保坂三蔵さんを励ます会  

組合は昔、台湾から豚を直接輸入していた時代があり、
その頃は毎月現地の工場に役員を派遣していたものですが、
当時行った人はもはや常務会に1人しかいません。
職員の中にも当時を知る人は2人のみ。
時代の変遷を感じます。

帰国の報告と計画変更の指示を旅行会社にし、
一方、団体保険の不払い問題の連絡等をしました。
ホテルを変えるので、
しばらくは不安定な気持ちになりそうです。

夕方は「保坂さんぞう君を励ます会」へ。
組合顧問の保坂三蔵参議院議員の政治パーティーです。

↓会場は芝公園の東京プリンスホテルで一番大きい鳳凰の間

クリックすると元のサイズで表示します

↓どなたが始めたのか知りませんが、政治資金のパーティーはこの名称が多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓次々といろいろな方が挨拶する間、保坂さんはずっと立っていらっしゃるので、大変です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓司会は最近組合顧問になった中川雅治参議院議員

クリックすると元のサイズで表示します

保坂さんの交友関係で沢山の国会議員が登壇。
多過ぎるので、ほんのわずかだけ紹介。

↓後援会最高顧問の深谷隆司衆議院議員。

クリックすると元のサイズで表示します

片山虎之助参議院自民党幹事長。
会場から「虎さん !」の声も。

クリックすると元のサイズで表示します

↓時の人、中川秀直自民党幹事長。

クリックすると元のサイズで表示します

↓おそらく後援会のメンバーが描いたと思われる安倍総理の絵。
そういえば、今度の復党問題で、
安倍さん、人相が変わってしまいましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらはあまり似ていません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ずらりと国会議員を従えて。

クリックすると元のサイズで表示します

↓その中には、もう一人の組合顧問・小野清子参議院議員の顔も。

クリックすると元のサイズで表示します

その他、島村宣伸、伊吹文明、甘利明、中曽根弘文、中川昭一、舛添要一さんらが挨拶。
改選になる参議院議員、
都議会議員、
区町村長らも舞台に並び、
来年、参議院議員選挙と統一地方選挙が重なることが浮き彫りになります。
市区議会議員は代表のみの挨拶。
選対委員長挨拶や花束贈呈に続いて、
保坂三蔵参議院議員本人の謝辞があり、
ようやく乾杯に至ったのは7時20分。
1時間20分のおあずけの後、ようやく食事となりましたが、
この手のパーティーにありがちな料理の不足は感じさせませんでした。

しかし、1人のために1,500人が集まるというのは大変なことで、
このかげにはどういう努力の積み重ねがあったのでしょうか。
国会議員を頂点に、
都会議員、首長、市区町村議員へと連なるヒエラルキーと
権力の構造の底流に流れる浪花節に、
「議員サンも大変だな」と感じさせられました。
その世界に入れば入ったで酔わせる何かがあるのでしょう。

↓こうした会合には三役が順番に参加。
今回は近藤理事長、島田副理事長、芹田副理事長、石政専務理事が出席。

クリックすると元のサイズで表示します

↓胸にさん然と輝くのは、組合員バッジです。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ