安井潤一郎議員の後援会  

今日は、安井潤一郎衆議院議員の後援会「興風会」の発足の会がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


会場は早稲田のリーガロイヤルホテル。立派なホールですね。

クリックすると元のサイズで表示します


自民党の武部幹事長も来て、衆議院議員選挙での東京比例区の名簿登載の裏話を披露。
笑いのウズが起こりました。

クリックすると元のサイズで表示します


参加者はざっと数えて4〜5百名。
そのうち1割の50名が食肉組合からの出席者。
下の写真は、安井議員を囲んでの組合幹部のメンメン。
おや、左端に事務局長の姿も。

クリックすると元のサイズで表示します


近藤理事長は〆の挨拶。
「後援会は強ければ強いほどよい」と力強い激励。
後ろの右端は安井さんのご子息。似てますね。

クリックすると元のサイズで表示します


その近藤理事長は、本日新高輪プリンスホテルで開催された
自由民主党の「立党50年記念党大会」で表彰されました。
手にしているのはその表彰状。
ただの「紙っきれ」ではなく、
小泉首相(総裁)の写真とセットのなかなか粋なものです。

クリックすると元のサイズで表示します


その大会で、あの杉村太蔵議員の株が急上昇。
83名の新人議員が舞台に並び、その代表として「立党50年宣言」を読み上げたのですが、
「フリガナしなくて大丈夫かい」などと陰口をきかれる中、
太蔵議員、「宣言」を暗誦してみせたのです。
舞台後方のスクリーンには、宣言が映し出されていますから、
ミスは隠しようがありません。
「どこで間違えるか」と意地悪い視線にさらされつつ、
一カ所詰まったものの、一字一句間違えずに終わりました。
暗誦前は、からかい気味の拍手を送っていた人々も、
最後は拍手喝采。
他の82名の新人議員は感動と共に立ち尽くしていたといいます。
手に持っていた宣言文を読んでも誰も非難はしないのに、
しかし、わざわざ暗誦して感動を呼ぶ太蔵議員。
やはりこの人も何か「星」を持っているのでしょう。

☆ ☆

で、プライベート

6時30分から映画鑑賞サークルの月例会。
「私の頭の中の消しゴム」「蝉しぐれ」「ティム・バートンのコープスブライド」「NANA-ナナ-」といったテーマ作品について、
勝手きままにおしゃべりをします。
ちなみに事務局長は「蝉しぐれ」を「日本の監督は小説を読めない」と酷評し、「コープスブライド」を絶賛しました。

さて、安井さんの後援会を終えて、
組合関係の行事は今年、後一つを残すのみとなりました。
そこで、24日(木)と25日(金)は休暇をいただきます。
つまり、ブログは5日間お休み。
5連休にして、何処に行くんだって?
・・・それは戻ってから報告します。




AutoPage最新お知らせ