湯巡り万華郷  

先日、わが町・浦安には何でもある、
火山も海もあり、
温泉なんか二つもある、と書き、
そのうちの一つ、「舞浜ユーラシア」を紹介しましたが、
今度は「湯巡り万華郷」の紹介です。
家族と行く時期を探っていたのですが、
かみさんと娘は温泉が嫌いと判明しましので、
一人で行ってきました。
今日は食肉市場ビルは停電ですので。

場所は浦安のメインロードを南下した一番下。
ディズニーランドの2つのオフィシャルホテルの隣にあります。
中に入ると、大正の雰囲気

クリックすると元のサイズで表示します

そうです。
お台場の「大江戸温泉物語」とよく似たコンセプトです。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯は7種類、露天は4種類あり、
事務局長がその全てに入ったことは言うまでもありません。
ここの特色は、混浴があることです。
もちろん水着を着て入ります。
これが全て露天で、
かなり広いスペースに12種類のお風呂があります。
洞窟があったり、空洞があったり、足湯があったりで、
カップルには最適。
夏や秋の天気の良い日に入ったら、
さぞ気持ちが良いだろうと思われました。

飲食施設には広間や個室もあり、
家族で宴会ができます。
大広間は無料開放されていて、ゴロゴロすることもできます。
カラオケルームやゲームコーナー、
宿泊施設もあります。
マッサージやアカスリもあり、
リクライニングシートにテレビがついていて
のんびりできます。

事務局長、結構気に入りました。
どうしてもっと早く来なかったんだろう、と後悔もしました。
役員の忘年会や暑気払いにどうか、とも思いましたが、
浦安まで連れて来るのは難しいでしょうね。

悪い評判ばかりですぐつぶれるようなことを言われていましたが、
繁盛していて、
今日の土曜日は1200名。
夕方からもどんどん人が来ます。
先日の1周年記念1000円キャンペーンの時は
3000人も来て、食事をするのも大変だったそうです。

風呂に入って、出て何か食べて、
水着ゾーンに行って、出て夕食を食べて、
リラックスルームでテレビを見ながら寝て、
1時間マッサージして、
また風呂に入って、出て何か食べて、
を繰り返し、
とうとう6時間も滞在してしまいました。
その間、焼肉、ソフトクリーム、ジンジャーエール2杯、
牛乳2本(古式にならい、腰に手をあてて飲みました)に
最後はかき氷。
満足の休日でした。







AutoPage最新お知らせ