執務再開  

本日より執務再開。
忙しい。
当たり前です。丸3日も休んだんですから。

9・10のイベントは、大変注目を浴びており、
テレビは東京の各局が来ます
理事長へのインタビューの申込みもあり。
新聞も朝日以外は出揃いました
こうした各メディアの問い合わせに答え、
資料をFAXで提供。
先方も現在、にわか勉強の最中ですから。
関心も米国産牛肉の輸入再開から
「このイベントの趣旨は何か」に移って来たようです。

某役所からは、冒頭のセレモニーの次第について矢の催促。
夕方には代理店との打ち合わせも済んで、
内容が決まりましたので、送っておきました。
農水大臣や厚生大臣は来ませんが、
某役所の部長級に米豪両国公使の挨拶のある
国際性豊かなものになりました。
某大物政治家もテレビの生放送の後、駆けつけていただけそうです。

配布物 (料理パンフ、ぬいぐるみ、カレーなどのプレゼント品) も
代理店に続々届いており、
当日、組合の職員がそれを詰め込みます。

昨日の関東甲信越の会議の時と
一昨日の東日本の会議の時に、
『東京食肉新報』の号外を配ったところ、
大変反響があったようです。
中には、「この号外を組合で使いたいので、
売ってくれ」という申し出もありました。
また、『東京食肉新報』8月15日号を読んだ
北陸のある理事長さんが
イベントの趣旨に共鳴して、
当日来たい、というお申し出がありました。
やはり、「牛肉は安全」という宣言は、
報道に苦しめられてきた業界の皆さんの心を打つものがあった
ようです。

9・10の準備の一方、
明日の常務会の資料を作成
夕方までには完了。
こんな時、事務局長はつくづく、自分は集中力の人だと感じます。
そういえば、明日は香港視察旅行の説明会もあるんでした。

時差ボケは無し。
なにしろ夕べは夜10時に横になって爆睡。
5時に起きて7時間寝ましたので。
二の腕にぶつぶつと妙な発疹が。
そういえば、飛行機の中で段々かゆくなっていました。
心当たりはブラックジャックのテーブルで
縁に肌が触れた時にダニに食われたような気がします。
最終日はとうとうベッドには入っていませんので。

こうして少しずつ、夏休みにどこに行ったかがばれ始めましたね。
そうです、いつものラスベガスへ。
そこで、現在渡米中の娘に会いました。
詳しくは土曜日に「プライベート」でお書きします。





AutoPage最新お知らせ