2017/3/26

天体観測再び??  DIARY

クリックすると元のサイズで表示します

物置で眠っていた天体望遠鏡を起こしてみました。

レンズや鏡筒内がカビてたらアウトだなーと思ったのですが、奇跡的に無事!!

すごーい!

寒いけど湿度の低い北海道だからかしら〜?

※箱と鏡筒の外側はカビてました。


立ててみました。

クリックすると元のサイズで表示します

おおーっ。

何とか無事に立ちました・・・が。

重っ!!

これが重っ!!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらをどっこいしょ、と持ち上げて3本の足に乗せるのですが、まー重くて重くて。

いや、あとで考えたら重りだけ外しても良かったのだけど、この重りがとにかく重い重りで重りだから仕方ないけど重かった!(笑)

いやはや。

昔はひょいっと乗せられたものが今はどっこいしょやっこらしょ、ハァハァ・・・みたいな。

齢か・・・



正直、「買い替えか・・・」

「天文研の後輩に高橋製作所、いたな・・・」がよぎりました。



でもまぁ、とにかく今あるもので今はなんとかしないとね。

観測するには、ファインダー(上についてる小さいの)と望遠鏡の軸を同じにあわさなきゃならない。

像も上下左右反対に写るし、これがもう数年ぶりなので・・・

難しいわ!!

※3つのネジで固定してあるのを閉めたり緩めたりして十文字の中央に本体の中央がぴったりになるようにします。

家の前の歩道まで出して、遠くの山で十文字を合わせてたら通る車にガン見されてます・・・

いや、決して近所覗いているヤバい人ではありません・・・



住宅地ではこれはやめよう、夜にしようと再び夜。

クリックすると元のサイズで表示します

近所の駐車場に行ったら、まぁちょうど新月で観測好機ね!

遠くの・・・遠くの目印・・・がない!

遠くで光っている赤色ランプとかが良いんだけど見つけられない。


星で合わそうと無謀なことを考えましたが、十文字の中央まで寄せるのは無理でした。

やっぱ昼ね・・・遠くの山の上の鉄塔とかがちょうどいいんだけどね。

きっちり合わせないと高倍率の惑星とかは探せないから、これ重要なのよねぇ。


はー、また昼に出直しです。

でも照準があっていなくても見えるオリオン大星雲とか火星とか見ましたよー(低倍率ですが)。

久しぶりに感激♪



ま、そんなことをやっているとムショーに、軽いアルミ脚の天体望遠鏡が欲しくなったわけですねー

車に積むのも重いわー!!ってね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ