2006/5/9

マ・メール  

MA・MAIL〜水で育てるメッセージ〜

という缶詰を貰い、水をやって2週間経つとメッセージ付き豆の芽が出てきた。
写りは悪いけど豆に「おめでとう」というメッセージが日本語で書いてある。クリックすると元のサイズで表示します

さて、我が家の問題はこの後。
『この豆は土に植えたら食べられるのか?』

缶の表には

1.Open (カンのフタをあける、笑顔でね)
2.Water (適度に水を与え、5日間ワクワクしましょう)
3.Message (芽が出たら言葉を確認。心のこもったフレーズに心おどらされます)

で?
それだけ?
その後はどうすんのよ!?

植えたいよ〜食べたいよ〜で、コレって何豆?
観賞用豆ってなら植えてもなぁ・・・と、真剣に「食べること」を考えている我が家であった。
この豆デカくて食べ応えありそうだし(^_^)。

誰か植えて育てて更に食べたことある?


2006/5/7


結婚式に出席する為に札幌へ行きました。
場所がなんと〜!
札幌駅前の「JRタワーホテル日航札幌」36階。

(^-^)//"" (拍手)
クリックすると元のサイズで表示します
始まりが夕方の6時からで、36階からの暮れゆく札幌の町並みを背景に式は進行。
最近流行?の人前結婚式ということで、参列者100名の前で結婚を誓うという・・・立会人は友人2名、そして結婚誓約書にサイン。二人の誓いの言葉もあったかな。(美男美女カップルで羨ましいです、新郎の身長186センチ!で体育会系)

目の前のウエディングケーキも本物、コース料理もゴージャス過ぎでした。
クリックすると元のサイズで表示します
1品紹介
「フレッシュ平目と生ハムで巻いた手長海老 シチリア風インボルティーニ サフランの香り」
・・・というなんだかぐるぐる巻かれた「手長海老」料理でしたが、その横に添えられていたズッキーニも何かをぐるぐる巻いていて、ひっじょーーに手の込んだ一皿。

デザートも3品、更にウエディングケーキ。祝い寿司(マグロに金箔で「寿」の文字入り!)と豪華すぎです、完全に会費を超えています(^_^;)。

2次会3次会の後、その日のお泊りも「JRタワーホテル日航」28階。

部屋の窓からの景色
クリックすると元のサイズで表示します

地球は丸かった・・・って感じでしょうか。
さえぎるものは何もなく、札幌の街中でさえ北海道の広さを感じました。
(左に見えるのがテレビ塔、正面の山が支笏湖付近の樽前山)

ゆっくり朝食ぎりぎりの時間まで朝寝をして、これまた35階のSKYバンケットルームでバイキングモーニング。
朝からこれまた手の混んだ品ばかりで・・・「昨夜の夜更かしがたたって食欲なし!」と言い切っていた女二人、「こんな美味しそうな朝ご飯を食べないわけにはいかない!」と即方針変更。
ちなみに一般1890円だそうです。
朝の札幌の町並みも最高。


2006/5/7

今日も十勝晴れ  十勝

毎日朝から晴れています。

この空を見るとつい足を止めて写真を撮ってしまいます。
本物?の朝の山はもっと鮮やかなんだけどなぁ、私の腕ではこの程度にしか写らなくて残念。

クリックすると元のサイズで表示します

思えばGW中はずっと晴れでした。
昨日の予報でさえ(今日は午後から雨)当たらない。
ず〜〜〜〜〜っと毎日晴れ。
農家さんもさぞかし畑仕事がすすんだ事でしょう。
(ビニールの)マルチをかけた畑は芋畑でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

今朝は7時に息子を音更サンドームまで(25キロほど)送った帰り道。
川沿いのあぜ道?に入って、この空を眺めながら朝ごはん。
コーヒーと新発売のじゃがりこ。(携帯の画像なので悪いです)
じゃがりこファンの私としては新発売は逃せない。
「激辛インドカレー味 数量限定」
小さいお子さんは辛いので注意するようにと書いてあったけど・・・本当に想像以上に辛くてビックリ。
小さいお子さんは気をつけましょう、後で口の中がホットになる味です。
でもやはりじゃがりこはおいしい、全国発売かな?

2006/5/5

春耕  十勝

十勝でもビート(甜菜)の植え付けが始まりました。
そばを通ると土のにおい、堆肥のにおい、春のにおい。
ビートの苗の植えられた直線が美しいと思う!

クリックすると元のサイズで表示します

ん〜端まで歩いたら長そう・・・

我が家のちっちゃい畑も春耕。
雪が融けたら昨年植えたネギが出てきた!
ネギってすごい生命力。
そしてなんて我が家想い(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
草抜きをして半分畑を耕しただけで腰痛(あぁ、)。
ネギの右側が息子の野菜畑、残り半分が私の花畑。
今年はハーブ畑も追加される予定。
そろそろ種植えOKかな?

2006/5/3

シュワスマン・ワハマン彗星  自然・趣味

5月1日は雨の後の大晴天で「今日しかない!」という彗星ウォッチャー日和。
月刊星ナビと双眼鏡片手に5月12日に地球に最接近するというシュワスマン・ワハマン彗星探しにトライしました。

偶然にもその日は、彗星の位置がヘルクレス座の腰の位置、それも2つの星のほぼ中央という探しやすい場所でラッキーが重なり、もう何がなんでも今日!と星の高度が高くなるのを待ちました。

さて、夜の9時。
私の住んでいる市街は街の明かりで星はあまり見えないので、ちょっと郊外まで10キロ程走り、光害の少ない場所に行きます。(実は私が「星の丘」と勝手に命名している観測スポット)

ところでヘルクレス座ってどれだっけ??
星図で見ると、まぁアバウトな星座(笑)なので、けっこう星が多い夜空では探せません(星座が大きすぎる)。
のでターゲットを変えて「かんむり座」ならこじんまりしている星座なので方角だけですぐに発見。
すぐお隣のヘルクレスもついでに発見。
そして腰の辺りの彗星スポットに目を凝らしても・・・凝らしても・・・「見えないっ!!」
その瞬間、かなりがっかり・・・。

そうか〜肉眼彗星じゃないのか〜今後、太陽に近づくので増光に期待。
仕方がないので双眼鏡で探す。
腰の上側の星をまず入れてから左下に双眼鏡をずらすこと数回。

な・・・ない!
それらしき淡い光は確かにあるんだけど、正直コレ!という確信が持てない。
彗星らしい淡い輝きはあるにしろ・・・淡すぎてわからない。
そうか、晴れてるけど透明度がいまいちなのね、と自分を納得させる。

彗星探しは過去何度もトライしているけど、正直この暗さは初めて。
でも初日は見つからなくても数日後は良く見えた、ということも多々あるので一晩で失望したりしないもんね。

また夜空が晴れるのを待つことにします。
ちょうどGWのお休みであること、月明かりもあまりないこと、また夜9時くらいから見えること(でも時間が遅いほど高度は高くなります)も重なってこれから2週間くらいが彗星観測好機です。
詳しくは国立天文台のHPで紹介しています、「謎の彗星」って。(彗星にもいろいろとドラマがあるのです(笑))

探しやすいのはこと座を通過する5月8〜9日にかけてではないかと。
こと座のベガの横にある平行四辺形の一辺に添って移動するので・・・

彗星を見る楽しさは、「確実に毎日位置が移動する」ことです。
見え方も日によって違います(しかし今のところは肉眼では無理かと)。

ついでに今は惑星も好観望期で、夜空で早くらやたら明るく輝いているのが木星、その真反対にある次に明るいのが土星、その左下?あたりから晩めに上がってくる赤い星が火星です。

2006/5/2

十勝石  十勝

と呼ばれている石が士幌〜上士幌周辺の農家の畑や川などで広く産出します。
名前は一般的に十勝石と呼ばれていますが実は黒曜石です。
黒曜石というと大昔から矢じりなんかで出土するあの黒い尖った石です。
原石はもちろん尖っていませんが、割れ方に特徴があり、鋭く貝殻状の断口で割れるのでナイフなどに加工しやすいのです。
その破片で野菜などは簡単に切れます。(切ったことあり!)

私は北海道での最初の3年士幌の下居辺(しもおりべ)と言うところに住んでいましたがそこも黒曜石の産地でした。
農家の畑や居辺川(おりべがわ)から丸くて黒い十勝石の原石が見つかります。

農家さんの芋堀りの手伝いをしていると芋と一緒に石が上がってくるので洗ってそのまま飾ったり、割って断面を眺めたりしていました(石好きです)。
日本でも産地は限られていて珍しい石なので我が家に遊びに来た子供達が喜んで持って帰ったりしていました。
私が天然の産地を見たのはアメリカの火山の火口(小さな破片)と十勝だけです。

その石を上士幌で加工、販売しているお店があります。
ギャラリーショップ十勝石」です。
十勝石を素晴らしい芸術作品に仕上げているので時々見たくなり立ち寄るのですが、先日は凄いものを見てしまいました。

メキシコ産黒曜石ですが、黒い断面が見る角度により緑色に光るのです。
その大きな原石を磨いたものと、ペンダントにしたものがありました。
そのグリーンの深い色というか輝きというかすっかり魅せられてしまい・・・(さすがに写真を撮らして欲しいとは言えず(笑))

帰ってから我が家の十勝石もまた出してきて眺める始末。
黒曜石のこの深い黒色に惚れています。
このお店で私が欲しいと思うものは万円単位ですので、なかなか買えませんが、時々立ち寄ってその石を眺めているだけで幸せ(^-^)です。

一見の価値有りの石です、HPでも工房の作品は紹介されていますが、石の輝きが写真と本物とは全く違います。
石についての詳しい説明もあり、産地も独自に調査しています。

我が家にある貴重なギャラリー十勝石の作品は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

上の「鳴きうさぎ」を彫った置物。
下の原石は私が畑で拾ったものです。
春先にまた石拾いに行こうかな〜・・・

十勝石の原石は士幌の道の駅ピア21で見ることが出来ます(握りこぶし大300円くらいで販売しています)。
割ったり磨いたりするときれいな黒色の黒曜石の断面が出ます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ