2006/3/19

ラスト糠平(ぬかびら)  アウトドア

今年一番良く通った上士幌町の糠平スキー場での滑りが今年最後となりました。
営業が26日までの為、私が糠平へ行けるのが昨日の土曜で最後。
ここの山頂は雪が最高でした(寒さも最高でしたが)。

少しでも朝早くのいい雪で滑りたいのでリフトが動く9時に到着。
圧雪の硬い雪でしたが緩んでいない雪面を満喫。
少し暖かくなると表面が解けてちょうどいい軟らかさ。
ガリガリでもなく、フワフワでもない、春スキーにしてはいい雪でした。

でもエキサイトコースのコブ斜面は雨が降ってガチガチに凍ってしまい今年はもうダメ。
羽毛のような雪のいいコースだったのになぁ・・・

最後の糠平が名残惜しいので休憩も取らず9時〜ひたすら滑る。
さすがに2時過ぎてお腹と背中がくっつくか!?と思うほどお腹がすいたので終了。

新メニューの「タヌキうどんとハーフカレー」¥800という微妙な組み合わせの昼食を取る。お腹が空きすぎて全員無言で食べる!

そしてやっと一息。
いやぁ〜ほんとにボードって楽しいよねぇ!
最初は師匠と二人で始めたボード修行だったけど最後はメンバーが増えて4人に。
女4人で来年は揃いの「かぶりもの」でも作るか〜!と盛り上がる。

滑りってその人の性格がよく出てる。

Mちゃんはその真っ直ぐな性格で一直線に凄いスピードで木の葉で滑ってくる。ターンをあまり使っていないのに師匠に追いつく早さ。

Sちゃんは慎重派でゆっくりと丁寧にターンを重ねて滑ってくる(性格も仕事も几帳面)。

師匠は軽く流して滑ってるけどタマに「何してんの?」ってところで大ゴケしている(トリッキーな遊びをしているらしい、が誰も知らず)。
彼女の滑りながらも笑いを取る「しずちゃん」流(笑)。

私はボードと一緒に滑ってんだか?転がってんだかと?いう強引な滑り。(ゲレンデでは根性あり(笑))

今回はジャンプ台でも遊んでいたので着地失敗してゴロゴロ転がって全身筋肉痛なんだか打ち身なんだか・・・?
ジャンプは来年もうちょっと体重を落として挑戦しよう・・重すぎて身体が浮かず(爆)。

・・・と!
ボードの話をしていると尽きないね。
はぁ、その楽しいゲレンデ遊びも今週で終わりです。
21日の祝日は富良野かサホロへ行こうかな〜
24日〜は富良野泊まりでボードを満喫。
そして今シーズン終了。
はぁ、残念っ・・・!
また春は腑抜けになりそうだわ〜〜〜〜。

2006/3/19

ふるさと銀河線の旅B  旅(道東)

なかなか到着しないこの銀河線の旅、それもそのはず!?途中駅が楽しすぎるんです。

単線なため、各駅ですれ違いによる待ち合わせが発生し、5分10分待ちが当たり前のこの電車、ふと隣の席を見ると人が居ない。

あれ?降りてる!?
って〜か、降りていいの??

電車マニアな人たちはどうやら各駅ごとに降りて写真を撮っている様子。
クリックすると元のサイズで表示します
なんだなんだ、知らなかったよ。
私も早速降りて駅舎と電車と記念撮影。
開/閉ボタンの都合上、前降り後ろ乗りなので電車が止まるたびに前から人がゾロゾロ降りて、ぐるっと回って後ろから降りるの繰り返し。(やってる自分も可笑しいし)。

更に時々駅では大きな三脚とカメラを持った人がこちらにレンズを向けている。
1時間に1本来るか来ないかの電車を待って写真を撮っている様子、凄いなぁ・・・となんとなく感心。

そういえば、途中大きなカーブに差し掛かった時などにぽつんと車が止まっていて何だろうと窓から見ていたら、望遠カメラがこっちを向いている、というのも何度か目撃した。
そんな時はすぐ窓から離れたけど、私が窓に張り付いたまま写真に映っていたらゴメンなさい・・・(>_<)。

途中駅が楽しい、というのは駅舎があるなしにかかわらず、取り壊すのが惜しいものばかり。

クリックすると元のサイズで表示します

上利別(かみとしべつ)の駅舎、レトロな雰囲気が何ともいえない。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
他にも、ホームだけの駅や小さな小屋ひとつだけの駅など、次にどんな駅に到着するのかが楽しみでゆっくり座っていられないのでした。

また駅があるということは人が住んでいるということ、駅から続く道にその人の暮らしぶりを想像するのも楽しい。

朝一番に歩いたらしい駅から続く上り坂の上に一体どんな人が住んで居るんだろうと考え、またこの駅が廃線になったらきっと不便になるんだろうなと想像するとちょっと悲しい。
周りに道も無いような山奥や何もない平原の中をこの線路は走っているのです。

ちょっとしんみりしつつもどんどん電車は北見へ進む。

途中の大きな駅「置戸」で、電車マニアな人がほとんど一度に降りてしまったのは何だったのか?
そこで次の便に乗り換えるのかな?
降りる前に聞いてみたかった(ただのミーハー根性です)。

北見へ近づくにつれ、中高生や家族連れが乗り込んで乗車120%に。
1時間未満の距離なら北見へ買い物に行くのに便利なのでしょう。
部活っぽい学生も居たので、通学電車にもなっているのかな?

車内が賑やかなまま、乗車した早朝から3時間経ってようやく北見駅に到着。
クリックすると元のサイズで表示します
ホームから「東急」の看板などが見え、駅舎も大きく随分都会にやってきた気がしました(^_^;)。

また駅には溢れるような人!
札幌行きのJR線と同じ構内らしく、乗車客でごった返していました。

(・・・頑張って「ふるさと銀河線の旅C」へ続く)


2006/3/17

合格発表 続き  DIARY

今日は長い1日でした・・・

朝10時に合格発表、というのでなんだか朝からソワソワ落ち着かない。

学校に見に行く人も居るけど、息子は家でネットで見るという。
わかったらすぐに電話してよ〜と言っておいたけど待てど暮らせど電話がナイ!
発表から1時間程たってようやく「たぶん受かっているらしい」という電話。
「たぶん」は自分で番号を確認したわけではないのであくまでも「たぶん」。
確実に「合格」の電話を受けたのが昼の12時。
学校に行って番号の写真を撮っているのを自分の目で見てようやく確信出来たらしい。
(結局ネットは一度も繋がらなかった、あんまりだ!)

私は事務職だけど、机に座ってじっと待っても居られないので今日は朝からひたすら掃除。
フロアのモップがけからから始まって隅から隅まで掃除。
結局昼までず〜〜〜っとウロウロと掃除していました。
とっても綺麗になったわよ>職場


息子の受けた帯広の学校は定員320人のところ389人の応募。
倍率1.2倍で高くはないと思うけど69人落ちることを思えば低くもない数字。
十勝は内申点も重要で、内申Bランクなら余裕でもCランクの彼にはかなり厳しい。
あとは当日点頼みなのにそれで10点落とした・・・というのは正直キツかった。
でも幸い?なことに今年は問題が難しく、全体の平均も10点下がっていたという話。
息子より低い点数でも受かっていたそうなのでCランクのボーダーは昨年より15点ぐらい低かったと思われる。

今のところ息子の友人で落ちたという話も聞かないので今年はかなり優秀?
息子と同じ学校を受けた男5人は全員合格。(ヨカッタ!)

子供達の頑張りに、きっと亡くなった担任も喜んでくれていると思う。
皆で報告に行かないとね。


ダメかもしれないと思っていたので、どうやって慰めようかとか昨日から考えていたら若干寝不足。
あ〜、今日はきっと熟睡だわ。

日中も職場の仲間や友人からお祝いのメッセージを沢山頂いて、今日は幸せな1日でした。
親身になって声を掛けてくれて、発表まで励ましてくれて、本当に感謝感謝です。
皆さんのおかげで無事合格できました。

°☆,。・:*:・°★o(б▽б*)/♪Thanks♪\(*б▽б)o°★,。・:*:・☆°

2006/3/17

合格発表  DIARY


本命の公立高校に無事合格しました。

ここブログでも応援して下さった皆さん、ありがとう〜!!クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず報告まで。


2006/3/17

じゃがいも  食べ物

いろいろな種類のジャガイモを頂いたので並べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

なんとなく男爵系とメークイン系に分かれるような気もしますが・・・
アンデスアカというのはもちろんペルー発祥の?ジャガイモの原種に近いものです。
皮が赤いのに特徴があります。中は黄色です。

最近お店でも見かけるようになったインカレッドは中も赤いですよね。

で、調べてみたらそれぞれ芋にも特徴があります。
「ジャガイモ博物館」というところにそれぞれ品種別の特徴などがわかりやすく解説してありました。
読んでいるとなかなか面白い。

そしてこの芋たち、今日の我が家のおでんに投入。
煮てしまうとどれがどれだかさっぱりわかりません(^_^;)。

この中でも煮崩れしにくいマチルダを少し多めに入れました。

MIXジャガイモおでんとなりました。

2006/3/16

卒業文集  DIARY

クラスの生徒達が自主制作した文集を持って帰りました。
自分の紹介とか、作文、いろいろ載せた厚さ1センチほどのものです。

その中に「ランキング」というのがあり、クラス全員でそれにピッタリ!と思う生徒を投票し合います。

たとえば「一番優しそうな人」を男子1人女子1に投票し集計してランキングをつけます。

いろいろ面白いのもあって(よく考えたなぁ、と)!

・悪魔みたいな人
・小姑になりそうな人
・うそくさーい人
・一揆をおこしそうな人

など(笑)。


息子「ゆっち」がランキングされていたのは

・ホストになりそうな人 3位

・あいのりに出てそうな人 堂々の1位 
 (確かに彼はあいのり大好きだが、クラスの友達は知らないはず(爆)

・出世しそうな人 1位

・顔が・・・THE中間の人 3位

・素敵なダァーリンになりそうな人 3位

・キスがうまそぉな人 2位

・モテそぉな人 3位

でした。
ゆっちのキャラがこれでつかめたでしょうか?(笑)

2006/3/15

卒業式  DIARY


今日は涙、涙の卒業式でした。

息子の義務教育終了に涙。

副担任が2週間前に亡くなったB組担任D先生の遺影を抱いて入場し、式に参列していた先生の奥様が涙。

B組の生徒が答辞で担任の思い出話をして涙。

最後に教室で奥様が先生のパソコンに残っていた書きかけの卒業メッセージを読んでくれて涙。

先生は沢山の詩を書いていて、その中には「僕が死んだら」という詩もありそれも奥様が泣きながら朗読してくれた。
「僕が死んだら苦しいだろうか、それとも楽しかったことを思い出すだろうか」みたいな詩だった。

その後全員で先生に聞かせたかったという合唱曲を歌って涙。

帰ってから卒業アルバムを見ても文集を見ても通知表を見ても担任の先生を思い出して涙しました。

これが思い出に代わるのはいつでしょうか?

2006/3/13

キタキツネ  北海道の暮らし

冬毛のキタキツネを見つけました。
吹雪いていたので寒そ〜に雪の上からこっちを見ていました。

か・・・可愛すぎるっっ(*^-^*)

クリックすると元のサイズで表示します

2006/3/13

アイコン  

さっきパソコンで遊んでいた息子が、

「この Mozilla Thunderbird のアイコン、かつら にしか見えへんよなぁ・・・」

と、呟いた。

え、『かつら』?

この青い鳥のアイコンは私のお気に入りなのにそれを「かつら」とはっっ!

しかし同僚のさとるも以前から「かつらにしか見えん」と言っていたので全面否定していたのに、息子にまで「かつら」と言われる Thunderbird 幸せの青い鳥、あんまりだわっ

。・゜゜・(lll>_<、lllll)・゜゜・。

Mozilla Firefoxのアイコンは月の模様に見える・・・

2006/3/12


〜富良野篇〜 続きます
クリックすると元のサイズで表示します

「森の時計」外観です。
新富良野プリンスホテルの森の中のニングルテラス下に建っています。
建物の造りも内装も雰囲気が良く、この森にマッチしていると思います。

富良野へは「もちろん」ボードをしにやってきました。
北の峰ゲレンデで滑っていましたが、なんと雨!
それでもメゲずに滑っていましたが、さすがに土砂降りになってきて上がりました。

早く上がったのでフラノデリスでケーキを買い(行列ができていなかった!すごい)、新プリのプリンスパン工房でパンを買い、森の時計でお茶して富良野を満喫して帰ってきました。

士幌から富良野まで2時間以上かかると思っていたら、なんと行き1時間半。帰りは雪が降っていたので2時間でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ