マスコミの傲慢  

昨日のことですが、
事務局長、某新聞の記者とやりあいました
久しぶりですね、こんなこと。

5年前のBSE騒動のさ中、
芝浦で「幻の2頭目事件」というのがありました
全頭検査の準備中に、芝浦で擬陽性の牛が出て、
大騒ぎになった時、
テレビが「BSEにかかった牛の肉が店頭に陳列している可能性がある」と
報道しました。
事務局長は即座にテレビ局に電話。
「肉には熟成期間というものがあり、
と畜された牛の肉がただちに店頭に並ぶことはあり得ない。
撤回せよ」と。
相手の担当者は熟成期間というものがあることさえ知りませんでしたが、
「問題の牛の肉が店頭に並んでいないという確証を得るまでは撤回できない」とへ理屈を言います。
「あなたは合理的推論というものを知らないのか。
合理的に考えれば、問題の牛の肉が店頭にないことは推論できるだろう」
などとやっている間に放送は終了。
BSEで組合員店頭での牛肉の売れ行きが最も落ちた
(以前の5分の1)のは、
この直後です。

2度目は、某テレビ局
「イタリアで人間に感染。
感染源はBSEにかかった牛の肉と言われている」
とやった。
ただちに電話。
「肉の中には異常プリオンはいないから牛肉て感染することはあり得ない。撤回せよ」
責任者は、
「現地でそう言われているから、言われている、と放送したまでだ」と言い、
「あなたは現地で言われていれば、真偽にかかわらず放送するのか」
と激論。
その間に放送は終了。

今回は4年ぶり?
問題の記事は、牛肉の格付けを学習するコラムで、
歩留りでABCの3段階、
肉質で1〜5までの5段階があることを説明し、
「5」の肉は高級料理店やデパート向け。
「2」は精肉、「1」は挽き肉として売られることが多い。
と書いたのでかみついた。
「あなたは、専門店が差別化のために、高級和牛を売っているのを知らないのか」
「知っている」
「ならこの書き方は誤解を与えるではないか。
事実、組合員から、
われわれ精肉店は低級な肉しか売らないというのか、と抗議が来ている」
「2を精肉店で売っているとは書いていない」
「しかし、○は○○、○は○○と並列すればそうなるではないか」
などというやり取り。

マスコミの方は自分の間違いを認めません。
その記事でどんなに苦しんだり、傷ついたりする人がいても、平気
「そういう読み方を一部の人がしたとしても、
新聞の宿命だからしかたない。
新聞記事はスペースが限られ、どうしても全てを書くことはできない」
いやですねえ、インテリの言い訳は。
内心「まずかった」と思っているのが分かるから、実にみっともない。

前に私はNHKの労働組合の招きによるシンポジウムで、
「マスコミの方はよく斬れる大きな刀をもっている。
その刀を振り回す時、
弱い者たちが一緒に斬られていることを忘れないでほしい」

と訴えました。

自分の書いたことを決して撤回しない
マスコミの方は本当に傲慢です。

小泉総理の賞状  

この2日間は「東京食肉新報」の作成に従事

以前から「まだ発表できない」事柄がある、と
さんざんもったいをつけていましたが、
いよいよ新聞に書きましたので、
ここでも発表します。

組合では「新惣菜コンテスト」
7月10日に開催します。
組合員店舗の重要商品である
お惣菜について、
独創性のある新商品を開発するためのコンテスト。

ここまでなら、普通の話ですが、
ここからがすごい。

コンテストの優勝者には、
内閣総理大臣賞が贈呈され、
受賞者は組合が
秋の組合主催「香港・奥様孝行と肉料理の旅」にペアでご招待。

準優勝者には
農林水産大臣賞が授与され、
組合から10万円を贈呈。

第3位には、
東京都知事賞が贈られ、
同じく5万円を贈呈。

その他の参加者(ブロックから選抜したメンバー)には、
努力賞2万円。

贈呈金や旅行代金は組合負担です。

それにしても
賞状は大変な価値があるはず。
「内閣総理大臣 小泉純一郎」と書いてある賞状は、
9月以降は絶対出ない
んですから。

石原さんの方は既にテレビで
知事選出馬を表明していますが、
だからといって、
「東京都知事 石原慎太郎」なんて賞状は
めったにもらえるものではありません


こういうすごい展開になったのは、
もちろん、
「自前の国会議員」安井潤一郎衆議院議員の力です。

というわけで、
三役揃い踏みみたいに贅沢な表彰内容で、
新惣菜コンテスト、スタートです。

理事長が決まりました  

本日の理事会で、次の2年間を担当する理事長が決まりました
知りたいですか?
「新」か、「再」か。
もちろん近藤一夫理事長の再任です。
この2年間の輝かしい実績を見れば、
交代する理由がありません。

本組合は「選考委員会」制を取っており、
6つのブロックから2名ずつの「選考委員」によって選びます。
そういうやり方だと、「ブロック・エゴ」が出る恐れがありますが、
よくしたもので、必ずまっとうな結論になります。
選考委員会の審議内容は門外不出なので、
これ以上は書けません。

組合の三役(理事長・副理事長・専務理事)8名は、
2名が交代。
理由は定年。
こうして新陳代謝が図れるところが、定年制の良いところです。
よく「実年齢でははかれない、
年が行ってもしっかりしている人はいる」
などといいますが、
実際は詭弁。
年齢に勝てる人はいません。
そうでない人は、日野原重明さんのような、特別に神に選ばれた人のみ。
普通の人は普通に衰えます。
老害の一番困るのは、老害になっていることに自らは決して気づかないことです。
私は定年にはすっぱりやめるつもりで、
今から楽しみにしています。

ところで、理事会には安井潤一郎衆議院議員も出席
すごいですねえ。
うちの理事長の選挙には、
国会議員も関与するんです。

噂によれば、
全肉連の会長人事は先行き不透明だそうです。
あと10日もないというのに。
いっそのこと、投票制にしたら、はっきりしていいでしょうにね。
まあ、よその団体のことですから。

事務局としては、東京都に対する報告など、
いろいろな事務処理が待っています。

とにかく、新しい2年、頑張りましょう

いよいよ明日理事長決定  

明日の理事会で新理事長が決まります
「新」になるのか「再」になるのか。
それは明日のお楽しみ。
そのための準備をいろいろ進めました。
新聞の方はAさんが最後の追い込みをしています。

事務局長は夕刻、趣味の映画のサークルへ。
昨日までソウルに行っていた人がいて、
またソウルが話題に。
映画の方は、
「ナルニア国物語」「ブロークバック・マウンテン」「プロデューサーズ」
などを論評

このサークルの人は、「プロデューサーズ」支持でよかった。

明日の理事会で理事の就任承諾書や履歴書が出ると、
いろいろ忙しくなります。

コンサートとナイロビの蜂  

あさっての理事会の準備を1日いたしました。
2年に1度の役員改選で、
理事長・副理事長・専務理事・常務理事が決まります
組合の執行部が決まるということは、
つまり、組合の方向性が見えて来るということ。
これも人間模様で、
事務局のところを情報が交錯し、
もう結果は分かってしまいましたが、
職務上、口外できないのがつらいところ。

土日はブログ休みましたが、
新聞の原稿を7本も書いたので、
ブログまでは手が回りませんでした。
日曜日はかみさんと一緒に上野の文化会館でコンサート。

クリックすると元のサイズで表示します

モーツァルト生誕250年の行事の一つ。
オペラの序曲「魔笛」「イドメネオ」「フィガロの結婚」。
これに交響曲第40番。
演奏は川本統脩指揮の東京ニューシティ管弦楽団。
なにしろ40番は私の「クラシック好きな曲第4位」ですので、ニコニコ。

一方、バーバラはわずか4曲+アンコール3曲。
それもマイナーな曲ばかり。
オペラ中の曲でなく、コンサート用に作られたアリア、なんて知りません。
アンコールで歌った「フィガロ」の伯爵夫人のアリアくらい。知っていたのは。
バーバラの声質はキンキラキンのソプラノではなく、
深みのある声なので、
もしやアンコールで「愛の喜びは露と消え」(魔笛の中の素晴らしい曲)
をやってくれないかな、と思っていたのに、残念。
最後に歌った黒人霊歌は絶品でした。

今日は8時すぎまで残業で、
帰りに舞浜で「ナイロビの蜂」を観ました。

クリックすると元のサイズで表示します

予告編はアフリカの自然を背景にした夫婦愛の物語、という売りなので、
かみさんが「観たい」と言っていたが、
中年女性が観て「よかったわ〜」というような作品ではなく、
ずっとビター。
「シティ・オブ・ゴッド」の監督がそんな大甘の映画を作るはずがない。

庭作りが趣味の温厚な英国紳士の外交官が、
アフリカの救援活動で不慮の死をとげた妻の軌跡を辿ってみる話。
愛し合ってはいたが、その活動の中までは踏み込まなかった彼は、
初めて妻が何を求め、何と闘っていたかを知る。
大手製薬会社のアフリカでの人体実験、
横行する汚職と暴力と陰謀。
巨悪に立ち向かった妻の道をたどりながら、
彼もまた、妻と同じ運命へ向かっていく・・・。
という、大変ハードな内容で、スケールも大きい。

時間軸を変幻自在にずらしながら、
分かりやすく、かつ心境も上手に描く脚本が見事。
アフリカの自然を捕らえたカメラが、
人間に迫る時は、手持ちカメラで臨場感を出す。
役者も素晴らしく、
夫のレイフ・ファインズは英国紳士が妻への愛によって
変貌していく姿をしっかり演ずる。
妻のレイチェル・ワイズは、妊娠中の腹ボテヌードまで見せる体当たり演技。
この作品でアカデミー賞の助演女優賞を受賞
他に脚色賞・編集賞・作曲賞でもノミネート。
一種の夫婦の心中物語と言ってもよく、
深い感動をおぼえる。
こういう映画を観ると、日本映画の甘さが際立つ。
なぜだろうなあ。
5段階評価で4.5




AutoPage最新お知らせ