練馬支部発足会  

今日は日曜出勤で、
済州島での三役研修の資料を作成
朝9時半から始めて、
はっと気付いたら、12時半。
3時間もの間、集中して書いたことになります。
この集中力で小説を書けたらどんなにいいでしょう。

三部構成の今回の資料の
第1稿が完成。
読み上げたら相当時間がかかるものになりそうです。

平成13年から16年の3年間を辿ることになるのですが、
今振り返れば、長編小説
要所要所に、神が指を触れたとしか思えない
不思議な展開が待ち受けています。

午後は数字の部分や引用の部分を書き足すために、
昔の資料を積み上げて調べました。
まるで学術論文を書いているよう。
ちゃんと資料を整理しておくというのは大切ですね。

夕方4時半に事務所を出て、
西武新宿線の練馬高野台へ。
そこからホテルのバスで
ホテル・カデンツァ光が丘へ。
練馬の町の中に突然現れる高層ホテル。
どういう人が泊まるのでしょうか。

カデンツァ(伊Cadenza, 独Kadenz)とは、
音楽用語で、
独奏協奏曲にあって、
独奏楽器がオーケストラの伴奏を伴わずに
自由に即興的な演奏をする部分のこと。

そういう音楽がらみの名前のせいか、
↓ のようなコンサートが開かれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 会合のサイン。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 会場は今までで一番立派です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 宝田光夫新支部長。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 近藤理事長の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します

練馬支部は政治的センスがあるらしく、
国会議員、都会議員、区会議員の方が沢山来ていました。

菅原一秀衆議院議員。

クリックすると元のサイズで表示します

安井潤一郎衆議院議員。そういえば、一昨日も会いました。

クリックすると元のサイズで表示します

秋元司参議院議員。

クリックすると元のサイズで表示します

式次第を見ると、事務局長も挨拶と書いてあります。
ところがその時になると、
次の方に飛ばされたので、
時間が押したので割愛か、よかったよかったと思っていたら、
司会者の間違いで、次に。
父親の名前で呼ばれるというとおまけ付き。
事務局長の名前は「靖」で、父の名前は「靖夫」です。
これから父の名前を継いで「二代目」を名乗ろうかと思いました。

事務局長の挨拶、熱のこもったものになってしまいましたね。
ちょっとシーンとしました。

式典が1時間15分で、ようやく懇親会に。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 肉屋さんの会合に、とても薄いステーキを出すとは。
勇気のあるシェフです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 切れ間なくカラオケが流れます。
安井衆議院議員の曲は地元を反映した「新宿育ち」
デュエットの相手はコンパニオン派遣会社の社長。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ この写真を安井家に送ってみましょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

明日が早いので、
途中で失礼しました。
練馬高野台から有楽町線経由で新木場に至る電車があるのですが、
何と50分もかかりました。

明日は5時起きで、大阪高裁に行き、
補助金詐取事件控訴審の傍聴をします。
往復の新幹線では、
三役研修資料のチェックをして過ごします。





AutoPage最新お知らせ