台湾下見  

行って来ました、台湾の第2回下見
宿泊ホテルの第2候補に泊まり、
理事・支部長会と祝賀会の会場を決めるためです。
それと、「遅く行く便」と「早く帰る便」の試乗。

いやー、疲れました。
夜8時の便は、成田がこんなに空いているのは初めてというほど。
なにしろ、出国審査のブースは1つしか開いていません。
免税店の店員も手持ち無沙汰。

一つ、珍しい体験をしました。
時間通りに動き始めて、滑走路で加速を始めた途端に急減速。
そして、「ゲートに戻ります」のアナウンス。
荷物を入れたドアだか装置だかがしっかり処理されていないとのこと。
まさか、降りろ、今日は飛ばない
なんて言われるのではないかと心配しましたが、
給油もして、ようやく飛んだのが1時間40分遅れ。
おかげで台北に着いたのは12時を回っており、
夜中で高速道路はすいていて市内まで30分でしたが、
ホテルに着いたのは1時半でした。(日本時間2時半)
8時に正常に飛んでもホテル到着は深夜になります。
「遅く行く便」、あまり推薦はできません。

帰りはホテル発早朝5時10分
そんなに早くなくても、と思いますが、
旅行会社は万一のことで遅れるのを避けるためにこうするわけです。
おかげで、ゲート前でずっと眠るはめに。
空港の荷物の搬送装置の故障でこれも40分遅れでしたが、
帰りは早く、2時間25分のフライト
ほぼ予定通りの1時05分に成田到着。
こちらの「早く帰る便」もあまりお勧めできないですね。

今回の現地下見で、
宿泊ホテルは予定通りのシェラトンに決定。
夕食は外に出ずに、ホテル内で。
既に1日目から豪華版の中国料理です。
2日目の観光に南門市場を追加。

クリックすると元のサイズで表示します

中に肉屋さんの一画があり、香港と大同小異ですが、
香港に行っていないメンバーは喜ぶでしょう。
やはり食肉組合の旅行ですから、こういう場所に来なければ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、
リージェントホテル(昌華酒店)での理事・支部長会の会場を決定。
更に夜の祝賀会の会場を、ショウエン会館に決定。

クリックすると元のサイズで表示します

基本的に結婚式場のようですが、
天井も高く、広さもたっぷりで決めました。

これをキープした上で、
「台北101」の85階に近くオープンする欣葉レストランが良ければ、
そちらを優先します。
オープン後写真を送ってくれるそうですが、
確認が心配なら、また来なければなりません。

というわけで、現地旅行会社と別れて、「台北101」へ

クリックすると元のサイズで表示します

写真でご覧のように、
地面につきささった竹のような、世界一のノッポビル

クリックすると元のサイズで表示します

2004年竣工で、
101階建てで508メートル。
地下1階から地上5階はショッピングモールで、
9階から84階までがオフィス。
89階の展望台まで東芝製のエレベーターが
時速60キロ、分速1010メートルのスピードで、
37秒で駆け上ります。
展望台の高さは382メートルですから、
東京タワーより高い場所から台北の町を眺めることができます。
更に91階には屋外展望台もあります。

↓の写真は雨天のもの。晴れていれば、もっと良く見えるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

夜、もう一度登ってみました。
夜は↓こんな風に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

もし、85階のレストランで祝賀会をやれば、
参加者はこの夜景を見ることができるわけです。

夜は↓こんな感じにきれいになります。

クリックすると元のサイズで表示します

今考えているプランでは、
バス移動だけでは面白くないので、
祝賀会の後、士林の夜市で解散し、タクシー代を渡して、
ゆっくり自分のペースで探検していただこうというもの。
そうすれば、下の東南アジア情緒あふれる食堂街で何か食べていただけるし。

クリックすると元のサイズで表示します

今回、事務局長は↓のような鉄板焼きを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓目の前で料理してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓アルミホイル (!)皿の上に乗せて一人前。
ベニハナだったら大変ですが、
ここではこれで170元。(700円くらい)

クリックすると元のサイズで表示します

混雑の夜市なので、迷子になるかもしれませんが、
タクシー代とホテルの名前を書いた紙を渡せば大丈夫でしょう。
試してみたら、
ここからシェラトンまではタクシーで10分、160元 (650円位)でした。

以上、今回の下見でも沢山のことが分かりました。
良い旅行になる感触がどんどん強くなっています。




AutoPage最新お知らせ