安井議員来訪  

昨日の東京都公正取引協議会三役会で決めた総会の案内を出し、
常務会の決定を受けて、
今年の組合内助成事業の「手引き」を支部長に送り、
駐車禁止摘発強化への対策としての
「配達中」パネルの試作品が出来てきたので、
値段を決めて
支部に通知し、
専務が来て打ち合わせをし、
証券会社だの市場協会だのいろいろ来て・・・
というわけで、中々「東京食肉新報」の記事が書けません。
ついに、自宅に持ち帰り
土曜日曜の作業となりました。

そうした中、安井衆議院議員が来訪
前にも書きましたが、
うちの事務所は国会議員が出入りする事務所なんです。
昨日の城西ブロックでの「牛肉予約販売」の打ち合わせの報告をいただき、
早稲田商店街の事務局長さんを紹介していただきました。
事務局長というから、当然男性の方を予想していたら、
女性なのでびっくり。

きいてみると、
この「予約販売」では、
組合の助成事業をいろいろ利用していただけそうです。
支部会合への助成、
試食会への助成、
支部販促事業への助成、
新聞折り込みへの助成
等、なんと4事業が適用になります。
補助金が支部の活性化につながれば、こんな嬉しいことはありません。

ついでに先日の中国・モンゴル訪問について、
「TVタックル」で高市早苗議員がした発言について
実際のことを聞きました。
こうした裏話が聞けるのは、やはり嬉しいですね。
きっと私がその場にいたら、
いきりたって中国側に反論していたでしょう。

私が中国や韓国の政治指導者を嫌いなのは、
過去のことを政治的道具にすることをやめないからです。
それは人格者のすることではなく、
ゴロツキのすることです。
60年も前のことをいつまでもしつこく。
本当に男らしくない。
その間ODAでさんざん日本国民の血税を吸い上げていたくせに。
自分の国では長期にわたり抑圧しているのに。
チベットでしたことは世界が知っています。
「恨みに報いるに徳をもってなせ」と言った
将介石は偉かったと今更ながら思います。

先日の「TVタックル」では福岡教授の発言に失望
あの人、最近どんどんおかしくなっています。
選挙予想が当たらなくなって、焦っているのでしょうか。

帰りに舞浜の映画館に寄って、
「V フォー・ヴェンデッタ」を観ました。
この手の近未来ものはどうも好きになれません。




AutoPage最新お知らせ