広報部会  

本日は副理事長が3人、別々に事務局を訪れて来ました。
各々会議等があってのことなのですが、
こういうこともなかなか珍しい。
お話すると、
それぞれの個性が現れて面白いです。

うち、お一人は広報部会のために。
広報部会は読んで字のとおり、
組合の広報部門を担当。
具体的には機関紙の発行、ポスターの制作、FAX通信、ホームページの管理
その他の広報関係を監督します。

構成メンバーは8名ですが、
今回の出席は・・・
3名。
奥様の病気とか
急な用事とかの理由がたまたま重なった結果ですが、
各部会の出席者数の最低記録を作ってしまいました。
まあ、こういうこともたまには、ありますよ。

それでも決めるべきことは決めていただき、
3人で結構楽しそうに話していきました。

広報部関係で言えば、
昨日からニッポン放送で
「ステーキの日」のラジオスポットが始まっています。
また、「月刊丸の内」にも広告を掲載。

クリックすると元のサイズで表示します

「月刊丸の内」は、丸の内エリア(大手町、丸の内、有楽町、内幸町)で
配布されている情報誌で、
加盟店店頭でお客様へのノベルティとして配布されています。
発行部数は3万部。

組合の場合、新聞雑誌の紙系広報宣伝は、
地域に対する公平を期するため、
都内全域をカバーするものでしか出来ないのですが、
丸の内界隈には組合員店舗がありませんので、
もらった方がそれぞの地域でお買い物をしていただく、
ということで掲載に踏み切りました。
組合員がいない地域なので、
逆に宣伝行為が出来る、という不思議な話

広告は↓の内容。

クリックすると元のサイズで表示します

今年度組合が実施する4つの「〇〇の日」を総合的に告知する内容。
4回掲載。
展覧会風に4枚の写真を並べ、
今回はステーキの写真ですが、
次回8月の「焼肉の日」の際には、
下の4枚の絵のうち、
左から2枚目の焼肉の写真が大きくなり、
次の「とんかつの日」には右から2枚目のとんかつの写真が・・・
という趣向。
今回、凝り過ぎて、
4枚の写真の下の文字を
展覧会の絵の下の表示風ということで、
銅板に文字を刻んだ感じにしたのですが、
かえって読みにくくなってしまいました。
次回はもっと見やすく変えます。

中綴じの真ん中のホチキスのページになったので、
ほぼ確実に手に取った方の目に触れることになる
良いページに掲載してもらえました。
全体的にきれいに仕上がっています。

新聞編集の方は原稿をあと一つを残すのみとなり、
夕方から都庁にでかけて
定款変更の認可書をいただきました。
通常は郵送なのですが、
今回は何文字か先方で加えた部分があったので、
確認の上交付されたわけてす。
生衛組合の方は郵送で来ていますので、
これで先日の総代会で決議した
両組合の定款は変更が完了しました。

せっかく都庁に来たので、
ついでに、先日少し書いた
安井潤一郎衆議院議員のからむ
ある認可について確認。
順調に進んでいるようです。
今から思うと、昔(6年くらい前)に措置しておいたことが
今になって生きて来たわけで、
人生は長編小説のように面白い。

アクセス数に異変  

先日、本ブログのアクセス数に異変が生じた、
と書きましたが、
先週なかばからアスセス数が急増。
金曜日、土曜日とブログ開始以来の新記録を2日続けて達成しました。

そこで、解析してみたところ、
関西の大手食肉卸売会社の方が集中的にブログを読んでいる
ということが判明しました。

実は、管理者だけが見ることの出来る解析機能がついており、
読者がどんな順番で読んだかなどを見ることが出来ます。
IPアドレス、ホスト名が出るだけなので、
どこの誰かという特定は出来ないのですが、
今回の場合は、会社のパソコンかららしく、
ホスト名で分かったわけです。
たまたまの珍しいケースです。

特に6月8日金曜日の夜9時台から10時台にかけて270日分
翌6月9日土曜日の朝7時半頃から10時台にかけて361日分
読んでいます。
数日前には50日分を辿っていて重複もあるので、
ブログ開始以来の4百数十日分を全部読んだ、ということになるでしょう。

時々、そういう読者が現れ、
1月分を数時間かけてじっくり読んでくれたりしますが、
今度の場合は「読む」、というのは正しくなく、
各日を数秒程度で流していますので、
何を書いてあるか確認している、という感じです。
時々、足を止めて数分かけて読んでいる日もあり、
その内容で何に関心があって探しているかが分かります。

このブログに関心を持ってくれるのはありがたいですが、
ざっと流すのではなく、
ちゃんと読んでくれたらもっと嬉しいですね。

それにしても、
まとめて読んでみたら、
映画や演劇、オペラ、音楽、本、旅行、食べ物のことなどがやたらと多く、
ブログ作者の趣味と生き方の傾向が分かってしまいますね。
一度感想を聞いてみたいものです。

さて、本日は『東京食肉新報』の編集が進んだところで、
大変なことが。
記事が多過ぎてパンクしました。
確かにブロックの総会や支部統合祝賀会の他にも
記事が「湧いて出て」、
ついに1・2面では収まり切れず、
3面にまで進出。
その結果Sさんがせっかく書いてくれた
欧州研修旅行のレポートが次号に。
その代わり、カラーでやることにしますので、Sさん、ご容赦を。

本日、新人の女性が一人スタッフに加わりました。
現段階ではパートですが、
ゆくゆくは戦力になってくれたら、と考えています。
事務所に来られた方はやさしく声をかけてあげて下さい。


青年部総会  

事務所に出て、仕事。
電話がかかってこない職場の仕事の早く進むことよ。

夕方から神田駅そばの焼肉屋・ゑびす本廛で青年部の総会です。
青年部員は21名出席。昨年より2名多い。
未入会の人や本部役員も入れて28名の会合となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

18年度事業報告・決算報告
19年度事業計画・収支予算
はスムーズに行きましたが、
3つ目の議題の「今後の改善点について」が時間がかかりました。

今後の改善点というのは、

@年齢基準を設ける
A少数精鋭化
Bブロック制の廃止


の3点で、

@は設立当初から年齢基準を設けなかったため、
創立メンバーの中には還暦を迎えた者も出て来た。
青年部という名称からも
一点の年齢制限(提案では50歳)を設けて
構成年齢層を定めた方が
会の性格が明確になる、
というもの。
もちろん、世代交代、新陳代謝の意味もあります。

Aは現在の登録会員は53名いるが、
会合をしても行事をしても大体12名。
新年会は19名、
今回の総会は21名。
名前ばかりで全く出て来ない会員もいることから、
過去1年間に出席のない会員には
参加の意思なしとして、
次回は会費の納入請求をしない
という形で活動会員に選別をはかりたい、
というもの。

Bは組合の6つのブロックを踏襲する形で組織運営しているため、
ブロック単位のものの考え方が身についてしまい、
ブロックを越えた人材交流ができない。
青年部こそ、
ブロックの枠に縛られない
超ブロックの組織運営をしていきたい、
というもの。

どれももっともな内容とは思いますが、
しかし、議論百出
必ずしも意見がまとまらなかったので、
多数決はせずに、継続審議
つまり、
「検討すべき課題」になったわけです。

まあ、当日初めて議案を示された方もいるわけなので、
とりあえず課題を認識するだけでもいい、
というのは、
最近の常務会の「検討すべき課題」の取り扱いで
事務局長がいつも言っていることです。
そこで、今日は結論を出さないことにし、
1年間ほどかけることにしました。

つまりは「改善」されないわけなのですが、
徐々に意識が浸透していけばいいでしょう。

というわけで、通常はシャンシャンの総会が
1時間10分かかる、
熱気のあるものになりました。
それはそれで良いことだと、
ポジティブ・シンキングの事務局長は思いました。

疑問は
この案件は青年部の役員会で了承済みで、
それを確認の上ではじめて
総務部会、常務会を通過してやってきたもの。
もちろん、役員会で決まっていても
総会でそのまま容認する必要はないのは事務局長の持論ですが、
ただ、
了承したはずの役員から疑問を呈するような発言が出たのはどういうものか。
それに、役員の一人が議長でもないのに
一時議長みたいに取り仕切ったのも不思議。

まあ、若者のすることだから、
温かい目で見守りますが、
もう少し本質的な議論になるかと思ったのに、
個別の事情に流されたのは、
少々残念でした。
個々の事情を述べ始めたら、
会議は前に進みません。

↓ その後は宴会。

クリックすると元のサイズで表示します

安井潤一郎衆議院議員も参加です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓青年部企画のエコバッグキャンペーンのバッグ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 裏側。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ たたむと、こんなになります。

クリックすると元のサイズで表示します

制作費について、組合は28万円の助成をしています。


早朝、海の方へ  

このブログ、1年半も続けていると、
周辺も日常化するらしく、
「毎朝、会社でパソコンを立ち上げると、最初に読んでいます」
と既に日課となっている方がいたり、
「この間、ブログを休んだ時は、病気かと、電話をかけようと思いました」
などと言ってくれる人がいます。
アクセス数の増加は筆者には喜びです。
ところで、この数日、アクセス数に異変が。
興味津々の内容ですが、
その報告は週明けあたりにしましょう。

今朝は娘は4時起き。
仕事で栃木県の真岡に行くので、
朝5時にカメラマンの車でピックアップしてもらうのだと。
また「ああ野麦峠」ですが、
こういう時、老夫婦だけでなく、猫までが起きてお見送りをします。

またひと眠りしようと思いましたら、
あまりに素敵な初夏の光と風に誘われて、
サンクリングに
でかけるはめになりました。
今回はあまり遠くに行かず、行徳の海辺あたりまで。

朝6時といえども、このあたりの工場は既に作業を始めており、
海沿いには沢山のトラックが止まっています。

↓ 行徳の船のドック。向こうに見えるのが浦安のマンション群。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 浦安の町が東からはこう見えるのだと初めて知りました。
30年前から見ている人がいたら、すごい変わり方でしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ なんとも皮肉な取り合わせ。事務局長は安倍さんにずっとやってほしいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

西友が11時まで営業時間を延ばしたことは知っていましたが、
いつのまにか24時間営業になっていたとは。
組合が大型店の営業時間の短縮で闘っていたのは既に昔、です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 本当にびっくりの180円のラーメン屋さん。
行徳〜浦安のバイパス沿いには、
中古車のディーラーとラーメン屋がやたらと多いのが特徴です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ どちらも180円。
そこそこの味で、これが700円なら怒るでしょうが、
180円なら腹も立ちません。
安いせいか、少年たちのたまり場になっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長はラーメンが好物です。
家では自分で作ります。
夏になると、「冷し中華の季節が来た」と喜ぶのですが、
最近、ひやむぎと冷し中華を食べることが減り、
ざるラーメンなどのつけ麺系が増えてきました。

ところで、最近流行りの「新しい味を追及するラーメン職人たち」。
新しいもの好きの事務局長はせっせとでかけますが、
あんまりうまくないですね。
普通のラーメンでいいのではないかと思います。

そして、最後は、やっぱり、ここに来てしまいます。↓
まるで吸い寄せられるかのように。
やはり前世は猫のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

エビ、焼イカ、しおから、煮豆、イカの佃煮、白菜の漬け物、らっきょう、茶碗蒸し
を買ってしまい、あとは家に戻るしかありません。
こういうものを買って帰った翌日の体重測定
必ず悲惨な結果になります。

ところで、娘の帰宅は夜中の0時20分でした。

記念切手発行  

本日、50周年記念切手を各支部に発送しました。

クリックすると元のサイズで表示します

↑ご覧のような1シートに10枚の80円切手がついています。

実際に封筒に貼ると、こんなイイ感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

こういうの、まだ見たことがないでしょう?
組合からの発送物も、ある時期、これを使おうと思います。

今日は常務会あとの残務整理をあれこれと。
新聞の方にはなかなかかかれません。
明後日は青年部の総会があるので、
明日は休みますが、
家で原稿を書くことになりそうです。

青年部といえば、昨日の常務会に出た青年部長がご自分のブログで
良い感想を書いてくれていました。
以下、引用。

組合員にとって重要な課題もありました、
今日の会議は、まさに全員参加で問題に取り組む形となり、
一人ずつ考えを述べる時間が与えられました。
このような場面で、
自分の考えをまとめられる人は素晴らしく、魅力を感じました。
中には自分同様、状況判断が出来なくて〜右往左往している方や
内容を捉え違えている方もいたかも?でしたが…、


問題解決に向けて〜まず問題の中身を理解する、
「あっ! こういう課題を抱えているんだ〜」
ということを認識するだけでも効果があるんだよな〜
と気付かされました。


よその会合では上層部が決めたことだから〜止むナシ!
「OK?!」と妥協をしてしまうが、
組合員のためだけに、こんなに頭を使うのだから〜

やはりM常務が言う通り、
組合運営に情熱を持ち、
責任感のある常務会メンバーであれば、
どんな問題に対しても〜いい方向に導いてくれるだろう。


まさに、狙い通りのことを感じてくれています。

たとえ組合にとって不利なことでも情報開示し、
できるだけ広く意見を聞く
理解の遅い早いをなるべくならすために、
早めに課題を提示する、
ということを組合ではこころがけています。

会議当日突然資料を見せられて、
あらかじめ幹部が相談して決めた結果だけ受け入れることを迫られる、
というのが食肉業界の悪い会議の典型でしたので、
そこから脱却しようと思っています。

沢山の人が集まって知恵を出し合えば、
必ず良い結論に導かれる

そう思うには、
組合員を、役員をまず信ずることが前提になっています。

以前書いた
議論が嫌いな全国団体では
役員の一人がつい
烏合の衆に議論させても仕方がない」
という言葉をもらしてしまいました。
あ〜あ、本音が出たか、とがっかりしました。

会議の構成メンバーを信じず、
議論が沸騰するのをいやがり、
とりあえずその場を切り抜ける会議は沢山見て来ました。
そんなのはわが組合ではしたくない
と思います。




AutoPage最新お知らせ