快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

霍元甲之精武真英雄  ■精武門

マカオのCDショップで思わず見つけたVCD。石天龍氏は「復活 ドラゴン怒りの鉄拳」(映画館にまでいっちまった・・・)、「復活 ドラゴン危機一髪」、「復活 死亡遊戯」なんて日本語版も発売されてるけど、続けて李小龍的映画に出続けてるわけだね〜。と思ったことと30ドルだったことで即購入。(怖いものみたさもあるんだけどね・・・)

まず、ジャケットをみると、石天龍の作品ってけっこう共演者もなぜか豪華なんだよね。
霍元甲役には「少林寺三十六房」の劉家輝(リュー・チャーフィー)だし、日本人役は李連杰主演「精武英雄」で日本人役で最後まで李連杰と闘った周比利(ビリー・チョウ)。極めつけは石天龍演じる陳真(チャン・ジャン)にひそかに思いを寄せ、彼を手助けする気丈な女性に甄子丹主演のTVドラマ「精武門」で陳真の彼女だった萬綺雯(マン・イーマン) が演じている。

いや〜。それだけでも凄すぎる!!おっさん何者や?って感じ。

ストーリーは前半はほぼご存知「精武門」だし、結構まともというかかなり面白い。「精武門」と違っているのは、陳真に超美人の妻がいて、その妻には日本人のスパイになっている双子の妹がいるってこと。
双子の妹が彼の妻と摩り替わって、精武門に潜入するって・・・凄いよね。そんでもって彼女も結局、陳真の魅力に負けて彼を助けてしまって・・・。
最後はやっぱり周比利との対決!!

ここのロケってどこかの撮影所でしっかり撮影してるみたいだし。。。。ストーリーも今までの石天龍 主演作品の中で一番まともに感じた。
さらに萬綺雯がより綺麗で魅力的になっていて・・・そこも良かった。

石天龍、個人的には筧利夫をちょいダサくしたような彼が気になる・・・ジークンドーを学んだらしいけど、どうもアクションもパッとしない気がして仕方がない。

クリックすると元のサイズで表示します


■霍元甲之精武真英雄(2004年の作品らしい)
http://us.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/code-c/section-videos/pid-1004148114/


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ