東京政経フォーラム  

午後は講習会。
東京都食肉公正取引協議会の表示指導をする
「適正表示指導員」に今年初めてなった方々のための表示講習会です。
講師は事務局長がつとめました。
パワーポイントを使っての講義ですが、
1時間半ずっと立っていたので、
さすがに膝が疲れました。

その後、あわただしく赤坂プリンスホテルへ
自民党東京都連主催の「東京政経フォーラム」に出席するためです。
この行事は、自民党の総裁選を盛り上げるために
全国10箇所で開かれるブロック大会の第1回。

6時から始まるのに、
なぜ2時間も早く出かけたか。
組合から参加する5名の役員に良い席を確保するためです。
早く行ったおかげで、会場に一番乗りで入って、
中央の前から4列目を6席ゲット。
まわりがぎっしり埋まっていく中、その6席だけは
書類が置かれて空席のまま。
その一つに座って役員の到着を待ちながら、
花見の場所を確保している新入社員のような気持ちになりました。
T大出て、五十代後半にもなって、
こんなことをしている奴はおるまい、
などとは考えませんでしたが、
面白くするために、そう書いておきましょう。

待っている間、観察したのですが、
「自民党顔」っていうの、確かにありますね。

「いつも仲良し一緒に動こう」の役員たちは、
5時半頃登場。
開会20分前から東京都連の役員たちの紹介がありましたが、
自民党というのは、大きな組織なんだな、と改めて感じました。

会場正面には「大志交流」と素晴らしい筆致で書かれています。
以下、写真で説明。
クリックすると元のサイズで表示します

「五色の間」は人で一杯。
入りきれない人は別室でモニターを観ているそうで、
参加者は6000人だそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
まず都連役員が登壇。
石原伸晃都連会長の挨拶。
一番左は組合顧問の保坂三蔵参議院議員です。


武部幹事長挨拶。
クリックすると元のサイズで表示します

シンポジウムをするというのに、壇上に机も椅子もないのでへんだな、
と思っていたら、
音楽がかかり、照明が変わると、
正面の壁がぐるりと回ってパネラーが登場
なかなかやるな、自民党。
クリックすると元のサイズで表示します

出演者は、まず安倍晋三官房長官。
この人は本当に育ちの良さがよく分かる。
クリックすると元のサイズで表示します

谷垣禎一財務相。
前にも書きましたが、事務局長はこの人の講演を聞いて
その平凡さに「総理の器にあらず」といたく失望。
クリックすると元のサイズで表示します

与謝野馨金融経済財務担当相。
意外な出演。
何だかつまらなそうでした。
クリックすると元のサイズで表示します

麻生太郎外相はマレーシアに出かけているため、
ビデオで出演。
この人のダミ声は何とかならんか。
クリックすると元のサイズで表示します

司会は石原都連会長。
この人、疲れた旅回りの役者みたい。
クリックすると元のサイズで表示します

シンポは、
「その先の日本、はどうなるか」とか
「東京をどうみるか」
などの質問に4者4様に答えていく方式。
安倍さんの答弁は、芯のある温厚さ。
谷垣さんは、不自然なハイテンションでいながら、
声が妙に老けているのがへん。
与謝野さんはなんとなく老獪な印象が損。
でも、いつかは総理になるかもしれない
麻生さんは、最近印象が明るくなった。
だが、誰か発声法と表情の作り方を教えてやってくれ。

せっかくこんな豪華メンバーが集まったのですから、
意見がぶつかり合えば面白いのですが、
言いっぱなしで、少しも論争にならず、
少々退屈

皆さん歴戦の強者ですから、話術はたけていますが、
主張にストーリー性をもたせるのがヘタ。
普段いかに小説や映画、演劇という「文化」に触れていないかが分かってしまいます。
そのあたりがオペラの世界に耽溺していた小泉さんとの違いでしょう。

しかし、話をさせると、人柄は当然として、
奥行きが見えて来るのはこわいものです。
谷垣さんがもっとも薄っぺらで言葉が上滑り。
与謝野さんは厚みがありましたが、不透明。
麻生さんは現在変貌中。
もっとも奥行きを感じさせ、「ドラマ」も期待できたのは、
安倍さん。

他の人より、「総理にさせたら何かをやる」と感じさせました。

後で聞いた組合役員の採点では、安倍さんの点が高かったです。
やはり安倍さんの青年っぽさは、
これからを感じさせました。

花束と3人。
花束を渡したのは、
組合顧問の小野清子参議院議員でした。
クリックすると元のサイズで表示します

組合からの参加者のメンメン。
夜のニュース番組でも後ろ姿が見えていました。
クリックすると元のサイズで表示します

この後の懇親会が大変。
人数が集まりすぎて、3つの会場に分散。
なにしろ会費2万円ですから、
「食べないと損しゃう」というオバサマたちが料理に群がります。
我々は寿司の桶を一つ強奪して組合用テーブルに設置するなど、
やりたい放題。

最初は下の第2会場にいたのですが、
そろそろ空いたかなと、
メインのクリスタルルームに移動。
安井潤一郎議員とも合流しました。
本部以外にも目黒や文京からも参加していて合流。

自民党の底力を感じさせられた会合でした。




AutoPage最新お知らせ