2017/9/19

タウシュベツ橋梁その2  十勝

崩れそうな部分です。

クリックすると元のサイズで表示します

確かに今にも折れそう!!

2003年の十勝沖地震の後、水が引いたら大きなひび割れが入っていました。

ほんのわずかな鉄骨だけで繋がってる感じですね。

そのすぐ横の1本。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも中が剥き出しですね。

内部の詰め石がむき出しになっています。

当時の工法で現場打ち鉄筋コンクリートの内部に割れ石を詰めているのが、容易に崩壊する原因でもあるそうです。

内部の石は丸い石なので湖周辺の石を詰めたのでしょうか・・・想像してしまいますね。

クリックすると元のサイズで表示します

現在、こんな感じでかろうじて繋がっています。



橋のことが詳しく知りたい方はぬかびら源泉郷の「上士幌町鉄道資料館」がお勧めです。

更にこちらのノロッコが超個人的におススメです(^^)。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ