硫黄島からの手紙  

夕方の怒濤の訪問者は何だったんだろう。
一人帰るとまた一人。
終わると次が待っている。
そのうちの一人が安井潤一郎衆議院議員でした。

さて、「硫黄島からの手紙」

クリックすると元のサイズで表示します

水も食糧も何もない島で、
すさまじい物量の米軍と戦い続けた日本人たちの物語。
「父親たちの星条旗」との二部作で、
同じ硫黄島を日米双方から描くという、この見事な着想
二つの映画で一つの完結した作品になる時、
戦争というものの持つ実相が現れて来る。
それを色彩を押さえたまるでモノクロの映画のように
冷静に、クールに描く。
まさにクリント・イーストウッドの演出力のすごさ
「映画鑑賞時激睡魔襲来症候群」の事務局長なのに、
全く眠気がやって来なかった。

しかし、
これで硫黄島の真実は描けたか?
栗林中将の真意は伝わったか?
一兵卒たちの心情はわかるか?
残念ながら、NOだ。
これでは、5日で陥落すると言われた硫黄島が
なぜ36日も持ちこたえたかが分からない

米兵をして「太平洋の地獄」と言わせ、
物量豊かな米軍が徒手空拳の栗林を畏れた気持ちが分からない。

あの描き方では栗林中将はただの「物分かりのいいおじさん」だ。
「机に向かって事務を取るべき人」などと陰で言われているままだ。

栗林中将のすごさは、
当時当たり前の作戦であった
水際作戦を捨て、
島中に張りめぐらせた地下壕を利用して、
ゲリラの持久戦に持ち込んだこと。
少しでも戦いを延ばすことで、
本土への攻撃を先のばしにし、
停戦交渉を有利にしようとしたこと。
それが本土の家族たちを守ることだと信じていたこと。

だから、死ぬ方が楽と言われた硫黄島で
「バンザイ攻撃」で兵士たちが事実上の自殺をするのを禁じ、
死ぬことより辛い生きる道を兵士に課し、
それを持続させたのだ。

などと言うのは、
なまじ知識があるばかりに
映画観賞の妨げになるという典型
だろうね。
反省。

ただ、脚本に破綻があることは事実で、
たとえば憲兵をクビになった男の回想の犬のくだりなど、
映画の本筋とは関わりがない。
おそらく、オリジナルの脚本では、
登場人物一人一人の過去が描かれており、
編集の段階でカットした、
というのが真相だろう。
井原剛志と中村獅童の対比も、中途半端。

栗林とパン屋の一兵卒との対比の中で、
栗林の回想を軸に展開するという手法もあっただろうに。

ところで、戦争映画が嫌いなはずの事務局長の娘が
隣で泣いて感動していたのは血筋のせいか。

いろいろ不満は述べたが、映画としては秀作。
5段階の「4」

栗林中将については、7月9日のブログをお読み下さい。
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20060709/archive


次は、「王の男」

クリックすると元のサイズで表示します

韓国映画は玉石混淆なので、期待していなかったのだか、
これは面白い。

同性愛に近い友情で結ばれた芸人二人が
暴君をからかった芝居で逮捕され死罪を言い渡されるが、
御前で演じた寸劇を王が笑ったために命拾いをし、
宮廷のお抱え宮廷芸人にのし上がる。
それどころか彼らの芸は王の心をとらえ、
賢君であった前王へのコンプレックスと
亡き母へのトラウマを抱えた王の心を癒していく。
そして、彼らの演ずる寸劇が宮廷に大きな波紋を呼んで・・・。

芸人というのは、権力に歯向かう民衆の代弁者であるが、
それが宮廷内部に取り込まれていくことで、
権力そのものを崩壊させていく、
という展開は実に面白い。
何だかシェイクスピアの芝居を観ているような気になった。

主演のカム・ウソンは、はやりの韓流スターとは一線を画し、
美形ではないが、
男っぽさと知性が魅力。
終わりの方で、盲目になった状態で芸を披露し、
「もう一度生まれ変わっても芸人になる」というところは泣かせた。
王を演ずるチョン・ジニンは、
心に傷をかかえた暴君をよく演じた。
クーデターの最中、生命の危険にさらされているのに、
二人の演技を見て恍惚として笑う表情が印象的。
イ・ジュンイクの演出はリズミカルでテンポが良く、
画面に力がある。

傑作。
5段階の「5」

最後は「めぐみ 引き裂かれた家族の30年」

クリックすると元のサイズで表示します

涙と怒りの1時間30分。
全て知っている話なのに、胸を撃つ。
一瞬たりとも目を離せない。
横田さんたち家族が
歳月と共に歳を取っていく姿がつらい。
失われた30年。
失われせた男がどこの誰かは分かっている。
なのに、「6カ国協議」は遅々として進まず、
核とミサイルを保有した「ならずもの国家」の無法は続いている。
息子娘の帰還を待ちわびながら次々と死んでいく家族たち。
こんなことが今の地球上で行われていて、
犯人は分かっているのに、何もできない世界とは何なのだ。

小泉首相が訪朝して、金正日が拉致を認め、
9人の死亡が分かった時、
事務局長の身近で「この人たちは歴史の流れの中で、仕方ないんですよね」
と言った男がいた。
こういうことで怒る心を持たず、小賢しい論評しかしないその男を
事務局長はそれ以来、信用していない。

日本人なら、観るべき映画
4段階の「4」

「ラストサムライ」にしても「硫黄島からの手紙」にしても、「めぐみ」にしても、
日本人が撮るべき映画をアメリカ人が撮るというこの現実は何なのだろう。

エバー航空とキティちゃん  

ノロウィルスが仕事を増やしてくれまして、
いろいろ支部通達を出しています。
更に芝浦の衛生検査所の人たちがノロウィルスが原因の食中毒を起こしてくれたりしまして。
よりによってこんな時に。
その上、通知によると、生カキを食べたのだそうです。
自覚が足りないですね。

新年賀詞懇親会は後少し出欠の返事のない支部がありますが、
昨年より10名ほど少ない見込み。
原因ははっきりしていて、
支部統合で支部数が減っているから、
その分、支部2名の割り当てが少なくなったからです。

そういえば、エバー航空はキティちゃんがキャラクターで、
全ての飛行機がそうではありませんが、
それに当たると、機内全部キティちゃんということになります。

チェック・インカウンターからしてこれ。↓

クリックすると元のサイズで表示します

↓チケットも。
クリックすると元のサイズで表示します
↓機体も。
クリックすると元のサイズで表示します
↓座席のカバー
クリックすると元のサイズで表示します
↓液晶画面
クリックすると元のサイズで表示します
↓アイスクリーム
クリックすると元のサイズで表示します
↓機内食用のグッズ
クリックすると元のサイズで表示します
↓ナルト
クリックすると元のサイズで表示します
↓ケーキ
クリックすると元のサイズで表示します
↓ウィンナーにも
クリックすると元のサイズで表示します

きっとお子さんには喜ばれるのでしょう。

夜遅いので、「硫黄島からの手紙」は明日。

台湾は日本文化圏?  

本日、出勤は午後から。
午前中は、家でネットの接続の修理に2時間も立ち会いました。
数日前からネットはつながっていますが、
IP電話は今だに復旧していません。

午後はあわただしく仕事を。
昨日行われた表示の検討会では、
和牛は国産に限定
黒豚は国産に限らず、

となるようです。
妥当な結論でしょう。
途中からそうなる方向性が見えて来たので、
傍聴もやめましたが、そのとおりになりました。

台湾の旅行日程、ますます良い内容に思えてきました。
ホテルの会議場が意にそわなかったおかげで、
よりダイナミックな計画になりました、
とプラス思考。

今度台湾に行ってよくわかりましたが、
台湾は中国文化圏より、日本文化圏ですね。
町の作り、細やかな配慮、様々な工夫など、日本に近いものを感じます。
コンビニの作りなんて、全く日本。
置いてあるお菓子も日本そのままのが多いし。
クリスマスのイルミネーション↓なんて、日本そのまま。

クリックすると元のサイズで表示します

中国は共産国家だから、クリスマスのイルミネーションなんてありえませんし。
↓で飛んでいるのは、シャボン玉。

クリックすると元のサイズで表示します

町並で日本と違うものといえば、おびただしい看板。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ビルから垂直に出たものが多く、これは違いますね。

顔つきも中国本土の人よりも日本人に近い、優しい顔をしています。

事務局長の観察によれば、
中国人の顔は「いつも不機嫌」な顔で、
韓国人の顔は「いつも怒っている」顔。
日本人の顔は優しいですが、
アメリカから帰って来た青年の言によれば、
「日本人の顔は疲れている」のだそうです。

今回エバー航空に乗って驚いたのは、
「スーパーマン・リターンズ」をやっていたこと。
この映画、始めの方に、ジャンボジェット機が墜落するシーンがあるんです。
機内映画というのは大変配慮されていて、
飛行機事故に関する場面などは御法度。
「ミート・ザ・ペアレンツ」という映画では、
主人公が飛行機の中で「爆弾 !」と叫ぶ場面がカットされていたくらいです。
最近の映画では「スネーク・フライト」は絶対機内ではやらない映画。
なにしろ、荷物室にあった蛇の箱が破れて、
狭い客室内に蛇がうじゃうじゃとはい回る映画です。
「スーパーマン・リターンズ」は、
最後はスーパーマンが飛行機を助けますので、
「いいんじゃないの」となったのでしょうが、
エバー航空の勇気もなかなかのものです。

夜、「硫黄島からの手紙」を観ましたが、感想は明日。


中川雅治さんを励ます会  

時差ボケでもないのに眠いこと、眠いこと。
無理をしてはいけませんね。
本日は台湾下見の後処理に追われました。
来年の台湾の旅、日増しに形が整いつつあります。
注文が多いから、旅行会社は大変でしょうが。
麹町きゅーぴーさんの言うとおり、
手作り感が強くなってきました。

さて、夕方は組合顧問の「中川雅治君を励ます会」で赤坂プリンスへ。
ついこの間も来ましたが、夜の外観↓はまた一味違います。

クリックすると元のサイズで表示します

↓会場はぎっしり。当選後2年半でこれだけ集まるとは。
さすが原文兵衛サンの娘婿。
千名近い人が2万円をもって「励ます」ために集合。
最近、組合はこういうお付き合いが増えました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓森元総理。この人はピカ一の話芸を持っています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓片山自民党参議院幹事長。

クリックすると元のサイズで表示します

↓町田前外務大臣。対中・対韓では意外と骨がありましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓中川昭一政調会長。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ずらりと国会議員が。
この後、都議たちも登壇。
区市町村会議は代表のみ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓もちろんわが安井潤一郎衆議院議員も出席です。挨拶は石原都連会長。

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜は石原都知事ナマ放送出演がありましたね。
四男の言う「芸術家の魂を持った人間 (石原都知事)がたまたま自己表現として政治をやっている」というのはまさに正しいですが、一般の理解は難しい。
その芸術家の立場から、都知事はさぞうんざりしているでしょう。

↓組合顧問の保坂三蔵さんも挨拶。
来年は統一地方選挙と参議院議員選挙が重なるので、当分ヒートアップするでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間少々立ちっぱなしで待たされた上、人数のわりには料理が少ないので、
乾杯の後が大変。
料理の前で大の大人が押し合いへし合いし、割り込んだり、
取った料理をそのまま口に運んだりで、餓鬼の群れ。

最後まで残った方は中川議員のモノマネを聞くことができました。
↓で顔がゆがんでいるのは、田中角栄のモノマネの最中だからです。
他に、福田、大平、小泉とやって、なかなか似ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

大変ですねえ、政治家も。
顔を売り、恩を売り、存在感を作り上げていかなけれはならない。
これも一つのカルチャーで、
きっと好きな人にはたまらないんでしょうね。





台湾下見  

行って来ました、台湾の第2回下見
宿泊ホテルの第2候補に泊まり、
理事・支部長会と祝賀会の会場を決めるためです。
それと、「遅く行く便」と「早く帰る便」の試乗。

いやー、疲れました。
夜8時の便は、成田がこんなに空いているのは初めてというほど。
なにしろ、出国審査のブースは1つしか開いていません。
免税店の店員も手持ち無沙汰。

一つ、珍しい体験をしました。
時間通りに動き始めて、滑走路で加速を始めた途端に急減速。
そして、「ゲートに戻ります」のアナウンス。
荷物を入れたドアだか装置だかがしっかり処理されていないとのこと。
まさか、降りろ、今日は飛ばない
なんて言われるのではないかと心配しましたが、
給油もして、ようやく飛んだのが1時間40分遅れ。
おかげで台北に着いたのは12時を回っており、
夜中で高速道路はすいていて市内まで30分でしたが、
ホテルに着いたのは1時半でした。(日本時間2時半)
8時に正常に飛んでもホテル到着は深夜になります。
「遅く行く便」、あまり推薦はできません。

帰りはホテル発早朝5時10分
そんなに早くなくても、と思いますが、
旅行会社は万一のことで遅れるのを避けるためにこうするわけです。
おかげで、ゲート前でずっと眠るはめに。
空港の荷物の搬送装置の故障でこれも40分遅れでしたが、
帰りは早く、2時間25分のフライト
ほぼ予定通りの1時05分に成田到着。
こちらの「早く帰る便」もあまりお勧めできないですね。

今回の現地下見で、
宿泊ホテルは予定通りのシェラトンに決定。
夕食は外に出ずに、ホテル内で。
既に1日目から豪華版の中国料理です。
2日目の観光に南門市場を追加。

クリックすると元のサイズで表示します

中に肉屋さんの一画があり、香港と大同小異ですが、
香港に行っていないメンバーは喜ぶでしょう。
やはり食肉組合の旅行ですから、こういう場所に来なければ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、
リージェントホテル(昌華酒店)での理事・支部長会の会場を決定。
更に夜の祝賀会の会場を、ショウエン会館に決定。

クリックすると元のサイズで表示します

基本的に結婚式場のようですが、
天井も高く、広さもたっぷりで決めました。

これをキープした上で、
「台北101」の85階に近くオープンする欣葉レストランが良ければ、
そちらを優先します。
オープン後写真を送ってくれるそうですが、
確認が心配なら、また来なければなりません。

というわけで、現地旅行会社と別れて、「台北101」へ

クリックすると元のサイズで表示します

写真でご覧のように、
地面につきささった竹のような、世界一のノッポビル

クリックすると元のサイズで表示します

2004年竣工で、
101階建てで508メートル。
地下1階から地上5階はショッピングモールで、
9階から84階までがオフィス。
89階の展望台まで東芝製のエレベーターが
時速60キロ、分速1010メートルのスピードで、
37秒で駆け上ります。
展望台の高さは382メートルですから、
東京タワーより高い場所から台北の町を眺めることができます。
更に91階には屋外展望台もあります。

↓の写真は雨天のもの。晴れていれば、もっと良く見えるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

夜、もう一度登ってみました。
夜は↓こんな風に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

もし、85階のレストランで祝賀会をやれば、
参加者はこの夜景を見ることができるわけです。

夜は↓こんな感じにきれいになります。

クリックすると元のサイズで表示します

今考えているプランでは、
バス移動だけでは面白くないので、
祝賀会の後、士林の夜市で解散し、タクシー代を渡して、
ゆっくり自分のペースで探検していただこうというもの。
そうすれば、下の東南アジア情緒あふれる食堂街で何か食べていただけるし。

クリックすると元のサイズで表示します

今回、事務局長は↓のような鉄板焼きを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓目の前で料理してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓アルミホイル (!)皿の上に乗せて一人前。
ベニハナだったら大変ですが、
ここではこれで170元。(700円くらい)

クリックすると元のサイズで表示します

混雑の夜市なので、迷子になるかもしれませんが、
タクシー代とホテルの名前を書いた紙を渡せば大丈夫でしょう。
試してみたら、
ここからシェラトンまではタクシーで10分、160元 (650円位)でした。

以上、今回の下見でも沢山のことが分かりました。
良い旅行になる感触がどんどん強くなっています。




AutoPage最新お知らせ