2010/11/28

「カキえもん」の会  食べ物

「カキえもん」というのは「厚岸(あっけし)生まれの厚岸育ち・純厚岸産カキ」のことでです。

北海道では美味しいと評判の牡蠣で、厚岸といえば牡蠣、厚岸に牡蠣食べに行こう!・・・ってくらい牡蠣好きにはたまらない憧れの場所です(笑)。

その美味しい牡蠣を存分に食べよう!という会にお呼びがかかりました。

もちろん、行く、行く〜〜〜っ!

その日の朝・・・・

・・・・

お腹こわしました・・・・orz。

なんでや(゚o゚;

「生はやめとこう・・・」(でも行くんかい!)

クリックすると元のサイズで表示します

じゃーん!!生牡蠣です。

でも、出てきた牡蠣は仙鳳趾(せんぽうし)産の牡蠣でした。
「カキえもん」は厚岸のブランドなのでちょっと違います。

でも、実は・・・私は仙鳳趾(せんぽうし)産の牡蠣の方が好きなんだよねーやったぁ♪

釧路で時々出合うけど、厚岸産に比べて量が少ないのであまり出回らない。
帯広で仙鳳趾(せんぽうし)産に出会えるとはね♪

厚岸に比べて少し小さめ(2年ものが多い)だというけど、今回のは超LLサイズ!
まぁ、違うといっても厚岸の対岸(西側)が仙鳳趾(昆布森)なので、同じ海で同じエサを食べて育った兄弟みたいなものなんですが・・・


朝から正露丸糖衣とビオフェルミンを飲み続けてよかった(笑)。←オイ!


私がいちばん楽しみなのは牡蠣フライ。(即食べてしまい、写真なし(笑))

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは牡蠣の天ぷらにチリソースをかけたもの。

食べないと言ってた生牡蠣も隣の友人があまりにも美味しそうに食べるものだからついひとつ食べてしまいました(^_^;)。

クリーミーで味が濃くて甘くて、最高にハッピーな味でした♪


さすがにお酒はやめといたので、ワインと牡蠣を楽しめなかったのは残念ですが、その後お腹をこわすことはなく(^_^;)シアワセな夜は過ぎました。

ありがとう厚岸湾!!

ありがとう○○!! ←お店の名前


ほか、メニューは油淋鶏(ユウリンチー)、炒飯、タコのカルパッチョなどでした。

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ