硫黄島からの手紙  

夕方の怒濤の訪問者は何だったんだろう。
一人帰るとまた一人。
終わると次が待っている。
そのうちの一人が安井潤一郎衆議院議員でした。

さて、「硫黄島からの手紙」

クリックすると元のサイズで表示します

水も食糧も何もない島で、
すさまじい物量の米軍と戦い続けた日本人たちの物語。
「父親たちの星条旗」との二部作で、
同じ硫黄島を日米双方から描くという、この見事な着想
二つの映画で一つの完結した作品になる時、
戦争というものの持つ実相が現れて来る。
それを色彩を押さえたまるでモノクロの映画のように
冷静に、クールに描く。
まさにクリント・イーストウッドの演出力のすごさ
「映画鑑賞時激睡魔襲来症候群」の事務局長なのに、
全く眠気がやって来なかった。

しかし、
これで硫黄島の真実は描けたか?
栗林中将の真意は伝わったか?
一兵卒たちの心情はわかるか?
残念ながら、NOだ。
これでは、5日で陥落すると言われた硫黄島が
なぜ36日も持ちこたえたかが分からない

米兵をして「太平洋の地獄」と言わせ、
物量豊かな米軍が徒手空拳の栗林を畏れた気持ちが分からない。

あの描き方では栗林中将はただの「物分かりのいいおじさん」だ。
「机に向かって事務を取るべき人」などと陰で言われているままだ。

栗林中将のすごさは、
当時当たり前の作戦であった
水際作戦を捨て、
島中に張りめぐらせた地下壕を利用して、
ゲリラの持久戦に持ち込んだこと。
少しでも戦いを延ばすことで、
本土への攻撃を先のばしにし、
停戦交渉を有利にしようとしたこと。
それが本土の家族たちを守ることだと信じていたこと。

だから、死ぬ方が楽と言われた硫黄島で
「バンザイ攻撃」で兵士たちが事実上の自殺をするのを禁じ、
死ぬことより辛い生きる道を兵士に課し、
それを持続させたのだ。

などと言うのは、
なまじ知識があるばかりに
映画観賞の妨げになるという典型
だろうね。
反省。

ただ、脚本に破綻があることは事実で、
たとえば憲兵をクビになった男の回想の犬のくだりなど、
映画の本筋とは関わりがない。
おそらく、オリジナルの脚本では、
登場人物一人一人の過去が描かれており、
編集の段階でカットした、
というのが真相だろう。
井原剛志と中村獅童の対比も、中途半端。

栗林とパン屋の一兵卒との対比の中で、
栗林の回想を軸に展開するという手法もあっただろうに。

ところで、戦争映画が嫌いなはずの事務局長の娘が
隣で泣いて感動していたのは血筋のせいか。

いろいろ不満は述べたが、映画としては秀作。
5段階の「4」

栗林中将については、7月9日のブログをお読み下さい。
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20060709/archive


次は、「王の男」

クリックすると元のサイズで表示します

韓国映画は玉石混淆なので、期待していなかったのだか、
これは面白い。

同性愛に近い友情で結ばれた芸人二人が
暴君をからかった芝居で逮捕され死罪を言い渡されるが、
御前で演じた寸劇を王が笑ったために命拾いをし、
宮廷のお抱え宮廷芸人にのし上がる。
それどころか彼らの芸は王の心をとらえ、
賢君であった前王へのコンプレックスと
亡き母へのトラウマを抱えた王の心を癒していく。
そして、彼らの演ずる寸劇が宮廷に大きな波紋を呼んで・・・。

芸人というのは、権力に歯向かう民衆の代弁者であるが、
それが宮廷内部に取り込まれていくことで、
権力そのものを崩壊させていく、
という展開は実に面白い。
何だかシェイクスピアの芝居を観ているような気になった。

主演のカム・ウソンは、はやりの韓流スターとは一線を画し、
美形ではないが、
男っぽさと知性が魅力。
終わりの方で、盲目になった状態で芸を披露し、
「もう一度生まれ変わっても芸人になる」というところは泣かせた。
王を演ずるチョン・ジニンは、
心に傷をかかえた暴君をよく演じた。
クーデターの最中、生命の危険にさらされているのに、
二人の演技を見て恍惚として笑う表情が印象的。
イ・ジュンイクの演出はリズミカルでテンポが良く、
画面に力がある。

傑作。
5段階の「5」

最後は「めぐみ 引き裂かれた家族の30年」

クリックすると元のサイズで表示します

涙と怒りの1時間30分。
全て知っている話なのに、胸を撃つ。
一瞬たりとも目を離せない。
横田さんたち家族が
歳月と共に歳を取っていく姿がつらい。
失われた30年。
失われせた男がどこの誰かは分かっている。
なのに、「6カ国協議」は遅々として進まず、
核とミサイルを保有した「ならずもの国家」の無法は続いている。
息子娘の帰還を待ちわびながら次々と死んでいく家族たち。
こんなことが今の地球上で行われていて、
犯人は分かっているのに、何もできない世界とは何なのだ。

小泉首相が訪朝して、金正日が拉致を認め、
9人の死亡が分かった時、
事務局長の身近で「この人たちは歴史の流れの中で、仕方ないんですよね」
と言った男がいた。
こういうことで怒る心を持たず、小賢しい論評しかしないその男を
事務局長はそれ以来、信用していない。

日本人なら、観るべき映画
4段階の「4」

「ラストサムライ」にしても「硫黄島からの手紙」にしても、「めぐみ」にしても、
日本人が撮るべき映画をアメリカ人が撮るというこの現実は何なのだろう。




AutoPage最新お知らせ