健康診断  

今日午前中は定期健康診断
組合事務局の職員が順に出かけて、
本日は事務局長の番。
体重、身長、聴力検査、視力検査、尿検査、血圧、採血、
そして、肺のレントゲンと胃のレントゲンを終えると問診です。
全て問題なし。
因果と丈夫
後は血液検査の結果を待つばかり。
たんぱく尿と高脂血症、飽和脂肪酸、それに尿酸値。
ここ数年、全く同じ診断です。
大人だから仕方ありません、
立派な成人病です。

提携している船員組合の診療所、
毎年何か改善されています。
1〜2年前からはレントゲン終了者用に
お茶とお菓子を食べる休憩室が設けられていて、これは親切。
今年はレントゲンを待つ間、ビデオで検査の内容を解説。
もっと驚いたのは、
レントゲンの結果がフィルムではなく、
パソコンの画面に出ること。
どんどん改善されています。

午後は各方面へ連絡業務。
香港の当選者は一組病気の方の振り込みがなかったので、
補欠第1位のS副理事長が行くようになるようです。

9月10日の試食イベントの会場のイメージ画ができてきました。
明日お見せします。

机上の整理  

ちょっと合間ができたので、
机の上を整理しました。
「地層」のようになった書類の山を掘り起こすと、
提出期限を過ぎた書類とか、
行方不明だった冊子とか、
もう化石みたいな文書とか出てきます。
まるでカンブリア紀みたいです。
それをファイルに綴じたりしたり、捨てたりしても、
地層は薄くなりません。
中には、今の組合改革の動機を作った投書など出てきて、
ああ、あの人が言ったこの一言が今の組合を作ったか
と感慨しきりになったりします。
こうして少し発掘作業をしている間に、
次の行事が起こって、また地層の中に眠っていくことになります。

午後は掲示板への回答を執筆。
例の新惣菜コンテストの優勝副賞の香港旅行の問題です。
やはり、あのまま組合から無回答はおかしい、
という意見が寄せられ、
中には他県組合の方もいましたので、
理事長から書けと言われ、
本人の諒解を取った上で、
回答を掲載するこにしました。

事前に理事長の目をとおさなければならないので、2度手間。
つまり、組合のワープロ(!)で打って、それを理事長にFAXで送り、
OKをもらった上で、
今度は帰宅後、家のパソコンで再度打ち込み。
これこそOASYSの「親指シフト」と心中する決意をした者の心意気です。
聞いてますか? 富士通さん。

関心のある方は、
組合員用ホームページの掲示板をご覧ください。

明日は年に1度の健康診断なので、
9時から後は飲食禁止

若い頃、事務局長は最高10日間の断食をしたことがあります。
1週間も数回。
中には水絶ちで1週間も
これは辛かった。
なんでそんなことをしたかと問われれば、
「若気の至り」としか言いようがありませんが、
今は面白い経験をしたと思っています。
でも、2度としたくはありません。
1食だって無理です。

二つの会合  


本日は二つの会合に出席しました。
日曜日に重なったのは、
最近、お肉屋さんも日曜には休む店が増えたためです。

一つ目の会合は、いつものミニ支部長会。
本日の会場は東中野の日本閣です。
昔のままの日本閣を思って行きましたら、
どうも様子が違います。
下のような建物に変身。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ日本閣でも、
「w53rd」といい、
「美術館やギャラリーが並ぶ、
ニューヨーク西53番街の都市型ミュージアムを彷彿とさせる
デザイン空間」
を作り出したのだそうです。
また、元の敷地に高層マンションも建築中です。

そのようなびっくりの場所に組合の「城西ブロック」、
つまり、新宿区・中野区・杉並区の3区に所在する支部の支部長さんが集まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

他のミニ支部長会と同様、組合の現在の事業の充実に対する感謝の声と共に
更なる要望が。
特徴的だったのは、
「小売店だけでなく、
卸の者にもメリットのある事業を」

という意見があったこと。
食肉組合はもともとは小売店の集まりですが、
業務用卸 (料理店への納め) だけしている店もありますので、
最近の組合内助成事業の活発な動きに
こういう反応が出て来るわけです。
実は1年前にもそういう意見が出ましたが、具体性なし。
今回は、手提げ袋の大きいものがほしい、など、
具体的な提案がありました。

懇談の中で、
「事務局長はラッキーボーイだった」という話が出ました。
確かに、この数年間の組合の改革が
手さぐりの中で良い方向に進み、
打つ手打つ手が良い結果を生んだのは、
相当な幸運に恵まれたからだということを感じますが、
事務局長がラッキーというより、
理事長、いや組合そのものが
神様に祝福されていたのでしょう。


今回は珍らしい昼間の会合で、
そのあと、上野に移動。
昔タカラホテルのあった場所の裏手にある
茶寮という中華料理店での
「台東支部発会式」です。

クリックすると元のサイズで表示します

これは台東区内にある浅草支部・下谷支部の統合の出発式です。
どちらも人数が多い支部で、
それが一つになった結果、
63名という、
組合で3番目に大きい支部の誕生です。

順番に発言のチャンスが与えられたため、
事務局長は、
組合がこの20年間で最も良い状態にあることを強調させていただきました。

トゥーランドットのチケット  

来ました来ました。
「トゥーランドット」のチケット
今年の秋に来る、フィレンツェ歌劇場の公演チケットです。

クリックすると元のサイズで表示します

イタリアオペラの二大巨頭のどちらも最後の作品を並べた公演。
事務局長、これを観るために、
日本舞台芸術振興会の「オペラ・フェスティバル」特別鑑賞会会員
4年前から会員になっています。

荒川静香のおかげで「トゥーランドット」は随分知られましたが、
事務局長はその前からこのオペラが大好き。
わざわざニューヨークまで出かけて
フランコ・ゼッフィレッリ演出の舞台を観たくらいです。

今回の演出はチャン・イーモウ
「HERO」などで有名な中国の映画監督
中国人が中国を舞台にしたオペラを演出するのですから、
「蝶々夫人」を日本人の演出家が演出するのと同じ。

無理して特別鑑賞会の会員になったのは、
さすがに大金を払っただけの良い席がもらえるからで、
過去三年間、海外劇場の来日公演を最高の席で観てきました。
今度も「ファルスタッフ」は東京文化会館の12列のど真ん中
これはいいのですが、
「トゥーランドット」はNHKホールの2階の左翼
良い席ではあるのですが、
正面でないのは残念。
まあ、これ以上の贅沢は言いません。

ラスベガスの「オペラ座の怪人」のチケットも取れました
前から3列目のど真ん中
このラスベガス版、オリジナルより30分短い。
休憩も入らない。
なのに、
公式サイトには、
「オリジナル舞台の全ての曲が入っている」と書いてあります。
その一方、シーン一覧を見ると、明らかにないシーンがあります。
というわけで、
落ちたシャンデリアは休憩なしにどう処理するのか
(通常は休憩中に元の天井に戻ります)
どうやって30分縮めたのか
興味はつきずに行ってまいります。
(いつかは秘密)

ブラームスはお好き?  

今週は4日間で短かったですね。
1日違うとこんなにも違うものか。
最近日曜日もつぶれるので、
明日の貴重な休日が楽しみです。

監査会も終わって一段落なので、
放置していたいくつかの件に手をつけました。
保険関係の経理で本来合致すべき数字が合わず、
これが歴史的に続いていたのですが、
新任のSさんが帳簿をずーっとさかのぼって精査してくれたので、
ようやく本日整理することができました。
「博士が愛した数式」という小説の中で、
良い定理は美しい形を持っている、
というのがありましたが、
複式簿記にも形に美しさがあり
決算書を見るたびに、
「醜いなあ」と
気になっていた箇所なので、
今年度末の決算書からはやっと美しくなります。

一方、「東京食肉名鑑」の印刷所から、
名簿の間違いの指摘を受け、
急遽直しました。
よくこんなところを気づいてくれたと感謝すると共に、
何で気づかなかったんだろうと自分を責めます。
どうか印刷が仕上がってから「げっ」ということがないように。
印刷物のミスは形が残るだけに、
目にするたびに後悔がわく、という困ったしろものですので。

今日は机の脇に「6:30 オペラシティ」という紙を張っておきました。
忘れるのを防止するため。
で、夕方、新宿経由で初台へ。
関係者からいただいた下記コンサートへ。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長が東宝の戯曲研修施設に通っていた頃の仲間であるTさんをお誘いしました。(男性。念のため)
オペラシティのコンサートホールは、実は初めて。
席は後の方でしたが、二つの演目を楽しみました。

R.シュトラウスの方はオーケストラの演奏にソプラノ歌手の独唱が延々と続く内容で、こういう形式はあまりなじみがなくて、戸惑いました。
事務局長はブラームスはあまりよく聞いている方ではなく、
せいぜい第1番の第4楽章、第3番の第3楽章を思いつく程度で、
この第4番、聞けば、ああ、とは思いましたが、
それほど親しんだ曲ではありませんでした。
でも、とてもきれいで、眠くはなりませんでした。
やはり、ナマはいいですね。

そのあと、Tさんと近況報告。
この間、1年半近く会うことがなかったのですが、
何だか前日にも会ったかのような感覚で話せて、
同じ趣味の友人というのはありがたいものです。
昔から事務局長の小説を読んでくれていて、
新人賞まで続けられたのも
この方の激励のおかげ。
今回も励まされました。




AutoPage最新お知らせ