2006/3/30

ありえない大雪  北海道の暮らし


が、降りました。
ん〜どのくらいだろう、朝から70センチくらいかなぁ。
まだ降り続いています。

このドカ雪は私が十勝に住んで以来6年目にして「初」です。
東北に住む友人が「朝から晩まで除雪している」ってこのことか〜っ!となぜか感心。

よけてもよけてもあっという間に雪が積もるんです。
みるみるうちに。
職場もちょうど吹き付ける雪の加減が良く(^_^;)、昼の時点でこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

見ただけでも車が出れそうにはないよね。

昼にすぐ近くに行く用事があり、出そうと試みたものの・・・今時期の湿った雪に足をとられ、タイヤは空回り。
ほんの1mほど動いただけで身動きできなくなりました。

結局上司に除雪機で車の周りを除雪してもらったものの・・・道路まで出るなんて事は絶対無理!
更に夕方までどんどん雪は降り・・・私の車では帰れないと判断し、車を職場に置いて帰りました。

私の車は2駆なので、仮に職場から出られたとしても、自宅の駐車場で身動き取れなくなるのは目に見えてたので・・・(実際他の車は埋もれていた)明日の出勤もままならない状態。

車を置いて帰ったのは正解かな?
こんなことも初体験!\(+_・。)/

明日は4駆の友人の車のお迎えで優雅?に出勤します。
今日の雪は、湿ったベトベト雪で、除雪していると全身びしょぬれになり、カバンから何から何まで水浸しのえらい目に!

「こんなの十勝の雪じゃない〜」(もっとサラサラだ〜)
「降るならもっと前に降れ〜!」(ゲレンデが潤うので)
と叫びつつ・・・道なき道を歩いて帰るのも実はちょっと楽しかったりして。
「この下は道だっけ?花壇だっけ?」と考えながらの雪中行軍。
足で歩く、というより膝で歩く雪深い道。
途中埋もれている車を助けたり、「大変ですねー」と近所の人に声を掛けたり。

(・・・会社からの10キロの道のりを歩いて帰ったわけではありません、そんなことしたら本当に遭難します(笑)、自宅近くで降ろしてもらい、ほんの数百メートルの出来事です、念のため(笑))

さ〜て明日はどのくらい積もってるかな〜っ?
朝カーテンを開けるのが実は楽しみだったりして・・・



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ