快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

映画鑑賞  日記

本日は仕事が暇だったので休暇をとった。
そして、映画鑑賞。

「ナタリーの朝」(1969年)」
大好きな青春映画を朝から1本。
小さい時に友達から言われた一言で自分の容姿にコンプレックスを持ってしまった女の子が恋をして自信を取り戻していくというもの。自分が傷ついているとさらに他人も傷つけてしまう。若い時にはありがち・・・な事である。しかし、若くなくても自分に自信がない時は他人に優しくする余裕がなくなるもの。
最近、余裕のない日々を過ごしている自分にとってはなかなか心癒される一本であった。
また、舞台がグリニッチ・ビレッジで自由な雰囲気やヘンリー・マンシーニの音楽も癒された一因だったかも。

「ディフェンダー(2004年)」
ドルフ・ラングレン監督・主演作品。
ヴァンダム主演「ザ・ディフェンダー」と勘違いしていたら・・・。ドルフ・ラングレン作品だった。
ルーマニアのホテルに極秘任務で国務長官のボディガードをする部隊が謎の集団に襲われるというハードアクション。ストーリーが謎を残しながら二転三転していくなかなか楽しめる作品だった。
だたし出だしはややゆっくりなテンポで一瞬うたた寝をしてしまった残念な作品だ。ルーマニアの雑木林の中でのアクションシーンが渋い・・・と感じたのは・・・ウェズリー・スナイプス主演「ブレイド」のせいか??





0




AutoPage最新お知らせ