組合のかたち  

昨日は失礼しました。
あんまり首筋が固まっているので、
帰りにマッサージに行ったところ、
「張ってますねえ」
というマッサージ師の言葉。
もみほぐしてもらって帰ったら、
だらだらと寝てしまいました。
ソファーに寝ていると、娘に怒られるんです。
最近娘が怒りっぽくて。
常に上機嫌の事務局長の血筋なのに、どうしたのでしょう。

このところストレスの固まりだったのは、
台湾の回答が遅れているからです。
ようやく某ホテルの会場と宿泊が取れたということで、
やれ嬉しや、と思っていたら、
メールで写真を送って来たのを見て、がっくり。
天井が低い。
どうも先方の代理店、
宴会の会場を探しているみたいです。
ほしいのは大会議室なのに。
しかし、先日訪台した際の打ち合わせで、
「天井の低い会場はダメ」とはっきり言ってあるのに、何故でしょう
海を越えると、やはり意思疎通に問題があります。

というわけで、
来週15日夜、台湾に向かい、
翌日打ち合わせ、
17日早朝の便で帰国です。
仕事なんだから平日でいいのに、
わざわざ土日にする事務局長の律儀さよ。

組合員の実態調査は一昨日集計したあと、
ポロポロ遅れたのがやってきて作り直し、
ようやく本日夕刻に確定。

まず、営業形態は↓をご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します

お店を構えて消費者に販売している、
いわゆる「純粋小売店」は64.0%で、およそ3分の2弱。
もう少し多いと思っていましたが。

業務用卸の店は23.1%
これが今の組合です。
このグラフには出ていませんが、
地域別のデータでは、
千代田・中央・台東・文京・港の都心部分では、
業務用の店の方が小売店より多いという結果が出ています
これは人口分布などで消費者相手の商売が成り立たず、
むしろ飲食店への納品ルートなどで商売している地域の特色があるようです。
弁当屋やスーパー、飲食店など、
いわゆる町の「お肉屋さん」ではない店が8.8%もありますが、
これは元精肉店であった組合員が
その後、弁当主力になったり、すき焼き屋や焼肉屋に転進したりした結果です。

店舗の規模は↓のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

1人やご夫婦、家族のみで経営している店が69.2%。
3店に2店は家族経営です。
従業員を雇っていても、5人以下の店が多く、
家族経営もおそらく5人以下でしょうから、
86.1%が5人以下の店舗で、
まさに小規模小売店の集まりがわが組合です。

定休日は↓のとおりで、

クリックすると元のサイズで表示します

4店に1店は日曜日が休み
商店街の現状がよく伺えます。

他に地域別に集計したデータなどで興味深いものがありますが、
詳細は次の『東京食肉新報』をご覧下さい。

こういう調査は時系列で比較するといいのですが、
今回初めてなので、それができません。
5年に1回くらい調査したら、
業界の変遷を辿れるかもしれません。




AutoPage最新お知らせ