さよなら歌舞伎座・閉場式  

4月の最終日、ばたばたと細かい仕事をして、
夕方、ちょっと早退で、東銀座へ。
歌舞伎座の前は、

クリックすると元のサイズで表示します

昨日も今日も、写真を撮る人たちが一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この電光掲示板も、ついに「あと1日」になり、

クリックすると元のサイズで表示します

本日は「閉場式」が執り行われます。

クリックすると元のサイズで表示します

チケット入れの封筒も特別製で、

クリックすると元のサイズで表示します

開くと、こういう写真が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう紙も入っていて、大変な記念品です。

クリックすると元のサイズで表示します

タイムテーブル。

クリックすると元のサイズで表示します

冒頭、松竹の大谷信義会長が登場すると、
「大谷 ! 」と、役者に対するような掛け声が。
「四代目 ! 」というのには、
場内に笑いがもれました。
今日は掛け声の皆さんも総動員という感じで、
盛り上がっていました。
良いタイミングの掛け声は芝居を盛り上げます。
あれも歌舞伎の一部です。
前にテレビで紹介されていましたが、
掛け声の勉強会があるようです。
きっと初めての時はどきどきするんでしょうね。

「都風流」は、久保田万太郎作詞の長唄を
菊五郎、吉右衛門、仁左衛門、勘三郎、
三津五郎、梅玉、団十郎、幸四郎

という、当代を代表する立ち役たちが
ずらりと並んで登場し、
扇子一つで順に踊るという趣向。
歌詞には、浅草や隅田川の景色、
ほうずき市や菊供養など、
江戸の風情が詠み込まれているそうで、
(事務局長には、とても聞き取れません)
なんとも粋な作品。
こんな豪華な顔ぶれが揃って踊るのは、おそらく今夜だけで、
まさに「ワン・ナイト・オンリー」の素晴らしさ。
そう言い出せば、衣裳も装置も趣向も
今夜だけのもので、
こういう時にこういう場所に居合わせたという幸福を感じます。

事務局長夫婦の席は、
前から11列目のほぼ真ん中。
同じ列には山田洋次監督もいて、
素晴らしく見やすい席でした。
どうしてそんな席が取れたのか。
やはり人脈は広げておくものですね。

「京鹿子娘道成寺」は、
玉三郎、時蔵、福助、芝雀、魁春
という当代の人気女形が美を競う。
何とも美しくも不思議な夢幻の世界。
中でも玉三郎さんは、
背が高い分立ち姿の美しさが際立っています。
最後は、釣り鐘の上に5人の白拍子がからみつく、
という二度と観れない趣向。
まさに、これも「ワン・ナイト・オンリー」です。

04年のトニー賞授賞式のテーマが「ワン・ナイト・オンリー」で、
あの時のヒュー・ジャックマンの開幕ショーが思い出されます。
芝居というのは、まさにワン・ナイト・オンリー、
今宵だけの出会いです。

この道成寺の舞台、
あまりにあまりに美しく、泣きそうになりました。
人間は、美しいものの記憶を頭に残して死んでいくのでしょう。
それに、やはり、
超一流に触れるということは、
そのかもしだす雰囲気、香りのようなものを呼吸するわけで、
今夜は素晴らしい夜になりました。

藤十郎、芝翫、富十郎という人間国宝3人による口上の後、45分の休憩の間、
歌舞伎座の歴史を上映。
これが素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

名優たちの姿が紹介されましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

あの音源、映像を
松竹は大切な財産として保管していたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

これも、今夜だけ一夜のものにするにはもったいないものでした。
こんなところで、METライブビューイングの技術が生かされるとは。

最後の手締式は、
200人を越える幹部俳優がずらりと舞台に並び、
これを壮観と言わずして何を壮観というのか、というすごい光景。

↓は、翌日のスポーツ新聞に掲載された写真。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一枚。

クリックすると元のサイズで表示します

最前列に並ぶ大幹部たちの並び順はどうやって決めたのでしょうか。
何か伝統的な約束事があるんでしょうね。
上手端は菊五郎、下手端は幸四郎。
猿之助さんの姿も久しぶりに拝見出来て嬉しかったですね。

事務局長も手締め(三三七拍子1回)に参加しました。

↓その後の興奮さめやらぬ場内。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影OKのようなので、撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓スッポンからの花道。
ここをどれだけの名優が通って行ったことか。

クリックすると元のサイズで表示します

2階ロビーの名優たちの像。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口の雑踏。

クリックすると元のサイズで表示します

藤純子さん、寺島しのぶさん、そのフランス人のご主人らの姿も見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで見納めの歌舞伎座の姿。

クリックすると元のサイズで表示します

3年後 (正確には、2年11カ月後)、
新生歌舞伎座が誕生します。
閉場式があったのだから、開場式もあるはずで、
その時、列席できるのかどうかは不明。

その間は、
歌舞伎は、すぐ側の新橋演舞場が拠点となります。
↓は、地下鉄にあった広告。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この日だけの特別なプログラム。

クリックすると元のサイズで表示します

↓安斎重男撮影による写真集。
大屋根から奈落まで克明に写されて、
これで2500円は安い。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
4月最後の日は、
事務局長にとっての
ハッピー・ワン・ナイト・オンリーになりました。






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ