2008/7/23

ラベンダー【食べ物編】  食べ物

クリックすると元のサイズで表示します

【ファーム富田】といえばラベンダーソフト。

数あるラベンダーソフトのなかでもオイルを効かせた本物はあまりないそうです。

「ラベンダーイースト」ではここだけ限定の「ホワイトチョコレート入りラベンダーソフト」が販売されています。


そして同じく定番の・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ラベンダーカルピス。
氷は半分にしてよ(^_^;)、と思いつつもいつも飲んでしまいます。
この色が好きなんだなーっ。


他にもコロッケやカレーメニューもありますが、カレーで町おこしをしている富良野市なので、本場モノは街で食べなきゃ〜!

・・・と、まずは1軒目。お店が見つからない〜

2軒目、本日都合により閉店・・・orz



富良野市内は諦めて、南富良野(幾寅)まで走り、

3軒目、店がなかった(たぶんつぶれた?)

4軒目・・・結局いつもの【なんぷてい】かいっ!!


しか〜し、今回はメニューがいつもの、じゃなかったのだーーー(^_^)v


新メニュー【なんぷエゾカツカレー】登場!!

クリックすると元のサイズで表示します

「南富良野エゾ風カツレツカレー」で分りやすく言うと「エゾ鹿肉のカツカレー」の事だそうです。

「じゃらん」と共同開発した新・ご当地メニューらしい。
それも5月15日デビューで、現在南富良野で10店舗が提供しているとか。


共通する「なんぷエゾカツカレー」の8つの定義とルールなるものがあり、

■エゾ鹿肉は叩いて伸ばし、肉厚5mmとする(厳守)

■エゾシカの角で作った特性スプーン立てを使い、オリジナルスプーンカバーをつける

■南富良野町で製造している「くまささ茶」(缶)にグラスを添えて提供する

・・・などなど面白い。

価格も一律950円だそうです。



このお店のカボチャは鹿のツノ風かな?なかなか凝ってるね!

現実には、

『急増したエゾシカによる被害を防ぐためにも「エゾシカを食べる」という食文化を確立することが大切』

・・・というリアルな理由もあるそうですが(^_^;)。

ま、ともかく「なんぷブランド」のエゾカツカレーを北海道に来たら食べてみて下さいね〜美味しかったです(^_^)v



最後になったけどカットメロン♪

クリックすると元のサイズで表示します

富良野の【ふくだメロン】にて¥200也。

ハーフサイズで¥300だけど、売り切れでした。

私がVIP宛(笑)に送るメロン屋さんはいつもこのお店から。

親兄弟には富良野のCOOPから送っています(送料が安い)。

ま、帯広の長崎屋やイチマルからも送りますが(^_^;)。

内地には赤肉メロンめっちゃ喜ばれますから〜
「富良野産」と書いてあると北海道をとっても連想させるから〜

で、我が家もメロン三昧します、この時期。(もちろん売れ残りで完熟の安いの狙い)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ