やっと記念誌に  

昨日は家で休ませていただきました。
今日は午前中教会に行き、午後から事務所へ。
ようやく記念誌の「組合の歴史」に取りかかりました
さかのぼる形でやっていますので、
今日は平成18年、16年、15年の3年分をやりました。
17年の分はテスト版で既に作成済み。

しかし、なかなか大変ですなあ、これは。
この数年の分は記憶が確かだからいいですが、
もっと前になると、
各行事の意義まで書けるかどうか。
しかし、この数年間の歴史をやると、
いろいろ思い出します。
やはり、人に任せられる作業ではありません。

夜は舞浜の映画館前でかみさんと娘と待ち合わせて、映画。
ケータイを忘れたので、
連絡ができず、往生。
公衆電話を探しても、ありません。
インフォメーションの人に聞いて隅の方でようやく発見。
下の写真の題名は「可哀相な公衆電話」

クリックすると元のサイズで表示します

ケータイが普及した今、
かけている人はほとんど見ませんが、
今日などはありがたみがわかりました。
あれはケータイを忘れたり、電池切れの人のためにあるんですね。

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

先の直木賞の候補作。
結果は「受賞作なし」で、
確かにこれでは取れんだろうと思いますが、
でも、悪くはないです。

おさななじみの3人の中年女性の心の交流を描いて味わい深い作品です。
少女の時の感じかたと、
40歳を過ぎて初めて感じるものとでは大きく違い、
人生というものは、
やはり過ぎてみないと意味がわからないものです。

章ごとに中心人物が交代し、
3人の女性の娘や夫などの視点で重層的に描きます。
章のつなぎは、必ず何かを手渡すシーンで、
手渡されることで、
次の登場人物が物語を進める役を担う、という構造。

中で印象的なシーンは、
玲という娘が自分の父親が本当の父ではなかったことに気付いた時、
母の友人が玲に話す場面。

「あなたがまた小学生の頃よ。
人が一杯だった。
気がついたらね、小さいあなたが、一生懸命な顔して、
日高さんのジャケットの裾をしっかりつかんでた。
お父さんと、はぐれちゃいけないと思ったのね」

「日高さん、いった。
<<自分の生きてた意味が、その時、見えた>>って。」

「そういうことって、小さい子供にしか出来ないかもしれない。
<<こんなに信じてくれるものがいる>>と思って、
あなたを拝みたくなったそうよ。」

「そういう一瞬を、与えてあげただけで、
あなた、もうお父さんに、
十分過ぎるほど恩返ししてる」


題名は、紙を切って人の形を作って川に流す風習のこと。
災いをひとがたに移して流す場合と、
願い事を書いて流す場合とがあるらしい。

さて、明日は偽装牛肉事件控訴審の第2回
大阪にトンボ帰りで行ってまいります。
余裕があれば、その夜のうちにレポートをします。
帰りが遅かったら、翌日にさせて下さい。

半分休み  

今日は事務局長、午前中は休みました。
病院に行くために。
というとなにか病気なのかと疑われそうですが、
妻の診察に付き合ったのです。
MRAの検査結果が出るので、一緒に聞いてほしいと言われまして。
事務局長の妻、病気に対して小心者なんです。
最近では、頭の皮膚の上がもごもご動いて眠れないそうです。
60過ぎれば、機械にあちこち故障が起こるのは当然と思うのに、
必要以上に過敏に反応。

案の定、異常なし。
脳味噌の輪切り写真の前で医者が説明します。
「弁当箱の中に弁当が入っていると思って下さい。
これが、頭蓋骨の中の脳。
はじめはぎっしりはいっていますが、
年と共に縮みます。
これは個人差があって、
クラス会で久しぶりに会うと、
同い年なのに老けている人もいれば若い人がいるのと同じです」

と、ここで、ドクター、リップサービスをかまします。
「奥さんは、クラス会でも若い方に入りますね」
「まあ、先生、そんなことをおっしゃって」と
かみさん、嬉しそう。
あはは、女って馬鹿だねえ。
「いくつかポチポチ(軽い脳梗塞の跡)とありますが、
これは普通の範囲。
白髪みたいなもんです」

というわけで、全て普通の範囲。

4月は首のMRAの撮影。
最近では、血圧計を買ってほしいと言われました。
毎日検査するんだそうです。
血圧計で計っても血圧は下がりませんけどね。
なんだか、この人、病気になりたいみたい。

病院の中に血圧計があったので、
事務局長も計ってみました。
下は75、上は115。
少し低いかな、と思いましたが、
評価は「至適」
最近の研究では、
血圧は低ければ低いほどいいそうです。

午前中休んだついでに、
出勤前に新橋に寄って、新幹線のチケットをゲット。
その後指定席を取りました。
来週の月曜日は偽装牛肉事件控訴審の取材で大阪にまいります。
また3時間集中しなければなりません。

先日、ある支部で統合反対の会議があったそうです。
と言っても、発言力のある支部長が一方的に持論を展開。
こういう会議をしてはいけません、ということを何かの本に書いてありましたよ。
持論は台湾の理事・支部長会議にまで及び、
「あんな田舎に行って何をするのか、
そんなことに金を使うなら、
他のことに使えばいい」と。

使ってますけどね。
組合内助成事業には5千万円も投入して喜ばれています。
ところが、この支部では、この事業を25%しか利用していません。
「そんなことに金を使うなら、他のことに使えばいい」
というのは、批判の常套句。
では、何をやればいいという提案もなければ、
実際に組合でしている事業も活用しない。
こういうのも愚者の一つです。

支部統合反対にしても、要するに時代の流れを読めないということ。
組合がこの数年間に大きく変化したのに、
その変化を掴めず、乗れもしない。
古いままの組合と考えている思考停止。

支部運営というのは支部長次第で、
組合員のための事業が増えた今のような状況では、
支部長がどれだけ組合員に情報提供し、
利用するように奨めるかがポイント。
それをしないだけでなく、邪魔までしている。
こういう支部長の下にいる組合員はかわいそうです。

バカは死ななきゃ治らないといいますが、
愚か者はいつまでたっても愚か者
歳だけ重ねても自分の位置が把握できず、先が読めなければ
知恵はつきません。

PEN と Newsweek  

決算へ向けて進行中。
様々な特別会計を早めに整理しておいた方が
後で楽なので、整理を始めました。
中には年度末ぎりぎりまで出ないのもありますが。

青年部からエコバックについての提案。
とりあえず希望店30店ほどでモニター実験をする良い案となりました。
ローソンその他でそういう試みが既に始まっています。

[雑誌紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「PEN」は娘の愛読誌。
特にデザイン関係で充実した内容。
上記は娘は買わず、ようやくバックナンバーを置いている店でゲット。
「1冊まるごと」というのは誇大広告。
実際は半分くらいですが、
PENらしいユニークな編集で楽しめました。
絵の写真が小さいのは残念ですが、仕方ないか。

クリックすると元のサイズで表示します

↑思い切った特集を、とこれもパックナンバーをゲット。
中を開くと、
「危なくない航空会社ランキング」。なんだ、そういう仕掛けか、

クリックすると元のサイズで表示します

と思ったら、
↓のような300社のランキング付けが。
確かに上から見れば「危なくない会社ランキング」だし、
下から見れば「危ない会社ランキング」。

クリックすると元のサイズで表示します

所有する機体の平均年齢 (経年) や機種編成 (新しい機種ほど高得点)、
管制設備、空港、運行体制、安全管理、経営、提携度
などで点を付け、
合計点に安全指数 (過去12年間のデータを基に、
各航空会社10万便当たりの事故件数による指数) をかけて算出。

栄光の第1位はbmi(旧ブリティッシュ・ミッドラン航空)。
乗る機会はないでしょうが。
第2位(昨年1位)はフィンランド航空
以下、有名ところでは、

KLMオランダ航空 8位
ニュージーランド航空 9位
ルフトハンザ航空 12位
キャセイパシフィック航空 14位
アリタリア航空 18位
スカンジナビア航空 25位


日本の航空会社では、

エアーニッポン 38位
全日空 43位
日本エアコミューター 49位
日本航空インターナショナル 52位
ジェイ・エア 91位
日本トランスオーシャン航空 94位
JALエクスプレス 105位
スカイマーク 123位
エアーニッポンネットワーク 138位
エアーセントラル 143位
日本アジア航空 153位
スカイネットアジア航空 154位
アイベックスエアラインズ 155位
JALウェイズ 157位
北海道エアシステム 159位
エアージャパン 186位

など。

栄光(屈辱?)の最下位は、
アリアナ・アフガニスタン航空。総合点は0点
乗る人がいるのかね。
下位2位(299位)は、MIATモンゴル航空
298位はミャンマー航空
297位は北朝鮮の高麗航空
乗りたくない。

記事を読むと背筋が寒くなるような話が沢山載っている。
たとえば、滑走路への誤進入
アメリカだけで年間350件。つまり、毎日1件。

昨年8月のレキシントンでの墜落事故は
誤って本来より短い滑走路に進入して、
十分な揚力を得られないままに離陸して墜落したもの。
49人が死亡。
パイロットや管制官の思い込みや勘違いが原因だからこわい。

90年のコロンビア機の墜落事故の原因は、燃料切れ。( ! )
副操縦士しか英語が分からず、
管制官に緊急事態であることが伝わらなかったらしい。

ロシアでは旧国営アエロフロート航空が分割された後は
主要7社の他、175の中小航空会社が劣悪な労働環境で働かされている。
パイロットの月給が3000ドルというから驚く。
機長組合委員長の
「われわれは一方の足を国際市場に、
もう一方を棺おけに突っ込んでいるようなものだ。
人材不足は事故に直結するほど深刻だ」

という言葉はこわい。

米運輸宛然委員会会長の言葉、
「これまでは幸運に恵まれてきたが、
運頼みでは安全な航空システムは維持できない」
「運はいつか尽きる」

もこわい。

救いは、
「安全は投資」という発想の転換が行われつつあること。
ルフトハンザのマーケティング部長は
「小さな整備ミスの防止に日々投資するほうが、
長い目で見ればずっと得だ」

という。
整備トラブルが原因でジャンボのフライトをキャンセルすれば、
380人の乗客のための宿泊代などに25万ドル(約3千万円)かかる。
それに比べれば、
整備に1〜2時間余分の時間をかける方がはるかに賢い投資ということ。
会社の危機管理にもつながる言葉。

ところで、
組合の秋の台湾の理事・支部長会で使うエバー航空のランキングは
163位。
ん〜。微妙なところにいるなあ。

利息確定  

仕組債の利息が決まりました。
2月中旬は1ドル=121円50銭だったのが、
2月下旬、上海株式市場の急落で1時115円台まで下落、
その後、118円50銭まで盛り返したところで、
ニューヨークの株の下落で再び115円台に。
少し持ち直して117円前半の為替で利息が決まりました。
片方は1ドル=117円14銭の計算で、7.62273%
片方は1ドル=117円05銭の計算で、7.56588%
今は117円80銭くらいまで円安になっていますので、
損した気分ですが、
この時期、4556万円(税引後3645万円)も入ったのですから、
不平を言えば、罰があたります。

一方、5月のヨーロッパ研修のホテルが続々決まっています。
マドリッドはエンペラドールという、
グラン・ビア通り界隈の絶好の立地ホテル。
ローマはパラティーノという、
テルミニ駅とコロッセオの中間あたりのホテルです。
いよいよあと1カ月半と近づいてきました。

今日は両専務がおそろいで検印。
決算予測や共助会のことなどを相談しました。

都知事選に関するブログの記述について、
共感の電話をいただきました。
嬉しいですね。

明日は休みなので、映画に。
飯田橋のギンレイホールで、
見逃していた「上海の伯爵夫人」「ヘンダーソン夫人の贈り物」を鑑賞。
この劇場に来たのは事務局長、20年ぶりくらいです。
まさに「名画座」と呼ばれるにふさわしいラインアップ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

3月24日からの2本立ては、すごいです。
なにしろ、事務局長の昨年のベスト2と3ですから。

ここの紹介とコンセプトについては、↓をクリック。

http://www.cinema-st.com/classic/c010.html

http://www.walkerplus.com/movie/cinema_column/column12.html

映画3本立て  

本日は市場の会議のために島田副理事長が来訪。
芹田副理事長も独自な用件で来訪。
昨日の品川区4支部の統合総会は無事終了。

一昨日の江東ブロックの支部統合に関する会合は、
いろいろな意見が出たようですが、
何とか前向きな方向性は確認されたようです。
この問題、もう3年もやってますので、「時期尚早」は通じません。
「統合のメリットがない」という意見も出たようですが、
メリットは自分で作り出すものだし、
「時代の流れ」に乗ることは個々のメリット以上のメリットを産むと思います。
組合員が往時の3分の1にまで減っているのに、
今のままでいい、というのは、
やはり時代に逆らっているのではないでしょうか。

さて、では、約束の映画3本立て

あ、今の「3本立て」という言葉、なつかしいですね。
今はロードショー1本立て、というのが主流ですが、
昔は2本立ての「一般公開」というのがありました。
東宝、松竹、大映、東映などの日本映画の最新作公開はみんな2本立て。
黒沢明の「用心棒」を観にいくと、
もう1本、
森繁久弥の「社長漫遊記」なんて映画に付き合わされるわけです。
更に二番館になると、
3本立てというのがあって、
たとえば、オデヲン座で、
5時間くらいかけて3本観るわけです。
映画を観るのも一日仕事
今はせっかちになりましたので、
たいていは1本立てですが、
たまに3本立てもあります。
昔の東映は「大会」というのがあって、
「紅孔雀」「三日月童子」などのシリーズを3本立てでまとめて上映したりしました。
あっ、いつのまにか「想い出ボロボロ」になってしまった。

では、一本目。「パフューム ある人殺しの物語」

クリックすると元のサイズで表示します

もう一枚、この映画を象徴するチラシ。

クリックすると元のサイズで表示します

昔のパリは悪臭に満ちていて、
糞尿を窓から道路に捨てるので、
ハイヒールと香水が発明された、
というのは有名な話ですが、
その当時、悲惨な生まれながら、
超人的な嗅覚を持った男の物語
なにしろ、この男、鼻が目や耳の代わりをするというおそろしい特殊能力の持ち主。
捨てられたのを拾われて孤児院で過ごし、
皮なめし職人をしていますが、
ある香りを保存したいという願望に目覚め、
香水職人になって、その目標に突き進んでいきます。
そして・・・。

嫌いな方もいるでしょうが、
事務局長、この映画、大好きです
特に、
初めてパリの町に連れて行かれて、
嗅いだことのない匂いに魅かれて町中をさまよい、
香水の存在を知り、
少女の体臭に恍惚となるあたりの描写は、
素晴らしい演出力で堪能。
監督は「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ
20年も映画化が待たれていたベストセラーの映画化。
この最初の30分間で、この映画を観る価値はあります

その後、主人公は香水職人に弟子入りして才能を発揮し、
更なる香りを求めて修行をしつつ、
ある香りを作り上げるために殺人を重ねていきます。
このあたりで、そういうのが嫌いな人はついていけなくなるでしょう。
ついに香りを完成した直後に逮捕され、
処刑されそうになるのですが・・・。
ここから後の展開は観てのお楽しみ。
納得できない人もいるでしょうが、
この話は元々ファンタジーだという余裕が必要。
ちゃんと伏線も張ってありますしね。

嗅覚は人間の持つ最も原始的な感覚で、
誕生した赤子の最初の五感はこれ。
アラミスの香りを嗅ぐと腰が抜けたようになる女の人を事務局長は知っています。

華麗なホラ話を流麗なカメラワークで見せる、
まさに映画。
新人のベン・ウィショーが存在感たっぷりに演じます。
特に、目がいい。
それと音楽も見事で酔わせてくれます。

5段階評価の「4」

次の作品は「ラストキング・オブ・スコットランド」

クリックすると元のサイズで表示します

ウガンダの狂気の独裁者、イディ・アミンを描く。
アミンという人は粛清に粛清を重ねる恐怖政治を行い、
政敵を虐殺して食べたということで有名ですが、
この役をフォレスト・ウィテカーが演じて、アカデミー賞の主演男優賞を獲得。
この人、落語家の鶴瓶に似ており、
人の良さそうな、ちょっと間抜けな役をこなしていたのですが、
この映画は全くの別人。
鶴瓶になど、まるで似ていません。

最初は青年将軍として登場し、人間的魅力を発揮しながら、
どんどんエスカレートして狂気の世界に陥っていく姿を活写。
その人物を身近にいたスコットランドの青年医師の目から描く視点が秀逸。
監督が「プラック・セプテンバー/五輪テロの真実」で
アカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門を受賞した
ケヴィン・マクドナルドだから、
描写は臨場感たっぷり。
ハイジャック事件のエンテベ空港など、見事な再現。
裏切った妻の惨殺死体には、震え上がりました。
それにしてもユニークな殺し方を。

これもまた人間の真実と思いながら観て、
なんともやりきれなくなる映画。
いつの日か金正日の真実や北朝鮮の粛清など、
描く時代が来るのでしょうね。

5段階評価の「4」
暗い気持ちになりたくない人は観なくていいです。

最後は「ハッピーフィート」

クリックすると元のサイズで表示します

題名どおりハッピーな気分になる作品。

南極のペンギンたちは歌でハートを表現していたが、
その中に超音痴なペンギンが一人 (一匹? 一羽?) いて、
彼は歌の代わりにタップダンスで自分を表現していた・・。
という秀逸なアイデア。
あの短い足のペンギンにタップをさせたら、
さぞ面白かろう
、と考え、それを実現してしまうすごさ。
これも「モーションキャプチャー」という技術のたまものです。

(モーションキャプチャーというのは、
役者やダンサーの体に無数のセンサーを付け、
そのままの動きをアニメの登場人物に取り込む技術。
つまり、ペンギンたちの動きはダンサーの動きそのまま。
だから動きがなめらかで、
とても手書きのアニメで
あんなことはできるはずがありません。)

興味のある方は、↓をクリック。

http://www.motion-capture.jp/

こうしてペンギンたちが歌い、踊る場面が展開するばかりでなく、
海の中を疾駆するペンギンたちのスピード感あふれる描写が展開。
もはやCGにできないことはありません

後半、物語は思わぬ展開になるのですが、
この主人公が追放されたあとの話、
事務局長はとても興味を引かれました。

それだけに、
前半がやや長い
ペンギンたちの歌や踊りも
何回もやられると飽きますので。

前半を刈り込んで、
1時間半くらいにまとめたらもっと良かったですね。
それでも、アカデミー賞の今年の長編アニメ部門を獲得

映画のジャンルとしてのミュージカルは滅んだ、
というのは事務局長の持論ですが、
アニメでさえ、ミュージカルはやりません。
昔のディズニーは必ず歌のシーンがあり、
それがアカデミー賞主題歌賞の大量獲得につながったのですが、
CGアニメになってからはそれもなくなってしまいました。
このアニメのミュージカル・シーンは必然性があるだけに、
嬉しかったですね。

5段階評価の「4」




AutoPage最新お知らせ