2007/2/19

久しぶりの小樽  旅(道南/道央/道北)

札幌まで出かける用事は沢山あっても、なかなかその先の小樽までは足を運ぶことがありません。
ましてや冬の小樽へ行ったのは初めてじゃないかな?
「雪」と「運河」は似合うだろうなぁと思っていましたが更に「あかり」が加わって思い出に残る小樽旅行となりました。

泊ったのは小樽運河が目の前のホテルノルド。
(運河側の会場からホテルを見たところ)
クリックすると元のサイズで表示します

正面の回転扉とステンドグラス、それに石造りの建物が小樽らしいレトロ感を漂わせていましたね。内装も女性好みかも?

「第9回小樽雪あかりの路」は2月9日から18日までのたった10日間のイベント。
以前から興味があったのですが、なかなか小樽までそれを目的には出かけられない。
ちょうど良い時期に結婚式に招かれたものです。
すごい人出だとは聞いていましたが・・・想像以上でした(^_^;)。


「小樽運河会場」の運河には浮き玉キャンドルが。

クリックすると元のサイズで表示します

運河沿いをずっと続く様々なあかりのオブジェを楽しみつつ歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します

どれも趣向が凝らされていて可愛いものばかり〜!
写真ばかり撮っていてなかなか先へ進めません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますピントが合わなくてボケた写真も多いのですが・・・(^_^;)
花びら型にくり抜いたあかりがわかるでしょうか?

これらのあかりはすべてロウソクのなのでそのゆらゆらと揺らめく様がまた暖かさを感じさせます。

クリックすると元のサイズで表示します「旧国鉄手宮線跡地」沿いの会場も可愛いあかりたちがいっぱいです。

ハート系が多かったのでカップルや子供達には絶好の写真スポットばかりで・・・(笑)
ま、私達女二人も負けずにラブラブ写真撮りましたけど!!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
雪を固めて作っただけとは思えないゲイジュツ作品も!

 ↓ は線路の跡地らしい氷のトンネル。
ここもなかなか人が途切れることが無く・・・シャッターチャンスが難しい。
とにかく運河も線路跡もすごい人で、毎年人気が出てきているイベントのようです。
さすが大観光地小樽ですねぇ!

クリックすると元のサイズで表示します

気温も高く(電光掲示板で+3.5℃)、雪がザックザクで十勝とは違った雪国でしたが、暖かいのはラクだなぁと感じた夜遊びでした。

あかりなので夜5時〜9時までのイベントです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/2/20  19:30

 

 火曜日、若葉さんと一緒に、今小樽でおこなわれている「雪あかりの路」へ行ってきました。天気予報では晴れという話で、札幌も青空に小雪が舞う程度だったので、好天を疑っていなかったのですが、着いたら軽く吹雪いていました。「天気予報のうそつき!」と口走りながら... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ