のブログ↓をクリック。

http://plaza.rakuten.co.jp/blackhawk33629/diary/200712240000/

↓ミリキタニさん?

クリックすると元のサイズで表示します

「ミリキタニ」の意味を知りたい方は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20071019/archive

↓あちこちでミュージシャンが演奏。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓現在、ムンク展も行われており、

クリックすると元のサイズで表示します

↓お目当てのフィラデルフィア美術館展も明日(12/24)が最終日で人が一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

いつも上野に来るたびに、
日本人はこんなに美術好きであったか、と思わされます。

クリックすると元のサイズで表示します

フィラデルフィア美術館には、
娘が在米中、行ったらしい。
意外と充実していて、感動しました。

では、作品のいくつかを紹介。

↓マネ「カルメンに扮したエミリー・アンブルの肖像」

クリックすると元のサイズで表示します

↓ルノワール「ルグラン嬢の肖像」
この子、こんな形で残してもらって、幸福だね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ルノワール「大きな浴女」
ホントに大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

背の高い女性は「大きい」と言われるのは我慢できますが、
「デカい」と言われるのはいやだそうです。
同様に、背の低い人は、
「小さい」と言われるのはよくても、
「チビ」と言われるのは不快だそうです。
気をつけましょう。

↓マティス「青いドレスの女」
このあたりで、事務局長は付いていけなくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、事務局長の2番目の姉が絵が好きで、
子供の頃、マティスの絵をよく見せられました。

↓ピカソ「三人の音楽師」

クリックすると元のサイズで表示します

↓グリス「カフェの男」

クリックすると元のサイズで表示します

↓モディリアーニ「ポーランドの女の肖像」
ポーランド人はみんなこんなキリンみたいな首をしているのか。

クリックすると元のサイズで表示します

↓クレー「魚の魔術」

クリックすると元のサイズで表示します

小学校2年の時の担任が美術の先生で、
その指導で、
クレヨンを何層も重ねて、こんな絵を描いて
事務局長、入選したことがあります。
タイトルは「お化けの踊り」。
小学生と比べては、クレーがかわいそう。
事務局長の絵の技術はその時でストップしており、
小学生級です。
そうそう、中学生の時、
動物愛護のポスターの全国展で一等に入賞したことがありましたね。
あれも小学生並の絵でしたが。

↓オキーフ「ピンクの地の上の2本のカラ・リリー」

クリックすると元のサイズで表示します

↓ステットハイマー「ベンデルの春のセール」

クリックすると元のサイズで表示します

さて、大忙しで目を楽しませた後は、
耳を楽しませに、東京文化会館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

年末なので、「第九」を聴きます。

クリックすると元のサイズで表示します

場内は撮影禁止なので、写真はありません。
合唱は三百人の大部隊なので、迫力がありました。
米良美一(アルトのパートを担当)が小さいので、びっくり。
隣のソプラノの緑川まりが、またでかいので、
余計に際立ちました。

鑑賞後は、連れ(男性)とおしゃべりした後、
「危険地帯」へ。

↓日本の士林夜市、アメ横です。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ「危険地帯」かというと、
ついつい買い物をしてしまうわけで。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもカミさんに「余分なもの、買って来ないでよ」と言われるのですが、
この日も、
アジの干物・ホッケの干物・ホタテ・干し柿・甘栗・割れせんべい
と「余分なもの」を買ってしまいました。

↓は、ここだけの食べ物。
外人が食べていましたが、
どう思ったんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな感じは、東南アジアですね。

クリックすると元のサイズで表示します

フィラデルフィア美術館展も第九も
人にもらったチケットです。
下さった方、ありがとうございました。
おかげさまで、良い年末になりました。





AutoPage最新お知らせ