快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

ニコラスと張柏芝おめでとう♪  香港

以前にお似合いの二人〜。なんて書いていたがすでに結婚していたとは!!
本当にお似合いの二人だわ〜。子供はきっとどちらに似ても可愛いだろうし、幸せになってほしいわ〜
0

張國榮の誕生日  香港

昨日は張國榮の誕生日。もし生きていれば50歳だった。
ファンがたくさん集まって彼の誕生日を祝ったそうだ。

http://www.appledaily.com.tw/AppleNews/index.cfm?Fuseaction=Article&NewsType=twapple&Loc=TP&showdate=20060913&Sec_ID=9&Art_ID=2885204
昨日、友人からも彼の作品を観ていると連絡があった。
そういう中華迷多かったのかな?



0

オーケンのマスター・オブ・サンダー・オブ・サンダー  香港

大槻ケンジ氏がパーソナリティーをしている「マスター・オブ・サンダー」をテーマにしたネットラジオ番組がある。

今週は谷垣監督の出演。

試写会でのジャガー横田さんとのエピソード(爆!)
紹介する格闘映画は蛇拳!!

かなり面白かった!!

http://www.onsen.ag/

観なかった奴はもう友達じゃない・・・(爆)い〜いですね(爆、爆!!)
0

谷垣監督またまたインタビュー  香港

またまた、中国情報局に谷垣監督のインタビュー。

映画国籍は「香港!!」とはいい見出しだ〜。(感動)
谷垣監督、期待してますよ〜。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0901&f=entertainment_0901_001.shtml&pt=large

谷垣監督、いったいどこでポーズをきめたのでしょう?
0

第 十 一 屆 香 港 電 影 金 紫 荊 獎 頒 獎 禮  香港

昨日 「第 十 一 屆 香 港 電 影 金 紫 荊 獎 頒 獎 禮 」発表があったそうです。

金城くん、張學友(ジャッキー・チュン)、周迅(ジョウ・シュン)、チ・ジニ主演の「如果・愛」強かったですね〜。
サントラ購入したけど、聞かなくては・・・。
そういえば日本の上映はいつなんだっけ?

http://orientaldaily.orisun.com/ent/ent_a1.html

クリックすると元のサイズで表示します
0

謝霆鋒と張柏芝  香港

許紹洋が出演したドラマ「周璇」の主役 張柏芝(セシリア・チャン)が香港俳優の謝霆鋒(ニコラス・ツェ)との交際を告白したとのこと。

二人は今年日本で公開された「PROMISE(無極)」でも共演(ちなみに他の出演者は真田広之、チャン・ドンゴン)していて、また、許紹洋がエキストラ出演した「老夫子2001(恋のQピット)」でも主演している香港芸能界の実力派だ。

http://ent.sina.com.cn/s/h/2006-08-01/07231180640.html

一応復縁。お似合いのような気がする・・・。
0

張國榮のCD  香港

ロックレコードから張國榮(レスリー・チャン)のCDが出ていた。
仕事帰りにちょっとCDショップに立ち寄ったら、置いてあったのでつい購入してしまった。

「追憶の歳月」のビデオクリップを見たが美しかった。
やっぱり、もっと彼の作品見たかったなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

★CDジャケットも美しい。

↓ロックレコードHP
http://www.rockrecords.co.jp/
0

劉徳華(アンディ・ラウ)来日  香港

昨日、アンディが来日した。今夜はシークレット・ミニ・コンサートもあったようだ。

今回の来日は出演映画「愛と死の間で」のプロモーション。

昨日はやっと、アンディ主演の「マッスル・モンク」を見たがテーマが余りに重くて圧倒されてしまった。

今回の映画も人生とか生きることとか愛について考えさせられるのだろうか?前売り券は購入してあるので、見に行かなくては!!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060724-00000007-scn-ent
0

上海灘 配信  香港

香港ドラマの名作「上海灘」がネット配信されるそうだ。
我が家にはDVDがあるのだが、こういうのを見るとまた観たくなるなぁ〜。

http://www.showtime.jp/cinema/
0

陳奕迅(イーソン・チャン)  香港

続いて、購入したCDシリーズ。
イーソンのCDも購入してみた。
なんせ、日本で購入するより、断然お得だったので・・笑

「怎麼様(ゼンマヤン)」という2005年発売のCDだ。
マクドナルドのCMソングが入っているのが、メインらしい。

8曲が北京語で2曲が広東語。
バラエティに富んでいるようだが、聞きやすい曲ばかりだ。
もう少し別のアルバムも聞いてみたくなった。


0

黎明(レオン・ライ)が撮影中の映画  香港

許紹洋がチャットで語っていたレオン・ライの映画のタイトルは
「心中有鬼」というホラー映画とのこと。
許紹洋が出演しているドラマと同じように時代設定は1930年代。
彼は貴公子の役で、幽霊と恋をするというストーリーらしい。
許紹洋がいうとおりまさに「Ghost Story」のようだ。

http://ent.163.com/06/0414/08/2ELI8EI700031NJO.html
0

鄭伊健のインタビュー  香港

鄭伊健(イーキン・チェン)主演の「ディバージェンス 運命の交差点(原題:三叉路)」が公開中で、インタビューが掲載されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060507-00000001-scn-ent

コメディの時には大爆笑させてくれるし、ヒーローの時には惚れ惚れするほどカッコイイ鄭伊健。
今度はどんな演技を見せてくれているのか?

この作品は郭富城(アーロン・クォック)が台湾台湾金馬奨で主演男優賞を受賞しているし、昨年、香港旅行に行ったときもDVDが売れていたようだった。

そのほか、呉彦祖(ダニエル・ウー)も共演している。
監督は「香港国際警察」の陳木勝(ベニー・チャン)。


★ディバージェンス 運命の交差点HP
http://www.divergence.jp/
0

続・香港國際電影節30周年向動作指導致敬晩會  香港

この話題、日本のyahooにも!!
やっぱ、香港アクション根強いな〜。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060404-00000014-scn-ent

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060404-00000014-scn-ent.view-000
0

香港國際電影節30周年向動作指導致敬晩會  香港

昨日、「香港國際電影節30周年向動作指導致敬晩會」
(「香港国際映画祭30周年、アクション指導の功労を表彰する会」とでも訳すのか?)なるものが開催され、劉家良(ラウ・カーリョン)、袁和平(イェン・ウーピン)洪金寶(サモ・ハン・キンポー)、成龍(ジャッキー・チェン)、程小東(トニー・チン・シュウウトン)が表彰された。

香港アクション映画にはなくてはならない功績者達ばかりである。

そのなかで不仲説があった、マトリックスのアクション監督もつとめている世界の「袁和平」と本物の武術家の血筋であり、香港アクション映画界の大御所「劉家良」も仲良く肩を組んでいたとのことだ。

また、「袁和平」は「大陸にはまだアクションができる役者も多く、殺破狼(SPL)(邦題「狼よ静かに死ね」)に出演した呉京(ウー・ジン)や甄子丹(ドニー・イェン)にはその能力が秘められていると語ったそうだ。

http://news.chinatimes.com/mainpage.htm
(中時電子報 影視に記載あり)

残念ながら、成龍は「BB計画」撮影のため欠席だったが、なかなか濃い
4人の記念撮影写真は凄みがあった。

http://www.epochtimes.com/b5/6/4/4/n1276632.htm

それにしても、武術指導のない香港映画なんてほとんどありえないくらい必要な存在。
まだまだ、元気に活躍して欲しい。

そういえば、日本からは倉田先生(倉田保明)や栗山千明なんかも参加したそうだ。

・・・倉田先生と千葉ちゃんの映画もうクランク・アップしたのかな?

マスター・オブ・サンダー公式HP←お二人が共演している映画。今夏公開予定!!

0

林亞珍  香港

もともと好きだったようだが、最近さらに香港のコメディ映画にはまっている家族が「林亞珍」シリーズの1作を購入した。
このシリーズはもともとはテレビドラマで人気が出たものが映画化されたとのことだ。

ド近眼で、牛乳瓶の底みたいなメガネをかけて天然ボケの女の子「林亞珍」が主人公のハチャメチャコメディ。

映画だと、「女人、四十」やアクションだとジェット・リー主演の「方世玉」シリーズの元気なカンフーお母さん役とかを演じている蕭芳芳(ジョセフィーヌ・シャオ)が主役の「林亞珍」を演じているようだ。

最近では、「1:99」で鄭秀文(サミー・チャン)が「Mr.BOO」のパロディと一緒に。
また、「新世紀Mr.BOO! ホイさま カミさま ホトケさま」で張柏芝(セシリア・チャン)がパロディで演じている。

香港映画好きとしては、「香港で大人気シリーズだった」上に「色々なパロディに使われる」というのであれば、見ておかなくては思ってしまうのは人情だ。
(日本人と話していてサザエさんを知らないのと同じかな〜?)

なかなか時間が取れなくて見られないが、そのうち、家族から貸してもらおうと思っている。
0




AutoPage最新お知らせ