快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

杜徳偉兄さんとMJ  日記

アレックス兄さんとマイケルのツーショット。1987年に撮影したものだとか。

兄さん、マイケルのこと尊敬してたもんね。

http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT8/4987439.shtml
0

香港ウィーク  日記

2009年は、「2009日本香港観光交流年」なんだそうだ。
そしてこれを記念して、7/1〜5に六本木ヒルズでイベントがあるそうだ。

世界の映画界を股にかけアクション指導や監督として活躍している谷垣健治さんも鄭伊健とのトークショウに参加なさるそう。

私は用事があって行けそうもないんだけど、興味のある方ぜひ行ってみてください。谷垣さんのトークはいつも抜群に面白いですよ!

http://www.discoverhongkong.com/jpn/about-hktb/hkweek2009.html
0

榕樹頭講鬼 /A Long And Forgotten Ghost Story A Long And Forgotten Ghost Story  日記

榕樹頭講鬼/A Long And Forgotten Ghost Story A Long And Forgotten Ghost Story (1998年)

出演:黎燿祥(ライ・イウチョン),洪天明(ティミー・ハン),羅家英(ロー・ガーイン)

監督:張少堅

好きな人との交際を反対され、実家から勘当されたことで思い余って自殺した若旦那が、50〜60年後の現代に幽霊として蘇った。そこは若旦那がかつて暮らしていた村が新しく住宅街になった場所。昔愛した人がわすれられず成仏できない若旦那。そこで、その街で暮らす若者達とかつて愛した相手を探すという爆笑コメディ。

幽霊役を飄々とまた、当時の若旦那っぷりで演じるのは黎燿祥。
幽霊を成仏させようと現れる道士に羅家英。幽霊に乗り移られて一人二役を巧みに演じる羅家英の演技に大爆笑。クスッとくるパロディ。
そして、衝撃のラストには・・・やや脱力。
執拗な長回しにやや飽きるが、なかなか面白かった。

0

カムイ外伝  日記

松山ケンイチ主演。鄭伊健(イーキン・チェン)も出演する「カムイ外伝」が9/19公開。

http://www.kamuigaiden.jp/

谷垣健治氏がアクション監督なら、アクションは間違いないな〜。早くみたいぞ〜。
0

生化壽屍(BIO ZOMBIE)〜香港ゾンビ  日記

ひさびさに香港映画だな〜と個人的に感じる作品をみた。

「生化壽屍(BIO ZOMBIE)〜香港ゾンビ」1998年 監督 葉偉信 出演 陳小春、李燦森、駱達華、湯盈盈

ジョーダン・チャン(陳小春)とサム・リー(李燦森)主演の作品。香港のオタクビル(「信和中心」のようなところ)のインチキVCD屋につとめている(留守番している)陳小春と李燦森演じるチンピラの二人が、ゾンビに変身する細菌入りのジュースの売人を車で轢いてしまう。あわてた二人ははずみで売人がもっていたそのジュースを売人に飲ませ、ビルの駐車場に彼を置き去りにしたことから物語は始まる。

その売人はゾンビに変身し、人々を襲いまくる。そしてゾンビに襲われた人間も漏れなくゾンビになってしまう。追いつめられる二人とたまたま知り合ったエステ店の美人店員。

最初はセコイ行動の目立つ小春が美人店員を守り、だんだん男気をみせカッコいい。コメディもおり混ぜながら、ラストは地球最後の日の体で・・さらにカッコいい小春でエンド。なかなか面白い作品だった。

しっかし、もともと聞き取れない広東語が小春の広東語だとまるっきり聞き取れない〜。もっと勉強が必要だわ〜。
0

紫陽花  日記

近所の紫陽花がきれいだったので撮影してみた。
なんか・・トラブルが起きたTVで流す風景画像を思い出したけど・・たまにはってことで。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

訃報 石堅先生  日記

個人的にはやっぱり、「燃えよドラゴン」のMr.ハンで印象深かった「石堅先生」が96年の人生に幕を閉じたそうだ。

ご冥福をお祈りいたします。

記事
0

台湾ドラマ 「夜半歌声」  日記

CSに無料の番組「インターローカルTV」というのがある。
昼間と夜中(明け方?)に台湾の案内をしている番組を放映しているのを日曜日にみたりしている。
残念ながら、ゴールデンタイムの20時と23時には韓国の番組を放映中だ。

この放送局で、何潤東とバービー主演ドラマ「夜半歌声」を6月5日から放映されるそうだ。この作品は2005年の作品で「中国版オペラ座の怪人」といわれていて、映画では張國榮が主演をしている。

何気にこんなローカルちっくな放送局が好きなんだよね。
台湾の紹介も週一でいいから、22時頃放映してくれないだろうか?

紹介

0

東邪西毒 香港で上映中  日記

香港で上映中の王家衛監督の「東邪西毒終極版」は今週末の興行成績が4位だったらしい。

記事

なんだかよくわからないけど・・雰囲気が好きな映画なのよね。

作品紹介

こんなのも

・・・となんどもこの話題書いているような気がする。
0

錦衣衛  日記

Marさんのサイトで教えてもらいました。

「錦衣衛」クランクイン発表会だそう。

呉尊とも一緒なんてね〜。(しみじみ・・)

記事
0

「十月圍城」ポスター  日記

豪華キャストが話題になっている「十月圍城」のポスターが発表になったらしい。

http://ent.sina.com.cn/m/c/2009-05-13/00062514428.shtml

この国際版ポスターカッコいい!!

この作品は1905年10月15日、香港における孫文の暗殺を企てるものと孫文の命を守る者たちのエピソードを描いたものだそうだ。
かなりの興行収入を狙っているらしい。

黎明が全然わからなかったよ〜。
0

最近観たビデオ〜「ロード・オブ・ウォー」「ヴァージン・ハンド」  日記

今回は洋画を2本観た。

ニコラス・ケイジ主演「ロード・オブ・ウォー(2005年)」

才能で武器商人になった男の生活を描いたもの。淡々と商売をするユーリ。インターポールに追われながら、最終的には大国に擁護されれいる。戦争で世界は潤っているという皮肉かな〜。

ウディ・アレンとシャロン・ストーン主演の「ヴァージン・ハンド(200O年)」

こちらも宗教を皮肉ったもの。夫を不貞で裏切り続け、ついには夫に殺された女の手首が奇跡を起こしたことから教会に安置され、それが評判となり、今までパッとしなかった町が潤っていくというもの。

社会派?っぽい作品を観てやや疲れた〜。来週はコメディを観たい!!
0

成龍 北京コンサート  日記

5/1に成龍(ジャッキー・チェン)が北京オリンピックの会場である「鳥の巣」でコンサートを開催した。来場者は5万人ほどだったという。

記事

賑やかなコンサートだったのですね。出演者も超豪華!
http://news.on.cc/ent/index.html?file=ncbrke00_20090501225220
1

坊主頭でも謝霆鋒はカッコいい!  日記

謝霆鋒(ニコラス)の大陸でのコンサートの様子。
映画撮影の関係で坊主頭にしたらしい。

しっかし、坊主でもさすがニコラス!いい男なのだ。

0

最近観た作品  日記

続き・・・先週は二作品アクション映画を観たので記録しておく。

「SAMURAI」と「ラッシュ・アワー3」
続けてみた上に両方とも舞台がフランスだったので、ややごちゃごちゃになってしまいそうだったが・・・(笑い)両作品とも面白かった。

「SAMURAI」は倉田保昭先生の出演するSFアクションもの。舞台は日本とフランスというフランス映画。
戦国時代に戦いに勝つため闇の世界から呼び寄せられたサムライ、コデニが現代社会にも生き続け、日本の裏社会を仕切っていた。
とあるゲームクリエイターが、彼を脅かすとある開発をし、殺された。刑事である倉田先生演じる藤原とその娘がその事件にかかわってストーリーは展開していく。いや〜、いまどきなストーリーフランス発オタクアクション!って感じですかね〜。少年向けドラマをみている風でもあり・・・。なかなか面白かったけど、好き嫌いがあるかも。音楽を川井憲次氏が手掛けていて、彼が係わるアジア作品を結構みている自分にとっては、雰囲気になじみがあってそんなところも良かったのかも・・・。


そして、ジャッキーと真田広之との共演が話題になった「ラッシュ・アワー3」。観たつもりだったのに知らないシーンがあって・・・そっか!実は予告編などを観ていて観たつもりになっていたという究極のオオボケパターンだった。
ちなみにこちらも舞台がパリ。最初は協力者だと思っていた政府の人間が悪役という黄金パターンもそのままに、クリス・タッカーとデコボコ刑事コンビをジャッキーが楽しげに演じていた。
そうそう、やっぱり真田くんのアクションはいいねぇ〜。年齢的には大変だろうけど、もっとアクションも演じてほしい。
0




AutoPage最新お知らせ