西表島・宮古島・伊良部島・下地島・池間島  旅行関係

ニラカナイ・リゾートの宿泊客は、専用の
仲良川 (なからがわ) クルーズに乗船出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで説明を受けながら、川を逆上ります。

クリックすると元のサイズで表示します

聞き間違いでなければ、
川の高低差は90センチしかなく、
流れは全くありません。

クリックすると元のサイズで表示します

マングローブは、こうした水辺植物の総称。
そういう種類の木があるわけではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

サギがエサを探しています。

クリックすると元のサイズで表示します

奥まで行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

秘境めいてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これは、「下がり花」

クリックすると元のサイズで表示します

夜中に咲いて、朝には落ちてしまいます。
6月頃には、落ちた花が水面にじゅうたんのようになり、
それを見る早朝ツァーがあるそうです。
見てみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

カヌーで行くツァーも有ります。面白そう。

クリックすると元のサイズで表示します

船は海に戻って、イダの浜に。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな風に無理やり上陸。

クリックすると元のサイズで表示します

浜には珊瑚がこんな風に一杯で、拾って、

クリックすると元のサイズで表示します

箸置きにするのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

骨あげのようだ、と言って、カミさんに叱られましたが、
実際、遺骨収拾団みたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓透明なカニ、見えますか?

クリックすると元のサイズで表示します

再びカンムリワシ、発見 !

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この島は繁殖農家で、
仔牛は、他県の飼育農家に売られて、「○○牛」になります。

クリックすると元のサイズで表示します

高速船で石垣島へ行き、

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機で、5番目の島、宮古島へ。人口48,065人。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのホテルは、

クリックすると元のサイズで表示します

超アジアン・リゾート。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゴルフコースもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

花も咲き乱れています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

部屋は全室海側のスイート。

クリックすると元のサイズで表示します

広さは55u。

クリックすると元のサイズで表示します

やはりデイベッドがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

ソファーも豪華。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂に入りながら、外を眺められます。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、ライブショー付き。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

和琉創作料理は、なかなか美味。

クリックすると元のサイズで表示します

創作料理というのは

クリックすると元のサイズで表示します

工夫しすぎて美味しくないですが、

クリックすると元のサイズで表示します

これは、

クリックすると元のサイズで表示します

素材も生かされていて、

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで一気に9島制覇に駆け足で進みます。

来間島 (くりまじま) 人口195人は、橋を渡って、ここで写真を撮って終り。

クリックすると元のサイズで表示します

来間大橋は、1690m。

7島目の伊良部島 (いらぶじま) 人口6,109人へは、フェリーで。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鳥型の展望台を下から見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

佐和田の浜へ。

クリックすると元のサイズで表示します

海にごろごろ転がる巨岩は、津波の置き土産です。

↓渡口の浜。

クリックすると元のサイズで表示します

短い橋を渡ると、8島目の下地島 (しもじじま) 人口48人へ。

ここには、日本唯一の民間パイロットの訓練飛行場があり、

クリックすると元のサイズで表示します

タッチ・アンド・ゴーを繰り返しています。

クリックすると元のサイズで表示します

訓練用の飛行機はなく、

クリックすると元のサイズで表示します

本物の旅客機です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は通り池。

クリックすると元のサイズで表示します

鍾乳洞が陥没して出来た池。2つあります。

クリックすると元のサイズで表示します

深くて黒い色をしているのが、不気味。

クリックすると元のサイズで表示します

地下で海とつながっているので、
ダイバーさんたちが入って来ます。
↓は、そのアブク。

クリックすると元のサイズで表示します

遊歩道があります。

クリックすると元のサイズで表示します

溶岩ではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

珊瑚礁です。

クリックすると元のサイズで表示します

再び宮古島に戻って、植物をいろいろ見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓アダンの樹。

クリックすると元のサイズで表示します

↓パッションフルーツ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓バナナは、こうなります。

クリックすると元のサイズで表示します

宮古島の東平安名崎 (ひがしへんなざき)

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、灯台があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここの岩も、津波の置き土産。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓マムヤの墓。

クリックすると元のサイズで表示します

絶世の美女に生まれたばかりに
妻子ある人との不倫の恋で不幸になった女性が、
この岬から身を投げ、
この村からは二度と美人が生まれないように
(みんなブスで生まれるようにと)
呪いをかけたという、
迷惑な話。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、呪いは解かれましたが、
今でも呪いが解け切れずに生まれる人が沢山いるという。
(呪いとは無関係ではないかという説もあります。)

最後の9島目、池間島 (いけまじま) 人口749人へは、
池間大橋1425mで。

クリックすると元のサイズで表示します

ぐるりとまわっておしまい。
ここにも「教育のための」信号が一つあります。

離島は人口が減って大変で、
若い人がいないから、
子供がおらず、小学校はどこも児童より先生の方が多い。
中には廃校の学校もあり、
若い男性は嫁不足で大変なようです。

旅行の間、気温は23度〜26度。
冬はやはり南の島がいいようです。

クリックすると元のサイズで表示します



石垣島・竹富島・西表島・由布島  旅行関係

今回の旅行は
「美しき八重山・宮古諸島9島めぐり」
というもので、
島が好きな事務局長にとって、
9つも回るというのは、魅力。

回ったのは、
石垣島→竹富島→西表島→由布島→
宮古島→来間島→伊良部島→下地島→池間島

位置関係は↓のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

航空会社は、ちょっと嫌いなJAL。

クリックすると元のサイズで表示します

機内食?

クリックすると元のサイズで表示します

いいえ、今は、「駅弁」ならぬ、「空弁」(そらべん)が
空港で売られているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

富士山を眼下に見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

那覇経由で石垣島へ。
人口47,690人。(平成20年3月31日。以下同じ)
夕陽と

クリックすると元のサイズで表示します

カンムリワシが迎えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんは、普段は農業をしている方。
三線 (さんしん) を上手に弾きます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ヤエヤマヤシの群生地。

クリックすると元のサイズで表示します

↓サトウキビを目の前でしぼってくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

文字通りのしぼりたてジュース。

クリックすると元のサイズで表示します

↓川平 (かぴら) 湾では

クリックすると元のサイズで表示します

グラスボートに乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから海底をのぞきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

魚たちを「うちの社員です」と紹介し、
給料 (餌) をあげていました。

クリックすると元のサイズで表示します

高速船に乗って、10分ほどで、

クリックすると元のサイズで表示します

竹富島へ。

クリックすると元のサイズで表示します

人口322人。
「安里屋ユンタ」は、この島から生まれました。

島のおばさんが、運転とガイドをします。

クリックすると元のサイズで表示します

コンドイビーチで

クリックすると元のサイズで表示します

星砂探し。

クリックすると元のサイズで表示します

ここにはなぜか猫がいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

水牛車で

クリックすると元のサイズで表示します

集落めぐり。

クリックすると元のサイズで表示します

水牛には、それぞれ名前がついていて、

クリックすると元のサイズで表示します

われわれが乗ったのは、満作クン。

クリックすると元のサイズで表示します

のんびりした性格なので、
すぐ次のに追いつかれてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ところかまわずウ○チをするので、
あわててバケツで受けますが、
受け損なった分は、

クリックすると元のサイズで表示します

次の方が処分。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じでゆらゆらと、独特の町並みを観てまわります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道を覚えていて、指示しなくても、自分で角を曲がります。

クリックすると元のサイズで表示します

カミさんは「重い車を引かせて可哀相」と言っていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

案外のんびり余生を楽しんでいるのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓本土と変わった、沖縄のお墓。

クリックすると元のサイズで表示します

家ごとになっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

再び高速船に乗って、40分ほどで西表島 (いりおもてじま) へ。
人口2,264人。

クリックすると元のサイズで表示します

沖縄では、東を「あがり」、西を「いり」と呼びます。
なぜか、「北」が「にし」。

クリックすると元のサイズで表示します

西表島のシンボルは、なんといってもイリオモテヤマネコ。
観光バスにも描かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

大切な天然記念物が事故にあわないよう、
出没しやすいところに看板が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

ザッザッと音がするこの道路は、
眠気覚ましではなく、
イリオモテヤマネコに、「車が来たぞ」と知らせるためのもの。

クリックすると元のサイズで表示します

島の90%は原生林で覆われた島。

クリックすると元のサイズで表示します

この島には、「日本最南端の信号機」があります。
一つは自動ですが、もう一つは押しボタン式。
設置当初は珍しがって押しましたが、
今は押す人はいません。
それほど車が通らないからです。
今は、こどもたちが本土に行った時のための
教育的意味で設置されているそうです。

さて、4つ目の由布島 (ゆぶじま)へ。
人口17人。

クリックすると元のサイズで表示します

400メートルほど沖にある島へは、浅瀬を水牛車で行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

何とものどかな風景。

クリックすると元のサイズで表示します

乗った水牛は「裕次郎」クン。
糞を落としても、水洗なので、ここでは拾いません。

クリックすると元のサイズで表示します

島全体が亜熱帯植物園。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昔は小学校もありましたが、今は廃校。

クリックすると元のサイズで表示します

当時の運動会では、「タコ釣り競走」というのがあって、
ヨーイドンで海に入って、タコを釣って帰って来るのだそうです。

ここには蝶園があって、
↓日本最大の蝶、オオゴマダラが舞っています。

クリックすると元のサイズで表示します

オオゴマダラのさなぎは金色をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

葉の裏にいるのは、幼虫。

クリックすると元のサイズで表示します

羽化したばかりのところ。さなぎの金色は消えて、透明に。不思議。

クリックすると元のサイズで表示します

再び水牛車で西表島に戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

泊まったのは、アジアンリゾート型のホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

床はフローリングで、

クリックすると元のサイズで表示します

デイベッド付き。ここでごろごろできます。

クリックすると元のサイズで表示します

プールも

クリックすると元のサイズで表示します

ビーチも揃っていて、夏来たら楽しそう。

クリックすると元のサイズで表示します



九份  旅行関係

九份観光にでかけました。

バスで田舎の風景を見ながら行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

台北市内を出ると、すっかり別の国です。

クリックすると元のサイズで表示します

何だか温泉町みたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓このホテルには、どうやって行くのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

九份の町の入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こうした道がくねくねと続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

九份は、↓階段の町です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓映画「悲情城市」の舞台になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここが観光案内に使われる場所。

クリックすると元のサイズで表示します

↓廃屋となった映画館があります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓お茶を飲ませる店が沢山あります。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、↓こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓屋外もあって、

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな景色が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓お茶の入れ方を教えてくれて、2杯目からは自分でやります。なかなか面倒。でも、おいしい。

クリックすると元のサイズで表示します

↓台湾では、犬は放し飼いです。

クリックすると元のサイズで表示します

お店がにぎやかになってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓なのに、バイクが平気で通ります。バイクも放し飼い?

クリックすると元のサイズで表示します

↓こうしたみやげ物屋の他に、

クリックすると元のサイズで表示します

↓食べ物のお店が沢山。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓入り口にトラックが止まっており、

クリックすると元のサイズで表示します

↓これが、なんと、肉の移動販売車

クリックすると元のサイズで表示します

↓日本では、保健所が絶対許可しないでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓あの狭い通路に。音楽を流しながら入って行きました。

クリックすると元のサイズで表示します


台湾の新幹線  旅行関係

台湾の新幹線、台湾高速鉄道。
3月に台北まで開通したばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します

台湾島を南北に走る鉄道の背骨。
時速300qで、台北〜高雄間を最短90分。

クリックすると元のサイズで表示します

「月台」とは、プラットホームのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これがチケット。カード式です。隣の板橋駅までの7分間の旅。40元は約160円。

クリックすると元のサイズで表示します

日本と違うのは、↓待合室で待たされて、時間が来ないとホームに入れないこと。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これが台湾新幹線の勇姿です。

クリックすると元のサイズで表示します

中は日本の新幹線そっくり。のぞみ700系が原型です。

クリックすると元のサイズで表示します

座席は2・3の編成。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ちゃんと回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓前の座席の背中のテーブル。

クリックすると元のサイズで表示します

↓棚も、

クリックすると元のサイズで表示します

↓背広のフックも、ことごとくそっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

違うのは、ドアが押しボタン式であること、

クリックすると元のサイズで表示します

大きな荷物を置く場所があること、

クリックすると元のサイズで表示します

手を洗うところが

クリックすると元のサイズで表示します

トイレ内部にあること、くらいでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

などと探索している間に、あっという間に板橋駅に。
車内販売が来るひまもありません。

クリックすると元のサイズで表示します

この間、ずっと地下。東京駅から上野駅まで行ったようなもので、
スピード感は全く味わえませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、駅構内の広いこと。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなスペースが必要なのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

それとも、戦争が起こった時の地下壕?

クリックすると元のサイズで表示します

スケボーをしたがる気持ちは分かりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

日本ではすぐ係がとんで来るでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

構内のセブンイレブン。台北ではいたるところにセブンイレブンがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

店内では、新幹線グッズを。

クリックすると元のサイズで表示します

関東煮、つまり、おでんはどこのコンビニでも売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

もし、新幹線に乗る方は、もう一つ先の桃園までどうぞ。


済州島・その3  旅行関係

済州島3日目

万丈窟へ。自然に出来た洞窟。
鍾乳洞ではなく、ガスが抜けたのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

中はひんやり。
↓ 素人が撮ると、こんな写真しか撮れませんので、

クリックすると元のサイズで表示します

↓ プロの撮った写真を3枚。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓ これは私の撮影。
硫黄島の地下壕を連想。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 東海岸の城山日出峰

クリックすると元のサイズで表示します

済州島内には360個も寄生火山がありますが、
海にそそり立つのはここだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 頂上まで行けば、こうした火口が見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 海の景色、

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 断崖絶壁など、これは登った者だけが見ることができる特権。
民宿に泊まって、早朝登山し、ご来光を見るのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 昼食は民族村の中で。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 石焼ビビンバ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ かきまぜて、こんなになります。
熱い石にくっついたおこげが美味。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 軒下には燕の巣があって、母親が持って来る虫を待っています。

クリックすると元のサイズで表示します

民族村

クリックすると元のサイズで表示します

↓ こんな昔の村が保存されています。今でも住んでいる家があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

済州島は火山で水を吸ってしまうので、水田はなし。
従って藁がないので、屋根は茅葺きです。

クリックすると元のサイズで表示します

ボランティアのガイドさんが付くのですが、
↓ このお姐さん、韓国パブのホステスみたいに達者で面白い。
只今、昔の便所の説明中。
「ここで力むと下で豚が待っていて、ウンコを食べます。
男は間違ってナニを食べられないよう、
棒で豚を追い払いながら用を足します」
なんて平気で言います。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 「ウンコ豚」と呼ばれたかわいそうな仔豚たち。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 寄生火山の一つ、サングムブリ。クレーターみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 最終日は晴れて、韓国最高峰・ハラ山が初めて顔を見せました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ 市内に戻って、東門市場を見学。

クリックすると元のサイズで表示します

果物・魚・肉とエリアが決まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん視察は肉屋さん中心。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ こういうのは日本では見られません。

クリックすると元のサイズで表示します

確かに済州島の女性は働き者。表でやっているのは女性ばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ