2013/7/24

1泊2日知床旅B  旅(道東)

ホテル地の涯の人気は露天風呂です。(庭園岩風呂写真

外にも登山客用の無料の露天風呂があります。

どちらも混浴で、宿泊客から女性専用時間の要望はずっとあるようですが、頑な(笑)に混浴を守り続けているという貴重な宿です(爆)。

ここに来て露天に入らないってのはないでしょ!と我ら3人、臆することもなく露天へ。

78歳、65歳に何も怖いものはないらしい(爆)。


行ってみると露天はとても広くて、手前に男性が3人入っていました。

手前の露天も広い造りでしたが、更に奥に「深い露天風呂あり」の看板。

階段を登ってそちらへ行くと、狭いけど深い湯船がありました。

幸い誰もおらず、3人貸切で入ることが出来ました。

というか、我ら3人が入っていると男性は誰も入って来れなかった・・・というのが正解か?

下の湯船から上は見えないのでいい感じ(笑)。

上から下は見えますが覗くことはせず(爆)。

のんびり30分くらい浸かっていました。

夜なので雰囲気良かったし!

やっぱ、この宿は露天風呂がお勧めです。


屋内の大浴場にも入って脱衣所から出ようとすると、60歳くらいの女性客2名が入ってきました。

露天に行きたそうにしていたので、「さっき男の方はほとんどいなかったから大丈夫ですよ」と声をかけました。

そのお二人さん、「やったぁ!」と喜んで出かけて行きましたが、即、帰ってきました(笑)。

手前に何人か若い男の方が入っていたそうで。

「もう一回一緒に入って!」と誘われましたが、のぼせるくらいだったのでお断りしました。

ちょっと悪かったかなぁ、と思いましたが・・・



翌朝、母と私は「朝の露天も良いよね!」と再び露天へ。

上の深い露天にカップルの方が入っていましたが、下には人がおらずのんびり〜まったり〜朝の露天風呂を楽しみました。

湯の色が薄緑色で(岩の色でしょうか?)とても綺麗な色なんですよ!

周辺は手すりやら工事現場風のものも設置されておりちょっと風情にはかけるのですが、湯船とお湯が良いので許しましょう(笑)。


さて、すっかり朝から満足した私達ですが、また脱衣所で昨日のお二人さんに出くわしました。

「昨日入れなかったので、また来ました。今日は一緒に入って!」と頼まれたので、しょうがない(笑)もう一回露天へ。

その時も上の湯船にカップルがいただけで、下の広い湯船は貸切。

母は帰りましたが、東京から来たというお二人と私と3人で旅の話で盛り上がりました。


聞けば夫婦2組で北海道旅行中とのこと。

え〜、それならご主人と一緒に入ればいいじゃん(爆)。

更にこの宿に泊まったのは温泉が目的とか。

何でも岩尾別旅情という歌があり、その作詞家?が大好きなその女性は北海道に来てどうしてもこの宿に泊まりたかったと。

クリックすると元のサイズで表示します

箸袋の裏に書いてあるというこちらです。

「露天に入れて本当に良かった!」と何度も感謝されました(笑)。

私達3人がきゃっきゃと大はしゃぎで入っていると、男性客が覗いただけで帰っていきました(爆)。

別にこっちは気にしないのにねぇ〜!



そんな混浴露天記でした。

ここは道外客を案内すると喜ぶかもね。

ご飯はまぁまぁ、値段は3人で35,000円くらいだったので知床にしては安いと思いますよ。

部屋も綺麗だし、ホテルの方もとっても親切でした。


私も初「地の涯」に泊まれて大満足でした。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ