常務会  

本日は常務会
その前に三役会

議題のトップは、台湾での3日間の流れの説明。
一昨日の総務部会と三役会、常務会と、
3回同じ説明をしました。
スケジュール表に基づいて口頭で説明すれば済むことですが、
詳細な資料を作ったのは、
「人間は耳から聞いたことはすぐ忘れる」
という、どこかで読んだレポートを信奉しているからです。
1時間後には75パーセントは覚えておらず、
1日後には90パーセントは残っていないといいます。

そこで、後でも学習できるように
目に見える形で残すようにつとめています。
参加者全員が総覧できる一覧表、
しかも、役職別にマーカーで色分けするなどという手間仕事。
「最終案内」には、
参加者それぞれの所属の色がイメージ化できるように、
旗の小型見本までついています。
ここまでやらなくても
とりあえず3日間は過ごせるのですが、
これは性分。

ただ、基本にあるのは、
「情報や構想の共有化」で、
理事長や事務局長の頭の中にあるものが、
目に見える形で示され、
役員の中に浸透して共通認識になることは重大です。
そうすれば、それは
二、三の人の意識から
常務会全体の意識に拡大し、
大きな力になって来る

と思います。
そのために、
資料作りは手間を惜しまずしなければなりません。

上に立つ者の説明能力は「責任」と呼ばれるほど重要で、
「私は東北人で口下手で」
ではすまされません。
第一、あんなこと言われて東北人は怒らないのかね。
「大連立を経ての単独政権」
「諸君に大臣経験を通過させるのは大きな宝になる」
「政権担当能力を身につけるには、一度与党に入ることは重要」
「我々の政策が実現できる。反対だけではだめだ」
「国民に政権担当能力を見せるチャンス」

などとちゃんと説明すれば、
役員全員の反対などおこらず、
中にはその「深慮遠謀」に共感する人もいただろうに。

「対決姿勢」を見せて、選挙に勝とうなんて、
国民には迷惑な話です。

今夜の小沢一郎と筑紫哲也の対談もおそろしくつまらなかった。
もっとダイナミックなことを語ってくれよ。

民主党は「雨降って地固まる」などと言っているが、
「痔固まる」の間違いではないのか。
痔が固まって健全な排便ができなくなれば、
後は手術するしかない。
人から聞いた話だが、
痔の手術の後の最初の排便というのは
筆舌に尽くしがたい痛さだそうです。

あ、とんでもないところに話が飛んでしまった。

常務会は続いて、先日の厚生部会で決めた内容を審議。
説明しやすく簡素にしましたが、
肉付けが必要です。
読むだけなら、
資料を郵送すれば済むわけですから。

常務会後は三役と某ブロックの幹部たちとの間で協議。
組織論から見て相当重大な問題を気付いてしまったので、
その問題を検討。
皆の知恵を集めて、良い結論に着地し、
ブロック長に動いてもらうことになって、
夕方、ブロック長から円満に解決した旨の電話が入りました。
たった一日で問題解決。
普通ならおおもめになる話なのですが、
勇気を持って決断して実行すれば、道は開けるものです。
(何のことかわからんね)

また今夜も10時まで。
50周年を記念して、
業界紙に祝賀広告を出すのですが、
記事の体裁を取っており、
先方の記者が書いてくれたものをチェック。
事前にレクチャーをしたものを記事にしたわけですが、
同じ素材を他人が書くと新鮮で面白い。

この新聞を台湾の行事とからめ、
面白い活用方法を思いつきました。
また自分で仕事を増やしています。

しかし、安井潤一郎衆議院議員が国会の会期延長で
台湾に行けなくなったのは残念。
滞在ホテルも国会議員が来るというので、
緊張していたのに。







AutoPage最新お知らせ