2006/5/17


もう完結させよう(笑)・・・すっかりGW気分も抜けてしまったし。

結婚式の翌日はそのまま帰るのも勿体無いので札幌観光です。
といってもショッピングではなく、晴れたら散歩してみたかった大通公園へ。
花壇が楽しみ(^-^*)〜でしたが、ちょっとまだ早かったかな。
雪が解けたばかりの花壇はチューリップがまだつぼみ、咲いているのは植えたばかりのパンジーでした。
でも色とりどりの花壇、噴水、テレビ塔!?に出会えたので満足。
クリックすると元のサイズで表示します
それにしてもすっごい人!
どこから一体こんなに大勢・・・(。・o・)
札幌って都会だったんだ〜〜〜十勝に住んでてこの人出は見ないよなぁ・・・と変なトコに感心。

そういえば3日にも久しぶりに渋滞を見た。
札幌方面から道東に向かう車の渋滞、夕張インター降りたところで10キロくらい?と、日高でも信号渋滞が。
関西に住んでいたらまずどこでも渋滞、宝塚インター上がったらすぐに渋滞、近所の国道入ったら渋滞、駐車場に入るにも渋滞!と渋滞なしではどこにも行けなかったのにね〜最近忘れてた(笑)。

この大通り公園の人たちは観光かな〜?ご近所の散歩かな〜?と思いつつ私もベンチで日なたぼっこ。はぁ〜シアワセ。

と!
いつまでものんびりしていられない、今日は十勝まで戻らないと〜息子もひとりで留守番させてるし。
買い物をしていた友人と待ち合わせ、車で郊外へ。
ガイドブックでチェックしていた「ろいず珈琲館旧小熊邸」へ。
写真で見て是非とも入りたかった建物。
クリックすると元のサイズで表示します
昭和2年に建てられた北海道帝国大学農学部の小熊博士邸がこの場所に移築され現在は喫茶店に。
藻岩山ロープウェイの乗り場付近の高台にあり、あと1週間遅ければ桜が満開だったのにな。

GWということもあり、狭い店内はほぼ満席状態で煙草の煙が店内に充満していたこともあり外のテラス席へ。
建物保存の意味からも店内は出来れば禁煙にして欲しいなぁ。
春の風と美味しい珈琲、これまた大変シアワセな時間でした。

更に短い時間で札幌を満喫しなければならない我ら女二人、次なるランチのお店へ。
またまたガイドブックでチェックしておいた伏見のANTICA TRATTORIA La Cllinetta(アンティーカ トラットリア ラ・コリネッタ)へ。
名前が長っ!イタリアンレストランです。
手軽な値段でランチ(1500円〜)ができパスタ、パンどれも美味しい、というか女性が好きそうなメニューです、得にデザート。(3品もあるし〜(^-^*))
クリックすると元のサイズで表示します
季節がよければテラスも素敵です。
場所がちょっと分かりにくいのと入り口の急坂が冬はコワイと思った(^_^;)。
駐車場も狭いので早い時間か遅い時間帯が良いかも?ランチは3時までで、外観も素敵です。クリックすると元のサイズで表示します
札幌郊外で素敵なお店を2軒も発見し、お腹も満たされ大満足!
他にもこの辺りには入りたいお店があったけど、しか〜し1日4食も5食も食べられないのでまた次回のお楽しみです。

さて、時刻は3時を回ったので十勝に向けて帰らねば!
またまた道の駅マオイの丘などあちこちより道しつつ、ソフトクリーム食べつつ、焼き鳥かじりつつ(日高のセイコマの焼き鳥がおいしい)、どこも渋滞もなく夜の9時ごろ無事士幌に到着。
車の中では「私がなぜ北海道に引っ越してきたか(「移住」ではないつもり)」話で盛り上がり?これはいつかブログのネタってことで・・・

なんだか私にしては北海道らしくない?旅行でしたが、たまには子抜きでリッチにホテル泊まりも良しとしましょう・・・いい思い出になりました。

おしまいっ、お付き合いありがとうございましたm(。_。)m

2006/5/16

何してんの?  士幌町


通勤帰りに、キツネが一匹トコトコと車の前を横切ったかと思うと・・・
畑の真ん中に座り込んでしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ん〜、何してんだろう?と、暫〜く見ていましたが動く気配もなし。
だだっ広い畑の真ん中でキツネは何を考えた???

ちょうど冬毛から夏毛に変わる時期らしく、毛の長さが揃ってないマダラキツネでした。


そうそう、ついに士幌にも桜前線が到着しました。!
朝の通勤途中に道路沿いの桜が咲いていて「ヤッター!オメデトー」ってナゼか喜んでしまいました。
伊丹(兵庫県)で満開の桜を見てから1.5ヶ月後、ここまで良く来たね〜って感じ。
いつか沖縄を2月に出発してゴールは北海道の5月末という、桜前線と共に北上する旅をしてみたいものです(^_^)、う〜ん贅沢。

クリックすると元のサイズで表示しますところで士幌の桜、明日咲こうっていう蕾なのに、先に葉が出てズルいんじゃない!?
「ちょっと待て!」
葉が出るのは花が咲いてからにしてくれ〜っ

葉の伸びる勢いって凄いんです。
今街中が鮮やかな「きみどり色」に包まれています。
勢いのある新緑って本当に「黄緑」なんですよ〜目が痛いくらい鮮やかな色です。

2006/5/14

お花見  十勝

行ってきました、雪の降る中(笑)。
楽しみにしていた帯広緑ヶ丘公園の「おびひろ桜まつり」は雪&みぞれのため中止、がっかり〜

ので先に北海道立帯広美術館へ。
「バルビゾンから印象派」の特別展では普段はなかなか見られないコロー、ミレー、モネ、ルノワール等‥の生絵画を鑑賞。
ミレーの有名な落穂拾いの原画となったエッチングなどが印象的でした。

雪なのでほとんど人はいないだろうと思っていたら結構混んでいて・・・私と同じ桜まつりがっかり組か?
思いもかけず、美術館のガラス張りの壁からの桜が満開で、喫茶室からコーヒーを飲みながら花見を満喫。(コーヒー1杯¥250という値段にも満足)

雨も小降りになったので、動物園方面に散歩に出かけると、エゾリス発見〜!
クリックすると元のサイズで表示します
最初は足元を跳ね回っていましたが、あっという間に木のてっぺんまで!
今は営巣中かな?

桜も見ごろで満開でした。

クリックすると元のサイズで表示します


2006/5/14

雪っ!  北海道の暮らし

降ってるっ!外っ!!

何気にパソコンをしながら外を見ると!

慌ててMY花壇に置いたままの花苗を回収、枯れちゃうって〜〜

みぞれ雪が降っています、だんだんとぼたん雪になっています。
今日は雪見じゃなくて花見なのに(笑)。
う〜ん、この期に及んでも降るか、雪。
根性あるなぁ(意味なし)、あはははは〜(笑うしかない)。


2006/5/13

夜桜見物  十勝

音更神社が夜桜のライトアップをし、お祭りだというので行きました。
・・・が、

しまったぁ〜!やってないぃ〜〜〜!

私の勘違いか?今年はイベントないの???
し〜〜〜〜〜んとした境内に私と息子だけ。
屋台のフランクフルトを楽しみにしていた息子よ、ごめん。

せっかく来たのでゆっくりと夜桜見物。(開花中ライトアップしています)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますこの桜の咲く時期にしか販売していないお守り、桜の形をした「桜守」¥800也、桜湯付きです。

音更神社は街中にあるのですが、樹齢の350年(推定)のハルニレの木やエゾリスが棲む森として有名。
なのでこんな張り紙も・・・

クリックすると元のサイズで表示します
使わせてあげたい気がした・・・(^o^)

(左の写真をクリックして読んでください)



2006/5/13


1週間の仕事も無事終えてホッとしたとこですがまだまだ続きますGWネタ。

立ち寄ったお店の紹介。
まずは道の駅「マオイの丘公園」長沼町。
ちょうど士幌から札幌のルート途中にあるのでいつも立ち寄りますが・・・この時期の人の多さに驚きました。
車を停めるスペースが全くないほど!
対向車線では(札幌方面から)道の駅に曲がる車の右折渋滞が起こるほど!

おそらくみなのお目当ては野菜や花の直売所。
地域の方々がお店を5〜6軒かなぁ?出していて野菜や果物、花の苗、ちょっとした食べ物(やき餅やコロッケ、フランクフルトなどなど)を販売しているのです。
安いものから高いものまで、地域のものから関係ないものまで(普通の八百屋さん状態?)、そこに沢山の人だかりが!
私のお目当ては以前に美味しかった「ヤーコンのお漬物」でしたが季節違いでした(秋に行かないとね)。

長いもや大きい「なめこ」などを購入し満足満足・・・
(私としたことが写真を撮るのを忘れました)

その後長沼町内にある仲野農場直営レストラン「ハーベスト」へ。
以前に友人に教えてもらい、片隅に覚えていたのでこの機会に捜して行ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
窓から見える風景がまさに「北海道」でした(笑)。
十勝(鹿追)にある「大草原の小さな家」に似てるかな。

大変混んでいるお店らしくお店の前には行列が!(ましてやGWだしね)札幌圏に入ったんだなぁ、という妙な実感が。
(その昔関東圏に入るとどこも混んでいる、というあの実感です)

私達の席は窓に面した半円のテーブルで、店内は混んでいたけどのんびり農園風景を眺めながら食事が出来ました。

食べたのは「農園ハンバーグ(小)」¥1,050です。クリックすると元のサイズで表示します
感想としてはハンバーグのソースがりんごベースで甘くて美味しかった(仲野農園さんはりんご農家さん)。
なので食後の飲み物は是非りんごジュースに!

食後にケーキをチェックしていたのですが、お腹がいっぱいになりすぎて次回に・・・ということになりました、それが心残り(笑)。
お茶だけに寄るのも良いですね、ただし時間のあるときに(のんびりしたいお店ですから)。

2006/5/11

記事カテゴリ  DIARY

が自分でも訳わかんなくなってきたので、記事カテゴリの整理をしようと始めたものの・・・何気なく書き綴っている記事も既に146!
50ほど整理して疲れたので止めました(なんでもこんな感じ>自分)。
後の100弱は暇を見て整理します・・・(^_^;)
(旅を道外やその他地域などに分けましたので少しは分かりやすくなるかも?です)


パソコンは窓に面した机にありますが、ふと外を見ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど夕日が沈むところ、夕方の6時25分。
綺麗だな〜と、しばし見とれていました。
北海道でこの時間だと、実家のある愛媛は更に1時間後くらいかな〜?と昔実家の窓から見ていた夕日を思い出しました。

今日は会社をお休みしました。
なんと珍しく「熱が出た」!!!のです。
う〜ん・・・何年ぶりだろう。
今は熱も頭痛も治まったし就業時間も過ぎたので(笑)こうして遊んでいます。

昨日は士幌で夜回り先生こと「水谷修」氏の講演会がありました。
2年前にも帯広でお話を聞く機会がありましたが・・・自分の子育てを振り返り、耳の痛い話ばかりでした(^_^;)。

嫌がる息子も連れて行きましたが「人の話を聞くのはキミの人生にとってこれから最も重要なこと」と言ってもまぁ16歳の息子は理解を示してはくれません。
私が息子の立場でもきっと「うぜぇ!」と今風に思うのでしょうか?
聞いた後は息子も「とても良かった」と言っていましたが。
子供にも飽きさせない話しで、とても上手なのです>水谷氏

親はもちろんのこと、地域で学校で、全ての大人たちがもっともっと子供を大切にしなければならないと思った講演会でした。

・・・でその講演会を聞きながら悪寒が止まらず、帰って計ると熱が出ていました。(講演会と関係有りか??友人は更年期と・・・>まだ早いってば!)

2006/5/11

京都土産  食べ物

友人達が京都に遊びに行ったのでいろいろと面白い?美味しいお土産を頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちりめん山椒、ご飯がすすむよね。
あの噛んだ時のピリリ感がたまらない!
(息子は敢えて山椒を避けて食べていますが・・・)

柚子飴に祇園ちご餅・・・ん〜京都を感じるわ(笑)。

あと、京つけもの「もり」の若たけのこ(のお漬物)。
皮をむいてお召し上がり下さい・・・とあるけど若竹の子丸ごとお漬物なので皮って何枚?
クリックすると元のサイズで表示します
結局写真右側が皮、左下が身でした。
皮20枚くらいあったよ〜

でも勿体無いので皮の下の柔らかい部分は食べたし〜(笑)
お漬物は優しい歯ごたえで味も良かったです、丸ごと漬けちゃうさすが京都!?

2006/5/11

ミニトマトのジェラード  食べ物

十勝野フロマージュのジェラードアイスです。

クリックすると元のサイズで表示します

ひとつはミルク、ひとつはミニトマト。
よ〜く見るとミニトマトの断片が(^o^)。

コレが意外とさっぱりしていて美味しかったのです。味はしっかり完熟トマト味。トマト好きにはたまらない!

中札内道の駅または中札内にある十勝野フロマージュのお店で売っています。
このお店はチーズ作りでも有名ですが、カマンベールタイプチーズの「コクワワインウォッシュ」は少しクセがあるけど美味しいです。


2006/5/9


札幌のホテルに泊まった翌日、あまりにも天気が良いので駅から大通方面に散歩に出かけると・・・
途中にやたら大勢の人だかりが。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてこのビルの谷間にレトロチックな建物。
はて・・・?
考えること数分、上の方に目をやると見覚えのある時計が。

「アレ、もしかして札幌時計台?」
こんなトコに建ってたっけ〜?と疑う自分。
道を渡って看板を確認してようやく納得「やっぱり時計台だ〜!」
そういえば・・・
時計台を正しく認識したのは2度目。
一度目は10数年前の初北海道(バイク)で、有名な時計台をひと目見ようと捜したものの・・・ビルの谷間の時計台にがっかりし、おまけに夏なので木が繁って時計も隠れてよく見えず、早朝で交通量も多かったこともあり、とりあえず写真だけ撮ってものの1分で時計台を後にした・・・のが1回目。

それから10数年後こんな偶然にお目にかかるとは!
あの時は時計台さんごめんなさい、ライダーが目指すのは道東だったので札幌や旭川は眼中になく・・・(他一切観光してないし)。
札幌に遊びに来たいと思うようになったのもここ1、2年のことで北海道に来てからも私の目は東と北と上(山)を向いていて(笑)。

近寄ってみると、なかなか古くてよさげな建物。
更に、あれ?入館料?
って〜ことは中に入れるの?
ってそもそも札幌時計台って何?

という何も知らない自分を少々恥ずかしく思いつつも、200円を払って観光客気分で中へ。
建物の作りもさることながら、1階には北海道の文化財指定の建物などの写真がずらり。
更に2階は100年以上も時を刻む時計台の仕組みなどいろいろ・・・
詳しくは「札幌市時計台」HPで。

札幌時計台が実は「旧札幌農学校演武場」(北海道大学の前身)だったというのも始めて知り、その初代教頭がクラーク博士というのも・・・(クラーク博士くらいは知っていたが)。

1階の展示で札幌やその他の地域にも古い建物が残っていることも知り・・・また次回の楽しみとする。
そういえば北大も行ったことがないんだよなぁ〜、いつか行きたいな。

思わぬ偶然で観光気分を味わい、お土産に絵葉書と立体カードまで購入して家に飾ったという札幌時計台レポでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ