国家の大計を語れ  

今日から参議院議員選挙戦に突入。
食肉市場にはF候補が挨拶に見えました。
農水OBで、6年前、農協の全国組織を背景に初当選。
今回は農協に背を向けられて、苦戦している方です。

市場内の各団体の幹部が集まって迎えると、
候補者名のたすきをかけたFさん登場。
しかし、元気がない
全員と握手して回るも、相手の顔を見ない。
挨拶も何を言いたいのか、分からない。
話はあちらに飛び、こちらに飛びで、支離滅裂
これでよく6年間も議員をやってこれたものだ。

自信喪失しているらしく、聴衆を見渡すことができない。
「目力」で意志を伝えられない。
30分時間を与えられているはずなのに、
10分も挨拶が続かない。
話の起承転結もなく、筋が見えない。
頭の中が相当混乱している。
しかも、致命的なのは、
全く熱い思いが伝わって来ない
訴えたいことはないのか。
議員になってやりたいことはないのか。
せっかく食肉市場の幹部連が集まっているのに、
東京の食肉流通の改善策とか、
首都の消費拡大とか、
聴衆の関心事に合わせたことが
何か言えないのか。
これでは集まった幹部たちが
「この人に政治を託そう」
「この人を応援しよう」
という思いを持てないではないか。

人前で話して票を減らす
これではほぼ落選確実。
事務局長の先輩に当たるので、
悪くは言いたくないが、
あまりにお粗末なので、
茫然自失。

今度の選挙は読めない、と前に書き、
その理由を年金問題という民主党の戦略に
国民が欲と二人連れで巻き込まれているから、
とも書きました。

民主党は政権交代、と言っていますが、
今度の参院選で野党が過半数を取ったところで、
政権交代にはならないので、
これも言葉の魔術。

自由党時代の小沢さんは支持していたが、
民主党に行って、その上党首になってからの小沢さんは
小沢さんらしくなくていやだ、
とも前に書きました。
あの人に大衆迎合は似合わない。

今日のテレビを観ていると
けっこうけなげにこぶしを振り上げて頑張っている安倍さんと
力をこめてしゃべるたびに両膝を曲げてぴょこんとする小沢さんとでは
見た目は安倍さんに軍配。
自民党が「安倍」対「小沢」の図式にするのは間違いではない。

それにしても候補者たちの
演説の内容が空疎で幼稚で、
本当に情けない。
もっと国家の大計の話はできないのか。
世界の中の日本、という話はしないのか。
それは票に結びつかない
と言って
生活の安定や将来の不安の話ばかりして、
それでいいのか。
結局はエゴを刺激しているだけではないか。
物欲しそうで、貪欲。
そんな国民を作って嬉しいか。
国や世界のために、
時には国民みんなで堪え忍ぼう、という話はできないのか。
一人くらい頑固にそういう主張をしてくれる人はいないのか。
そういう人のことは報道しないのか。

しかし、今日の報道で、
「憲法改正は戦争への道。
子供たちを戦場に送るな」
と訴えている社民党議員には失笑を禁じえず。
30年前の演説
それでも、一定の顧客がいるから
ああいうことを言い、社民党はなくならないのだろうが。

結局、この選挙民にしてこの議員あり、
になるのでしょうか。

徹夜覚悟でいた新聞が
午後には終わったので、ほっとしました。
今回は全面カラーです。

夕方ばたばたと早退。
というのは、
「目が真っ赤だ」と言われて鏡を見ると、
右の白目の半分が血に染まっています。
浦安の病院の診療時間を聞いて、あわてて帰り、診察。
結果は毛細血管が切れているが、
眼底はきれいので、
目薬をさせば一週間くらいで良くなるだろう、という診断で一安心。

それにしても、会社でパソコンとワープロの画面に見入り、
家でも同様、
電車の中で本を読み、
その合間にテレビと映画では
目が休まるひまがありません。
たまには毛細血管切って抗議しているのでしょうか。






AutoPage最新お知らせ