2006/5/21

士幌線B  十勝

今日のタウシュベツ川橋梁です。

クリックすると元のサイズで表示します

もっと水が少ないのを期待して行ったら・・・今年は暑さのせいか山の雪解けが早かったのでしょうか?
「湖底を歩く」のを楽しみに長靴まで用意したのに・・・残念!

どうやら湖底を歩きたいならGW前を狙わないとダメみたいです。
あ〜本当に残念!

でも今日はお天気が良いので湖の色も抜群でした。
反対側からはこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄塔のある高台から撮ったもの。
山にばかり気を取られていたら、アラ!?電線が写ってる!!
まだまだ写真家にはなれそうもありません(爆)。
でもこの「山、橋、湖」の写真気に入ってます、絵のような美しさです。

糠平湖の色がなぜグリーンなのか・・・が今回分かりました。
湖に落ちている石が緑色がかった凝灰岩(火山灰が降り積もって石になったもの)なんです。
薄緑の石でぽろぽろと軟らかく崩れます(板のように)。
その石が砕けて溶け出してモスグリーンの色を出しているんですね。
秋より春先の方が色が濃いように感じます。

クリックすると元のサイズで表示します一番長いアーチ橋「第三音更川陸橋」の泉翠橋の上から見る川の色と同じです。





今回のタウシュベツの目的はもうひとつ水芭蕉。
橋の駐車場のすぐ先に群生地があります。

クリックすると元のサイズで表示します

これまたため息の出る美しさ!
自然のままの姿って感動的です。

しか〜し・・・1週間遅かったです(^_^;)。
水芭蕉が育ちすぎて食べごろの野菜のようになっていました。(チンゲン菜に似てませんか?)
これから夏にかけては巨大な傘のような葉っぱになるのですが・・・

そしてすぐお隣に私の大好きな「ヤチボウズ」大発見〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

「かわいい〜〜〜〜〜っ!!」
久しぶりに見た、こんな沢山のヤチボウズ達。
湿原大好きなので釧路や霧多布では時々見かけましたが・・・こんな群落!?初めてです。
谷地坊主」と書きます。
この大きさになるまでには長〜い年月がかかるのですよ。

今日は昨日に続くドライブ日和で、他にも美しいもの、心が洗われるもの、美味しいもの、汗してつかむ物(笑)など盛り沢山の充実した1日でした。
朝から出かけてヘトヘトになりましたが(^_^;)。

まだまだ書きたいのですがタウシュベツ橋以外のレポはまた次回に。(何せ明日も仕事なもので・・・(^_^;)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ