2013/7/31

訳ありマンゴー  

今年も届いた!

沖縄の訳ありマンゴー。

訳があっても(笑)絶品マンゴーです。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2013/7/30

いまさら  バイク

今更といえば今更ですが(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

バイク用のリアバッグを購入しました。

これで雨で濡れても大丈夫(^_^)v。

クリックすると元のサイズで表示します

じゃぁ今までどうしてたのかって?

「適当な持ってるカバンをくくりつけてました(笑)」

雨になったら濡れるので透明ゴミ袋かけて。

それでも濡れるので中身は全部ビニール袋に入れて(爆)。


そこまでしなくても、今はちゃんと「雨に強い」のが売ってるんですよ!

いや、なかなかビンボー生活が続いていたのでそこまで買い揃えられず(笑)。

たった3,980円なんですけどね。

いや、今も息子の仕送りが大変なんですが、そろそろリミットも見えてきたかと(爆)。

まだ、就職も決まっていない息子ですが〜


もうひとつこちらも。1,980円。

クリックすると元のサイズで表示します

今までどうしてたかって?

「適当に濡れてました」(笑)。


これで快適バイクライフ!


昨日届いたので週末に間に合ってなかったんですけど。

「雨が降りそう・・・」 → 「アマゾンでクリック!」(笑)

2013/7/29


週末旅人です。

平日は仕事してますから〜!

先週は毎日天気が気になって仕方なかったのですが、予報が60%、70%で2日間雨だったのでバイクは諦め、車で出たのですが、結果ほとんど雨降らず・・・orz

をいをい〜>天気予報

雨の後を走った感じでもあったので「ところにより雨」的な予報だったのでしょう。

予報では網走・北見方面は晴れだったのでそっち方面に宿取れば良かったぁ、と後悔しつつも新冠に宿を取ったので浦河方面の旅でした。



まずは土曜日。

9時前に家を出て、帯広の映画館へ。

見たのは宮崎駿の「風立ちぬ」。

このところ見たい映画を逃し続けているのでこれは絶対見なきゃ!

想像通り?のほのぼのと良い映画でした。

宮崎駿の描く女性はどうしてこうも美しいのだろう〜と。



バイクなら襟裳周りで新冠入りですが、車なら高速使って最短距離で!(笑)

200キロ強なので昼出でじゅうぶん〜〜

初日はほぼどこにも寄らす宿入りだったので、特に書くこともなく(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

景色が十勝とは違うことくらいいかな。

仲良さそうな親子の馬たちをたくさん見ました。


新冠に入ってからはいつもの不思議なアジアン雑貨店と・・・

クリックすると元のサイズで表示します

お菓子屋さんへ。

クリックすると元のサイズで表示します

サクサクパイのような限定パイシューに出会い、

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん食べました!

クリックすると元のサイズで表示します

その場でクリームを詰めてくれるのですが、お姉さん2個失敗してました(笑)。

難しいらしい。

これはなかなか絶品パイ&クリーム。

土曜日の、それも時間も2回限定という超レアさに出会えて良かった。

バイクじゃケーキ屋さんなんて寄らないからね(笑)、車で来て良かったかも〜


途中、スーパーやドラッグストアにも立ち寄りさまざまな買い物をしつつ、用事を済ませつつの宿入りでした。

あ、新冠で洗車もしたね。


宿はいつもの「とほ宿」。

クリックすると元のサイズで表示します

シカ肉のママレード煮でした。


お客さんは大阪からお一人と、札幌からお一人。

旅人宿でよく出会うのは私と同じ移住者の週末旅人。


札幌の方は移住15年目、宿主移住12年目、私14年目と似たもの移住者達でした。

意見が一致したのは、北海道の食べ物には慣れて新鮮さは無くなったけど景色はいつでも新鮮という点。

だから週末旅人してしまうのですよ(笑)!

皆、今でも北海道が大好きという移住者たちでした。


大阪からの旅人は元夫と職場が同じということで苦笑い。

相変わらず面白ネタの尽きない職場でした。


そんなこんないろいろな北海道話で盛り上がり旅人達の夜は更けました・・・

といっても11時就寝なので11時過ぎには寝ましたが、最近9時10時就寝が当たり前の私にはかなりの夜更かしで翌日眠かった(笑)!

最近は早寝早起きが翌日スッキリなので毎朝5時起きの早寝です(爆)。

そう、だからブログもいつも朝書いてます。


旅レポ、翌日へ続く。

2013/7/27

着付教室  コスプレ着物部

いよいよ始まりました!

真面目な着付け教室。

着物道への第一歩です。


どこの着物教室かというと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

【北海道着付師養成本部文化院】

ほほぅ!なるほど、そうだったのか〜 ←今までちゃんと習っていなかったので知らなかった!


今現在は「基本・本科コース」というのにいる?らしい。

この後「専科」→「技専」→「高専」と進んで本科コースが終了。

各3か月だったかな。

その後、「着装士コース」というのが4か月。

更に、ず〜〜〜っと続くのですが、どの辺まで習うのかというと、「着装士コース」という「人に着せられる資格」まで取れたらいいかな、と。

まぁ将来、「着物が着たい人」とか「家に着物が眠っている人」に着せてあげられれば、もうそれで十分です(^^)v、コスプレ着物部の発展のためにも!!(笑) ← 真面目に習う気はあるのか?


先日、グランフロント大阪の「カレンブロッソ」のお店の看板で見た・・・

クリックすると元のサイズで表示します

その気持ちだけです!!


さて、第一回目のお教室。

クリックすると元のサイズで表示します

補正の仕方や名古屋帯の結び方でした。

復習しなきゃ忘れそう・・・やっぱりボディ要るね!

ネットで探してみよ。


そして一緒に習うお仲間がひとり♪

嬉しいです、仲間が居れば私も頑張れる〜!!

続けられそうです。


この日は初の絽の着物。

7、8月は透け感のある絽です。

クリックすると元のサイズで表示します

左の友人も絽のような浴衣です。

右の私の絽は伯母にいただいたものですが、まぁなんてカワイイというか涼しげな柄なんでしょ!

帯はピンクの博多帯、こちらも夏用の帯締めも伯母からです>ありがとう!!

クリックすると元のサイズで表示します

あと3枚も頂きました>絽の着物

そして先日札幌で購入した絽(絹)の長襦袢も着てみました。

絹ですが・・・洗いました!

だって、夏に着る物をいちいち(笑)クリーニングに出せません。

まぁ、ダメになったら諦めよう、という軽い気持ちで洗いましたが、ちょっとパリッとしたくらいで特にダメージのない絹でした、ラッキー♪

絽の着物はポリエステル製なのでざぶざぶ洗えます(笑)。


その後、いつもの北の屋台の串揚げ屋さんに行きましたが定休日だったのでチェーン店のこちらへ。

クリックすると元のサイズで表示します

大阪のチェーン店という「かど屋」です。

クリックすると元のサイズで表示します

キャベツはお代わり自由。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、この細かなパン粉が大阪の串揚げですね〜

お任せコースで1品+12本で1,500円というのを頼みました。

けっこうお店は混んでいましたね。

ファミリーとかに人気かと。

ランチタイムもあるようですが7月30日までと書かれていました、行かれる方は気を付けて。


2013/7/26

知床1泊2日旅(ラスト)  旅(道東)

露天での〜〜〜んびり、宿での〜〜〜んびりしてから出発です。

朝からお会いした二組のご夫婦はカムイワッカ湯の滝へ向かいました。

世界遺産に指定される前は4の滝まで行けましたが、今は落石の危険もあり1の滝まで。

まぁ、素人ではかなり危険な沢登りなので、それも仕方ないでしょう。

それでも川を100mくらい登ることが出来るので雰囲気は十分味わえるかと。

1の滝壺の温度は低めなので温泉でじゅうぶんにあったまる・・・というほどではないそうです。


うとろ道の駅シリエトクに寄り道。

母はこけももソフトクリームを食べていました(笑)。

朝から好きやなぁ!!


あとは道々観光しながら帰るのですが、天気が良かったので小清水原生花園へ寄り道。

近くに以久科原生花園というのもありますが、小清水の方が周囲の景色が良いのでお勧めです。

クリックすると元のサイズで表示します

エゾキスゲが満開でした。

良い時に来た!!

花を見るなら6月下旬〜7月上旬です。花の季節は短いです。

クリックすると元のサイズで表示します

知床連山も遠くに見える良い空でした。

クリックすると元のサイズで表示します

原生花園駅には1両列車も!

クリックすると元のサイズで表示します

こちら片側がオホーツク海、片側はトーフツ湖というロケーションが抜群です。

クリックすると元のサイズで表示します

よくニュースで見る「小清水原生花園からです」という中継映像はこのhana上のライブカメラかと。

冬とか見るのが楽しみな映像なんですよね!

あ、ここでも母はジェラードを食べていました。

ここのジェラード屋は2軒ありますがどちらも美味しいです。


次は伯母のリクエストで摩周湖へ。

クリックすると元のサイズで表示します

これ以上ないという晴れですね。

いつ来ても綺麗な湖です。

クリックすると元のサイズで表示します

道民なのに食べちゃういもだんご(笑)。

ここと中山峠はなんとなく外せない芋団子スポットです(^^;



次に向かうのは美幌峠。

ふもとから見て雲がかかってなかったので行きます!

てっぺんだけ雲に隠れてる時がある場所です。(前回そうだった)

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅の横を登って峠のてっぺんまで。

景色がどんどん開けていくのでいいですよ。


そして、やっちゃった伯母65歳(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

その気持ちよ〜〜〜く、わかります。

クリックすると元のサイズで表示します

ほんっとに最高の景色でした。

雲の上にいるみたいですね〜

クリックすると元のサイズで表示します

頂上はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

屈斜路湖は日本最大のカルデラ湖で、美幌峠はその外輪山という事ですから、足元は火山性の溶岩でしょうか?

それが気になってしょうがなかった私です(笑)。



帰り、阿寒湖にも立ち寄りましたが、この摩周湖と屈斜路湖を見てしまったらもうどっちでもいいって感じで(^^;、温泉街を通過しただけでした。


1泊2日旅、おしまい!

(珍しく完結しました)

2013/7/25

ホクレンSSライダーキャンペーン2013  バイク

今年も7月1日から始まってます。

ホクレンSSライダーキャンペーン2013

知ってましたが、今年は集めなくてもいいかな〜と思っていました(^^;。


昨年集めた4本の旗です。

クリックすると元のサイズで表示します

ブルーの道北エリアが我が家からはちょっと遠いんですね。

確か苫前SSでもらったんだっけ。


でも!

パンフレットをもらってきたら今年の旗の柄がいいんですよ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年は北の動物柄でしたが、今年はライダー柄(爆)。

クリックすると元のサイズで表示します

「HOKKAIDER」というロゴ入りで。

北海道在住のライダーなのに旗欲しいってのもどうやねん〜!と思いますが、気分はいつでもツアラーなんですよっ。


今年は南北岬制覇をしようと思っていて、まずは襟裳岬なんですが、今週末は天気が悪そうだし寒そう(爆)なので、やめとくかも。

宿にも「晴れたらバイクですが雨なら車で(^^;」と伝えました。


まだ、夏はあるしね!!(爆)

2013/7/24

1泊2日知床旅B  旅(道東)

ホテル地の涯の人気は露天風呂です。(庭園岩風呂写真

外にも登山客用の無料の露天風呂があります。

どちらも混浴で、宿泊客から女性専用時間の要望はずっとあるようですが、頑な(笑)に混浴を守り続けているという貴重な宿です(爆)。

ここに来て露天に入らないってのはないでしょ!と我ら3人、臆することもなく露天へ。

78歳、65歳に何も怖いものはないらしい(爆)。


行ってみると露天はとても広くて、手前に男性が3人入っていました。

手前の露天も広い造りでしたが、更に奥に「深い露天風呂あり」の看板。

階段を登ってそちらへ行くと、狭いけど深い湯船がありました。

幸い誰もおらず、3人貸切で入ることが出来ました。

というか、我ら3人が入っていると男性は誰も入って来れなかった・・・というのが正解か?

下の湯船から上は見えないのでいい感じ(笑)。

上から下は見えますが覗くことはせず(爆)。

のんびり30分くらい浸かっていました。

夜なので雰囲気良かったし!

やっぱ、この宿は露天風呂がお勧めです。


屋内の大浴場にも入って脱衣所から出ようとすると、60歳くらいの女性客2名が入ってきました。

露天に行きたそうにしていたので、「さっき男の方はほとんどいなかったから大丈夫ですよ」と声をかけました。

そのお二人さん、「やったぁ!」と喜んで出かけて行きましたが、即、帰ってきました(笑)。

手前に何人か若い男の方が入っていたそうで。

「もう一回一緒に入って!」と誘われましたが、のぼせるくらいだったのでお断りしました。

ちょっと悪かったかなぁ、と思いましたが・・・



翌朝、母と私は「朝の露天も良いよね!」と再び露天へ。

上の深い露天にカップルの方が入っていましたが、下には人がおらずのんびり〜まったり〜朝の露天風呂を楽しみました。

湯の色が薄緑色で(岩の色でしょうか?)とても綺麗な色なんですよ!

周辺は手すりやら工事現場風のものも設置されておりちょっと風情にはかけるのですが、湯船とお湯が良いので許しましょう(笑)。


さて、すっかり朝から満足した私達ですが、また脱衣所で昨日のお二人さんに出くわしました。

「昨日入れなかったので、また来ました。今日は一緒に入って!」と頼まれたので、しょうがない(笑)もう一回露天へ。

その時も上の湯船にカップルがいただけで、下の広い湯船は貸切。

母は帰りましたが、東京から来たというお二人と私と3人で旅の話で盛り上がりました。


聞けば夫婦2組で北海道旅行中とのこと。

え〜、それならご主人と一緒に入ればいいじゃん(爆)。

更にこの宿に泊まったのは温泉が目的とか。

何でも岩尾別旅情という歌があり、その作詞家?が大好きなその女性は北海道に来てどうしてもこの宿に泊まりたかったと。

クリックすると元のサイズで表示します

箸袋の裏に書いてあるというこちらです。

「露天に入れて本当に良かった!」と何度も感謝されました(笑)。

私達3人がきゃっきゃと大はしゃぎで入っていると、男性客が覗いただけで帰っていきました(爆)。

別にこっちは気にしないのにねぇ〜!



そんな混浴露天記でした。

ここは道外客を案内すると喜ぶかもね。

ご飯はまぁまぁ、値段は3人で35,000円くらいだったので知床にしては安いと思いますよ。

部屋も綺麗だし、ホテルの方もとっても親切でした。


私も初「地の涯」に泊まれて大満足でした。

2013/7/23

1泊2日知床旅A  旅(道東)

釧路で好きなポイントは細岡展望台。

ここも外せないです。

湿原の東と西、どちらが良いかというと遠くから眺めるなら東の細岡、近くで見るなら木道も整備されている西の温根内木道がいいかな。

ただし、湿原って夏は虫が多いので(^^;歩くなら季節と天気は選んだ方が。

クリックすると元のサイズで表示します

蛇行した川が流れているのが綺麗です。

途中の道路からも達古武(たっこぶ)湖や釧路川の流れが見えます。


その後ちょっと寄り道して多和平展望台へ。

こちらはバイクで来るのも好きな場所。

クリックすると元のサイズで表示します

天気がいまひとつなのが残念ですが〜それでも二人はその広さに感激していました。

ちょっとここはスケール違うよね。

クリックすると元のサイズで表示します

斜里岳も知床半島も見えないねぇ、と話していたら!

クリックすると元のサイズで表示します

オホーツクに出たらこの天気

羅臼岳もバッチリ!です。

残雪が残って綺麗ですね〜

国後島もバッチリ見えました。

あまりに目の前にある国後に驚く伯母でした。

いちばん近いところで3キロという距離なので>北方領土

クリックすると元のサイズで表示します

ふもとの峠越えが楽しみな知床峠です。

いつもの羅臼道の駅に立ち寄った後、峠越えへ。


今年はとにかくあちこちに雪渓が見られていつもの峠道と違います。

とっても綺麗です♪(走行中の写真はありませんが)

クリックすると元のサイズで表示します

知床峠です、写真撮影をして目指すは5湖。

高架木道が何時に閉まるのかな〜と気にしながら走っていましたがクローズは6時半でした。


知床5湖の駐車場は狭くてとにかく渋滞するので朝か夕方が狙い目です。

わかってて16時頃の到着を狙いましたがそれでも渋滞でした。

20分くらい待ったかな。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの高架木道を歩くのを楽しみに来たわけで!

クリックすると元のサイズで表示します

海が見えるルートを抜けて、1湖まで続いています。

クリックすると元のサイズで表示します

1湖から高架木道を。ずっと奥の左の方が入り口なのでかなりの距離があります。

クリックすると元のサイズで表示します

椅子があるのでずっと景色を眺めていました。

ここまで来たらもう先を焦ることもなく〜

クリックすると元のサイズで表示します

本当に綺麗。

2010年の春に来た時もすごく晴れていて、この景色はもうないな〜と思っていましたが(^^;また見れるとは!

クリックすると元のサイズで表示します

羅臼岳もバッチリ!

ここで30分ほど過ごしてから、岩尾別温泉へ向かいました。15分で着きます。

クリックすると元のサイズで表示します

うわ〜!舗装はしてるけど熊でそうでヤな道〜(笑)。

バイクで熊に出くわしてからかなりの熊恐怖症(爆)。

クリックすると元のサイズで表示します

到着です。

立派な建物ですね。

どうしてこんな奥地に!

ここは羅臼岳登山の入り口という事もあり、登山客で賑わっています。


人気の混浴露天風呂に入れるか!?

続く!

2013/7/22

1泊2日知床旅@  旅(道東)

伯母を北海道のどこに連れて行こうかと悩んで、選んだのはやっぱり世界遺産知床。

何てったって世界遺産だからね、見とかなきゃ。


行くと決めたら1泊だけど、さて、宿どうしようかと?

母と二人ならいつもの旅人宿でもいいかと思うけど、伯母にはちょっと気の毒。

でも以前、宇登呂の大箱ホテルで超ガッカリしてるから、宿選びは悩みます。

(おススメ民宿、旅館情報あったら教えてね!)

今回泊まったのは私のみの意見(^^;で、世界遺産エリア内唯一ホテルの岩尾別温泉「ホテル地の涯」。

「地の涯」のネーミング、良いよね(笑)。

二人に大うけでした!



さて、またつらつら書いてると終わらないのでルートのみ。

1日目、朝7時半出発

@恋問海岸「道の駅こいとい」

A鮭番屋で朝ごはん

B和商市場

C釧路湿原細岡大観望展望台

D多和平展望台

中標津〜標津経由

E羅臼道の駅

F知床峠

G知床5湖

岩尾別温泉の宿へ



2日目、朝9時出発

@うとろ道の駅シリエトク

A小清水原生花園

B摩周湖第一展望台

C美幌峠道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」

D阿寒湖

士幌温泉プラザ緑風


というルートでした。

今回とにかく天気が良かったので、私の頭の中の(過去の)風景メモリーを何か所もリセット。

一番良かったのは美幌峠かなぁ?美瑛も良かったけど。



さて、釧路鮭番屋で朝ごはんです。

一昨日から水揚げが始まったというサンマ。

クリックすると元のサイズで表示します

サンマの刺身が400円でした。

「サンマを刺身にするなんて」と言った母、その美味しさにびっくり(笑)。

そりゃ、四国のサンマとは違いますでしょ!(爆)

ここのサンマは尻尾を持ったら立つからね。

クリックすると元のサイズで表示します

標津のホタテ300円(最近ホタテが高い)、この時期にしては大きめ。

何より美味しかったのが牡蠣。伯母さん絶句するオイシサでした。

本物「ししゃも」も食べたのは初めてだったらしく、いたく感激していました。

焼いてるオジさんとの会話も弾むお店です。


母の妹の65歳の伯母ですが、良い景色を見ても美味しいものを食べても子供のように無邪気に喜んでくれるので連れて行き甲斐(爆)があります。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方羅臼の道の駅で。

あっ、朝食べたホタテが88円だ・・・安っ!


こちらは和商市場。

クリックすると元のサイズで表示します

ここもまぁ、カニ見に連れてかないと、という場所。

相変わらず勝手丼も人気のようです。

花咲ガニの水揚げが始まったばかりで売れてたかも?

私はめんめが食べたい〜!

クリックすると元のサイズで表示します

安いねぇ、全く!(笑)

近くなら買って帰るのにね。



突然ですが、出かけるので続く(^^;)。

2013/7/21

あーよく寝た(笑)  旅(道南/道央/道北)

昨日の仕事、めっちゃ疲れて、帰って即風呂、即寝て11時間寝てました。

ばっちり回復!!

疲れたら寝るに限るわ〜

何より、疲れが残るお年頃ですので(^^;。


さて、続きです。

クリックすると元のサイズで表示します

マイルドセブンの丘でサッと写真だけ取り(駐車スペースごくわずか)、ケンとメリーの木を車窓から見せ、美瑛観光終了。

もう、ばっちり満喫したでしょう!(笑)

ここから上野ファームへ向かいます。


お酒好きとかラーメン好きなら旭川市内を経由しますが、そうでもないようなので市内を通らずに上野ファームへ。

途中にランチスポットはいろいろありますが、アイス好きの母と、洋食好きの伯母なのでエスぺリオをチョイス。

二人ともハンバーグを食べて大喜びでした。

こちら、混むので待ち時間ありです。



上野ファームは、前回風のガーデンに寄ったら母が喜んでいたのできっと良いかなぁと。

何より女性は花好きだからね!

激混みを予想していましたが意外と空いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

花もモリモリ繁ってる(笑)!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの椅子でのんびり休憩。

風が優しく吹いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

花っていいよね!

二人も満足した様子。

その後、三国峠経由で士幌まで。

途中、層雲峡の温泉街をぐるっとまわったのと、銀河流星の滝では記念撮影も。

クリックすると元のサイズで表示します

空には綿毛がものすご〜〜〜〜く、舞っていました。

これも初夏の風物詩!?

クリックすると元のサイズで表示します

三国峠はもちろんですが、このルートは大雪の山が綺麗に見えるポイントが何カ所かあるので気に入ってます。

クリックすると元のサイズで表示します

あと、三股山荘あたりの白樺林がとっても綺麗ですから、ぜひ見せたい北海道の風景です。

※ほんとは逆向きのルートの方が大雪の山が綺麗に見えます。伯母には時々「後ろ見て!」とも。


伯母は北海道の白樺は「わざわざ植えている」と思ったようですが、実は白樺は自然に生えたものがほとんどです。

白樺は寒い気候を好見ます。

更地になった場所にはまず白樺が生えてくる、というのを聞いたことがありますね。


その後、ぬかびら温泉郷へ。

渋好みなら湯元館なのですが、富良野で伯母がコインマッサージ好きとわかったので(笑)、糠平観光館へ。

ここなら休憩場所も広いのでゆっくり休んでもらえます。

町内で夕食も済ませ、帰宅したら寝るだけというコースでした。


翌日は釧路経由で知床、それも峠も越えて岩尾別温泉での1泊旅です。

この日が多分400キロ越え?

知床五湖の高架木道も翌朝より夕方歩きたいので(夕日側だから)、頑張って早起きして出発しました。


続きはまた書けたら書くね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ