新年会準備と猿とハムの店  

今日は新年賀詞懇親会の出席受付締め切りの日。
締め切り日になっても
回答がないのは、
常連の4支部。
電話で催促してもらい、
出て来た名簿を整理。
招待業者から返事が来ていないのもあり、
出席は最低224
最高234
というところです。
今年の新年会が222でしたから、
例年並というところです。

会場のホテルパシフィックは
来年9月で営業を終えるので、
40年近く続いたこのホテルでの新年会は終り。
さ来年以降の会場を物色していましたが、
第1候補であるTホテルから、
来年1月6日を押さえたという連絡が入りました。
他に候補はありますが、
大体これで決まるでしょうね。


「暫定税率廃止を決めた」と聞いて、
「決断できない総理」が珍しく決断したな、
と思ったら、
新税を作る、
ということで、同じ
マニフェストにあった、
「暫定税率の廃止」は、
「暫定税率という名前の上乗せ税の廃止」だったはずで、
名前を変えて存続するなら、
これは明白なマニフェスト違反
それが分かっているから、
総理は謝罪している。
この言葉の遊びは、
官僚の入れ知恵か、
学者総理の限界か。
細川政権崩壊の原因になった
「国民福祉税の導入」に重なって見える。
我々は「朝三暮四」の猿ではないから、
だまされてはいけない。

朝三暮四
朝に三つ、夕方に四つの意。
宋の国の狙公が、
飼っている猿に、
餌の木の実を朝に三つ夕方に四つやると言うと、
猿が怒ったので、
それでは朝に四つ夕方に三つにしようと言い換えたら、
猿は喜んで承知したという寓話。
目先の差別に気を取られて、
同じことなのに気付かないこと。
また、人を騙して馬鹿にすること。(ことわざ辞典より)


話変わって、
一昨日の土曜日夜11時30分の
BS朝日の「STYLEBOOK」という番組で、
おいしいお肉を食べさせる職人芸のお店を紹介。
その一つが組合員のお店でした。
それは、吉祥寺にある

クリックすると元のサイズで表示します

マイスタームラカミ

クリックすると元のサイズで表示します

本格的ドイツのハム・ソーセージの店として有名です。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ日本に住むドイツ人や

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ料理のレストランが買いに来るというのですから、本当の本物。

クリックすると元のサイズで表示します

ご主人の村上さんの

クリックすると元のサイズで表示します

名人芸ともいえる技術が紹介されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

一度食べてみたい ! と思わせるものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

村上さんのことは、↓組合ホームページから

http://www.t-meat.or.jp/k/

「組合人物列伝」でどうぞ。

お店のことは、↓消費者用ホームページから

http://www.t-meat.or.jp/

組合員のお店

おすすめのお店の紹介はこちら

マイスタムラカミ

へ。

お店の住所・地図は、

消費者用ホームページから

組合員のお店

組合員の店舗リストはこちら

武蔵野市

マイスタームラカミ

へ。

マイスタームラカミのホームページは↓。

http://www.ham-murakami.co.jp/










トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ