快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

周杰倫コンサート  見てきました明星

昨日、日本武道館で行われたジェイのコンサートへ行ってきた。
九段下の駅に16時ごろ到着(17時開演)したのだが、武道館の周りはすでに人であふれていた。

途中の道にはジェイの生写真屋さんも出ており、まるでジャニーズのコンサートだ。
武道館前に用意されたオフィシャルグッズの販売場にも長蛇の列。
中国語もあちらこちらから聞こえ、さすがアジアのアーティスト!!という感じだ。
さらに若い男性も多く、ジェイの人気の幅広さをあらためて感じた。
(まぁ、ジェイが出ただけで、中国の定番お正月番組の視聴率が二倍近く上がったと友人から聞いたし、当然か・・・)

今回は2階の後ろの席だったので、全体を見渡せたのだが、本当に満員!!
またまた、彼の才能に魅了された約3時間であった。

舞台両脇のスクリーンには歌詞の日本語訳が映し出され、同時通訳もあってとても親切。
でも、彼の日本語での挨拶などもあり、たどたどしいジェイの日本語がやっぱり可愛かった。

また、ヒップホップダンスにピアノ、ドラムなどの演奏、コマの曲芸、ナンチェンママとの掛け合いでも十分楽しませていただいた。

色々いえ、全てが良かったのだが、あえていうと個人的にはアンコール?での、彼演奏の三味線から始まる「霍元甲」などのメドレーに大興奮であった。(カンフーを交えたダンスもサイコー)

また、新しい映画の「カンフーダンク」のプロモーションもしっかりされており、「おっ、面白そうじゃん!!」と興味が湧いてきてきっと、ここでまた興行成績を伸ばしそうな予感。

ロマンティックであり、スイートであり、力強くもあるジェイのコンサート。
また行きたいと思わせる飽きさせない演出とパワーのあるものだった。

ちなみに帰りの桜並木で「今日の写真」なるものが販売されていた!!
お〜まいがっ!!日本も色々な国のモラルのことは語れませんな〜。

◇ニュース
http://www.walkerplus.com/news/geinou/index.cgi/dt/120080217003/
http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20080217-322533.html
http://excite.co.jp/News/entertainment/20080217092929/Nikkan_p-et-tp0-080217-0011.html
http://www.asahi.com/culture/nikkan/NIK200802170022.html
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200802/gt2008021701.html

◇華流ネットにコンサートへの意気込みがレポされています。
http://www.hualiu.net/article/81939508.html




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ