2013/8/19

2泊3日宗谷岬ツーDラスト  バイクでツーリング

さて、紋別プリンスホテルに到着すると、ばったりとベッドに倒れ〜30分仮眠。

とにかく体が凝りました。

その後歩いてご飯を食べに出たものの・・・開いているお店があまりなく、結局通り道にあった「札幌海鮮丸」で寿司弁当を買って帰ることに。

こんなことなら宿で夕飯付きにしたら良かったかな〜と後悔しつつ、早く温泉に入りたかったのでまぁいいか(^^;。

今更「北海道で海鮮」ってこともないしね(爆)。

部屋でお弁当を食べ温泉へ。

ひゃっほ〜!!みたいな。2時間くらい入っていました。

出た後は無料のマッサージ機で体の凝りをほぐしました。

その後爆睡!けっこう早寝したように思います。

ツー3日目。

この日も朝から暑い。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方はずらーーーっとバイクが並んでいましたが、あれ?私が最後かな。

皆さん早い出発です。

私はのんびり朝ご飯を食べ(美味しかった!)、9時ごろの出発。

売店でお土産も買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

玉ねぎ丸ごと1個入りスープ。

小さな箱ですが、お土産はこれだけです。

バイクだとお菓子の箱とか買えないので、ある意味無駄遣いなくていいかも〜(笑)。

帰りは湧別〜置戸〜陸別〜足寄ルートなので200キロ強。

海を離れて山の中を抜けるルートです。

ずーーーっと森の中を走って十勝に入ったら開けた感じ、麦刈りが終わっていました。

この3連休、天気が良かったからね。

クリックすると元のサイズで表示します

けっこう暑くて陸別のセイコマでアイス休憩。

好きなパピコのコーヒー味。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼ご飯は〜!!

やった!3度目にして入れたコチラ。

足寄のヒツジ堂です。

クリックすると元のサイズで表示します

1度目は閉まってて2度目は混んでて3度目は空いてました(^^;

こちら足寄の『石田めん羊牧場』の羊肉を使っています。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろメニューはありますが、お昼は贅沢に!と選んだのは ランチのCセット(1,600円)。

前菜、スープ、パンまたはライス、本日の羊料理、デザート、飲み物が付きます。

クリックすると元のサイズで表示します

うわ〜、モリモリサラダ、嬉しい!

スープと続き・・・

クリックすると元のサイズで表示します

メインのお肉。

クリックすると元のサイズで表示します

サガリとモモ肉のグリルだったかな。

羊がめっちゃ主張してる感じです。

焼き加減もGOOD♪

デザートは抹茶のパウンドケーキでした。

クリックすると元のサイズで表示します

の〜んびりランチができて満足。

クリックすると元のサイズで表示します

店内素敵な感じです♪

ちょうど足寄の道の駅の目の前でバイクが沢山出入りするのを見ていました。

ここまで来たら後は洗車くらいなのでゆっくりです。


洗車はとにかく気になってて!!

バイクがオホーツク沿いの潮風で塩だらけでもう大変なことに(爆)。

以前はいつも町内で洗車していたのですが、スタンドの移転に伴ってなくなってしまい・・・

帰宅してから音更方面に行くかなと思っていましたが、途中の足寄で見つけることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

ホッとしたよ〜

洗車しなきゃツーリングが終わらないものね。


という長々と書きましたがようやく完結した2泊3日ツーでした。

1シーズンに3日×2回くらい行けたら私的にには満足なんだけどな!

バイクに派があるなら(笑)、私は「長距離ソロツーリング派」に属すかと。

1週間、10日との〜んびり北海道をバイクと旅したいです。

なのでこの時期道外から来るライダーが羨ましいです(笑)。

その大昔、大学生の時に愛媛から北海道へソロツーに来ました、20日間くらいだったかな。

それが北海道へ恋した始まり♪

その時の気持ちをいつも思い出すツーリングでした。


おしまい。

2013/8/18

プチツー  バイクでツーリング

ご近所ツー155kmでした。

ナイタイ高原牧場〜しほろ高原ヌプカの里〜帯広駅というルート。

お茶何倍飲んだかな?って(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはナイタイ高原。

めっちゃ濃い霧で、駐車場からレストハウスが見えないほど。

ライダーも多かったですね。

途中の豊岡展望台下から。(上士幌町)

クリックすると元のサイズで表示します

天気がいいとこの直線きれいなんだけどねー!

次はしほろ高原。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも霧が濃いです。

クリックすると元のサイズで表示します

お茶とお昼ご飯はここで。

クリックすると元のサイズで表示します

しほろ牛肉を使った牛丼。

今年の新メニューです。

赤味の贅沢なお肉を使った牛丼でした。

クリックすると元のサイズで表示します

欲しい籠があったけどバイクじゃなぁ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

欲しい陶器があったけどバイクじゃなぁ!

今度また車で来ようっと。


その後、帯広へ。

買い物兼友人のグラスビーズ展へ。

私のバイクだと持ち帰れるものが少なく(^^;服を1枚買いましたが、かさばる(笑)ので「袋要らないです」と。

友人のとんぼ玉。

クリックすると元のサイズで表示します

お客さんで「自分で買ったのが気に入ったので母に色違いを」とオーダーしている方がいらっしゃって、それもいいかも?と。

クリックすると元のサイズで表示します

母へプレゼントです。

今日は「しほろ7000人まつり」なので会場で買う芋と一緒に(笑)送ることにします。


ほか、勇三さんでお茶&オヤツとかしんむら牧場のソフトとか(写真忘れた)、カフェだらけちょこツーでした。

途中雨が降りましたが、ちょうど買い物中でカッパは着ずに済んでラッキーでした。

2013/8/16

今日から4日間  イベント(十勝)

バーゲンセールみたいですが(笑)。


友人のトンボ玉展示即売会が帯広駅エスタ東館で開催です。

クリックすると元のサイズで表示します

六花亭としんむら牧場のお土産屋さんの前です。

お近くを通りかかった方、ちょっと覗いてみて下さいね♪

2013/8/16

平原まつり  イベント(十勝)

午後から代休だったので帯広の平原まつりを見に行きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

当然浴衣です。

平原まつりを見に行ったというより、浴衣が着たかっただけか・・・?

いえ、浴衣を着るチャンスはあとわずか〜(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

今年2枚目の浴衣。姉の新品の有松絞りです、よく30年も眠ってたね〜(左です)

今でも十分着れるというのが着物(浴衣だけど)の凄いところ!

姉のは絞りが大きめで私のとはまた違う雰囲気。


友人は京都で誂えたという雪花絞りの浴衣。

似合ってるね〜!


まずは藤丸の2階で軽くご飯。

良い眺めの専用席です(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

その後通りに下りてパレードを見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年のことながら凝ってるね〜!

見ごたえあります。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間半のパレードを見てその後お茶して帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

楽しかった〜♪

2013/8/15

2泊3日宗谷岬ツーC  バイクでツーリング

どこまで書いたのかも忘れて、前の記事を読み返したツーレポです(笑)。

続き書く気あったのか>自分、みたいな。


サロベツ原野湿原センターに寄り道した後7キロ戻って再び道々106号へ。

昨年車で訪れたノシャップ岬、稚内はスルーして一路宗谷を目指します。

このあたりから風が強くなり、更に30キロほど走るのですが「遠いなぁ、宗谷」と思いながら170キロを走った頃「網走まで316キロ」という看板が!

えーっ!そんなに遠いの網走(笑)。

最初は網走で宿を探していましたが、花火が見れないので手前の紋別にしたけど良かったよ〜(笑)!

網走が宿だったらこの日は500キロ走るやんか!(爆)

この強風のなか走るのはキツイなぁと感じ始めていたので、もう本当に良かったよ>自分

『ツーリングは計画的に』

北海道は広いなーと実感(爆)。


でも紋別も遠そう・・・しまった宿はもっと手前の江差あたりにしといたらよかったか。
(実際ここから200キロ弱でした)。

クリックすると元のサイズで表示します

宗谷岬とうちゃ〜〜〜〜く!!

遠くに見えるのが碑ですね。

(あ、この写真を撮って下さった方とは今週の上士幌バルーンフェス会場で再会しました。旅にはそんな楽しみもあり・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

お昼すぎていますが、せっかく(笑)来たので少しのんびり。

同宿の方が私より後に出たのに先に到着されていました。

その方が「オホーツク側は風強いよ〜」と脅します(笑)。

そうなんだよね〜、前にバイクで来た大昔もめっちゃ強風だったんだよね・・・停めたバイクが倒れそうなほどの。

宗谷岬も三脚を立てられないほどの強風だったのでこの先心配・・・まぁ、いいか。

何とかなるでしょう、とその方とはお別れ。(連泊なのでその方は宿に戻りました)

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでありがとう>ロッシ(バイクの愛称です、ロッシのレプリカなので)

ここからも頼むよ〜!!


強風がさらに強くなるのが心配なのでご飯は食べずに出発です。

お腹すいた・・・


ここから猿払〜浜頓別〜枝幸〜雄武〜興部と南下しますがもうめっちゃ強風、とにかく強風。

それでも丘の陰とか防風林でもあればなんとか我慢できるけど浜頓別あたりの海沿いの道はめっちゃ白波立ってるし(^^;、カウルの中に伏せて「ヘルプ〜!!」って感じで景色見る余裕なし。

体中凝りました(爆)。

なので、このあたり一切停まれず写真なし。

励みは対抗車線のライダーのピースサインでした(ほとんど走ってなかったけど!)。


猿払には大きなスノーシェルターがあり、そのシェルターは途中にトイレがあったりとても立派な造り。

へぇ〜、これは珍しいなぁとキョロキョロ見てかなり減速。

シェルター出たところの陰にバックミラーで見たらパトカーが隠れていました(^^;

あ〜、ヤバかった!

単独走行だったし〜

皆さん、猿払のシェルターですよ、注意(笑)。 ←誰も行かない?


お昼は15時ごろ道の駅で。

枝幸の道の駅「マリーンアイランド岡島」。

とっても美味しそうなレストランがあったんだけど、なんと14時で営業終了。

まさか〜〜〜!!とかなり愕然としていたら親切なオバちゃんが「揚げ物ならできるよ」と。

クリックすると元のサイズで表示します

ホタテの貝柱です。

閉まっていたレストランですが「お茶も飲んでいいよ」と。

暖かいお茶〜〜〜!!

そう、今の心境的にはあまりにも寒いので、行きはあんなに食べたくなかったラーメンが食べたくて食べたくて!

稚内で16度でしたが、オホーツク側はさらに下がった感じで寒いのなんの。

宿の温泉に入るのを楽しみに走ってました。


出る間際にも「気を付けてね!」と声をかけていただき、冷えた心と身体が癒されました。

ありがと〜道の駅の売店のおばさん〜!!


さて、また走るか。

興部のノーズプレインファームの本店に寄るのを楽しみにしていましたが余裕なし(笑)。

宿の紋別プリンスホテルに到着したのは17時半でした。

クリックすると元のサイズで表示します

やったぁ〜天然温泉〜♪

「とほ宿」連泊でもいいんですが、気を遣うので疲れる時もあり〜

私としては「とほ宿」と「温泉ひとり宿」は交互くらいがちょうどいいんです、昔から。


クリックすると元のサイズで表示します

この日の走行356.8km、強風にやられました〜(笑)。

オホーツクの風、なめたらあかん〜


(もう大してネタないけど続く)

2013/8/14

休日  

私の会社は特に盆休みというのはありませんが、昨日は週末の代休でした。

街(笑)←帯広のこと に最近出てないので買い物がてらぶらぶら。

ぶらぶらすると、財布がどんどん軽くなるというか、レシートが貯まるので逆に重くなるというか・・・


勝毎花火大会当日という事もあって帯広の町は混んでいましたね。

豚丼屋はどこも大行列。

駅前のインデアンまで大行列。

長崎屋にもあるよ〜と教えてあげたかったけど、観光だと何処のお店で食べるかのほうが重要かな。


こんな時、地元の人間まで並んじゃいけない(笑)、空いてるお店でランチです。

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーが美味しいのとパソコンがあるのとで駅前の藤で。


ぶらぶらで見つけた戦利?品。

浴衣用の半幅帯。

クリックすると元のサイズで表示します

透け感のある涼しげな帯は持ってなかったので。

半額の3,900円でした。


しか〜し!

某呉服屋さんに住所と名前を伝えてしまったので後々の電話攻撃がやっかい(^^;です。


呉服屋さんといってもいろいろで、私が着物を習っているお店は着物を楽しく着れるように、普及をいちばんに考えてくれてて、もう2年くらいになりますが一度も着物をすすめられたことはありません。

かとおもえば、様々なイベントを次から次へと企画して顧客を個別に呼んで着物の購入を勧めるお店も。
最先端の技法やら着物を見ることはできるのですが、そんなン十万の買い物しませんて〜(^^;。

「いつかは欲しいな〜」くらいで夢見てる方が楽しいんです(笑)。


でも、呉服屋さんをのぞくのは大好きな私でした(あはは!)。


そんな休日でした。

9時に寝て久しぶりにすっきりと目を覚ましました、やっぱり充分な睡眠だね。

珍しく夢を覚えていましたが、それはバレンタインデーを忘れてチョコを渡し損ねたという変な夢でした(爆)。

2013/8/13

癒された  

週末の疲れを翌日まで引きずっていましたが、美味しいものを食べて癒された〜

礼文島のウニ食べた!

クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/11

余力なし(^^;  

週末はイベント仕事で余裕がありません(笑)。

早朝出勤し、帰宅も遅く寝るだけ(^^;

ブログ更新の余力が残ってません(笑)。

歳を取ると総量が減ってくるので(爆)。


今日も暑くなりそうですが、一日頑張りまーす!!



写真は先週の麦刈りが終わった十勝の風景です。
クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/10

至福  

「至福」って顔だよねー(笑)。

友人ちの猫ちゃんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/8

2泊3日宗谷岬ツーB  バイクでツーリング

宿入りして温泉へ連れて行ってもらいます。

はぼろ温泉が車で5分ほどの場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

露天もあるしサウナもあるしツー疲れを取るには温泉ですよ!

1時間半くらい入っていましたが長い?かなぁ(笑) ←宿の奥さまに言われた

私は自宅でも長風呂なので、毎日のことなんだけどね(爆)。

クリックすると元のサイズで表示します

夕ご飯。

甘海老の刺身や炊き込みご飯。

メインは鮭の醤油麹漬けのチーズ焼き。

朝ご飯はパンやジャムがとっても美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は東京からのオフロードのご夫婦が1組。

こちらはご飯が美味しいからと初宿泊。

同じく東京からのライダーが1人。こちらは毎年来る常連さん。

道内の私でも羽幌に毎年ってなかなか来れないのに!(笑)

2食付で5,800円です。+温泉代。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の中庭にはリンゴの木。

収穫はもうちょっと先の青いリンゴが生っていました。


翌朝、宿前でライダーズ年鑑用の写真を撮り見送られて出発。

宿にはこちらに泊まったライダー全員の写真を整理したアルバムがあります。


2日目は予報によると宗谷岬は午後から曇りということで昼の到着を目指します。

途中、初山別の道の駅と・・・

クリックすると元のサイズで表示します

天塩の駅に寄り道。

天塩の駅では少しのんびり。

実はこの日の宿を取っていなくてドコにしようかなと調べていました(^^;。

昔は気ままに気分次第で、いえ、天気予報で晴れる方面へツーリングしていましたが、たまにはそれもいいかと。

宿で見た「じゃらん」によるとこの日は花火大会を開催している場所が多くて花火見たいな〜って。

女満別だと網走湖のすぐそばで湖に打ち上る花火、いいじゃな〜〜〜い!!

楽天トラベルで調べて空いているホテルに花火が見えるか確認の電話。

呼人という少し離れた場所の大箱ホテルでしたが「残念ですがうちからは・・・」という答え。

そっか〜、網走湖も広いのか、残念。


そこで網走湖近くの丘の上のとほ宿か、天然温泉のある紋別プリンスホテルかで悩み・・・天然温泉に決定!

楽天トラベルより宿のHPのほうが200円安かったのでそちらに。

朝ご飯付きで5,800円だったかな。

天塩あたりですでに寒かったので温泉ポイントが高かったかな。

これが後々大正解。

『ツーリングは計画的に』

身に染みました(爆)。



宿を出て宗谷を目指しましたがどうしても寄りたいところが1か所。

サロベツ湿原センターです。

クリックすると元のサイズで表示します

道々から7キロほど入ったサロベツ原野の真ん中にあります。2011年にリニューアル。

とっても気になる施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

中は湿原の生い立ちなどをわかりやすく見やすく展示。

クリックすると元のサイズで表示します

飽きません・・・隅々まで見たい施設です。

施設を抜けると目の前?が湿原。

クリックすると元のサイズで表示します

木道が敷かれています。

これをじっくり、ゆっくり散策して回りたい〜〜〜、けど!

クリックすると元のサイズで表示します

こんな天気がいい日の優先順位はやっぱ「バイクで走ること」。

クリックすると元のサイズで表示します

走らなきゃ〜、というより走りたいので泣く泣く?施設を後に。

「また来るからね!」

クリックすると元のサイズで表示します

泥炭産業館は駆け足で見ていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

泥炭を採取するのに使うのが浚渫(しゅんせつ)船という船です。

クリックすると元のサイズで表示します

木道の側に展示してあったので、なんでこんなトコに・・・?と思いましたが、こちらの展示を見て納得。

湿原なので船で泥炭を採取します。

クリックすると元のサイズで表示します

水分を抜いてとても軽くなった泥炭。

クリックすると元のサイズで表示します

土地改良剤などに使われます。

以前からホームセンターなどで見つけるこちらの「サロベツ原野産」に複雑な思いでしたが・・・なるほどという感じです。

貴重な産業にもなっている湿原(泥炭)です。

掘りつくしたらいつかはなくなってしまうピートモス(泥炭)ですが、湿原を残したい派の私としてはやっぱり気持ち複雑かな。

日本で売られているピートモスはほとんどがカナダ産のようです。

こちらの施設、軽食のレストランも併設しています。



さて、名残惜しい施設を後にしてまた走ります。

利尻富士が本当にキレイです!!

クリックすると元のサイズで表示します

多分、続く・・・

(今週仕事が忙しくスミマセン!)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ