ヤンキー先生と自民党の再生  

マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」は、
前夜、沢山の観客を集めたらしい。
Yahooのレビューは絶賛の嵐で、
☆5つばかり。
初日はファンが主に観たとしても、
こんなに高い評価は珍しい。
いずれにせよ失望させる出来ではなかったということでしょう。

アメリカの批評は、
読者評は平均「A」。
批評家は平均「B」。
「A」と「B」が並ぶ中で、
ニューヨーク・ポストが一人「D」で平均を下げていました。

↓は、市ヶ谷駅にあった広告。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、中吊り広告。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり川崎の109シネマズはIMAXで上映しているようです。


今日は直行で淀橋市場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

年に2回ほど開催される
中央卸売市場の「消費者事業委員会」に出席するためです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その話は、長くなるので、明日に回し
そのあと、参議院議員会館へ。
義家弘介 (よしいえ ひろゆき) 参議院議員に会うためです。

クリックすると元のサイズで表示します

義家先生と言って分からない方でも、
「ヤンキー先生」と言えば分かるでしょう。

来年の関東食肉連絡協議会の大会は東京組合が担当なのですが、
その記念講演の講師として、
ヤンキー先生にお願いしたのです。

組合顧問の中川雅治参議院議員のルートで依頼して、快諾をいただき、
本日、島田理事長と共にご挨拶に訪れた次第。

中川議員と義家議員は、
橋本聖子議員と共に
教育問題で鼎談したことがあり、
それは中川議員のホームページに掲載されています。↓

http://www.nakagawa-masaharu.jp/education/education01.html

この鼎談、大変素晴らしいことが語られていますので、
是非お読み下さい。

そうした縁だけではなく、
北海道組合提供の牛肉のバーベキューを
教え子たちに
ふるまっていただいた経験を持っておいででした。

更に、
島田理事長のお嬢さんとは、
明治学院大学で同年入学。
もしかしたら、キャンパスですれ違ったり、
学食で隣にいたかもしれません。

そういうわけで、↓記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

更に、島田理事長が新たに購入したハンカチに
サインをしていただきました。↓

クリックすると元のサイズで表示します

「夢は逃げていかない。
自分が夢から逃げていくのだ。」

いい言葉ですね。

義家議員の講演は、話がうまいので、有名。
自ら「私は肉食男子です」と言う
義家議員のお話で、
来年10月22日、
関東甲信越から集まった皆さんに
勇気を与えていただくことを期待しています。

ところで、昨日の国会論戦を見ていてつくづく感じたのは、
自民党の再生は困難、ということです。

谷垣自民党総裁が民主党政権を批判すればするほど、
「あなたには言われたくない」
「そのようにしたのは、どこの政党か」
と切り返される始末。
まあ、この切り返しも2ヶ月が限度でしょうが、
自民党が自らの過去を総括し、
本当に出直さない限り、
潜在的に、
いつでもこの切り返しに合うことになります。

敗戦から2ヶ月。
今だに自民党が
「わが党の失敗は何だったのか」
という総括をしたという話は聞こえてきません。
それどころか
そういう議論を本格的に始めた、
という話さえ出て来ない。
小さな言い合いはあったようですが、
それもいつもの「ガス抜き」程度の認識なのでしょう。

国会論戦の際、
自民党席をテレビカメラが映すと、
自民党議員が一様に白けている様が分かります。
特に、後ろの方に座る、
ずらりと並ぶ首相経験者たちの姿を見ると、
ああ、この党が反省するのは容易なことではないな、
と分かります。

というのは、
本格的な反省議論をすると、
この先輩たちを全否定することになってしまうからです。
「改革の最大の障害は、遠慮だ」
という言葉がありますが、
長老たちに遠慮する限り、
自民党が反省することはないでしょう。

しかも、長老たちは、反省していない。
せいぜい「まずかった」程度の認識しかないでしょう。
「民主党は1年ともたない、
再び我々の出番は来る」
と思っているとしたら、
永遠に出番は来ないというのに。

若手たちは、
このような「負の遺産」としがらみに
がんじがらめになりながら、
「自民党の再生」などを考えるより、
いっそのこと、新党を結成した方が
自分の政治信条を生かせると思うのですが、
そういう人も出て来ない。

事務局長は、数年前の偽装牛肉や全肉連騒動の時、
反省するには、能力が必要なんだ」
ということを悟りました。
残念ながら、自民党には、その能力がないように見えます。

本格的に自分自身を見直すことをせず、
その時その時を場当たり的にしのぐ手法ばかりたけてきた
人間には、
反省という言葉は、永遠に分からないでしょう。

中で、稲田朋美議員が
非常に本質的な提言をしています。

(事務局長は、女性総理がいつか誕生するとすれば、
この人だ、と密かに思っています。
ただ、この人は賢いから、
総理の座など平気で蹴飛ばすでしょうが。
野田聖子や福島瑞穂などとは
モノが違う、内容のある、女性議員です。)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

↑の提言、高邁すぎて、
今の自民党議員には、理解さえ出来ないかもしれません。


有楽町を通ったので、
いつものクリスピーでドーナツを購入して事務所へご帰還。
今の時期は、
ハロウィンの特別ヴァージョンのセット↓を売っています。

クリックすると元のサイズで表示します





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2009/10/30  21:05

 

適当に弄ってビチョビチョになったら肉 棒をズブリ……
後は腰振って出すだけで、月53万とか稼げるんだからボロイよな(笑)
 




AutoPage最新お知らせ