快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

マカオ旅行記 2  旅行記

★購入したもの(お気に入り)編

今回は珍しく、買ったものが凄く少ない。

○たまたま見つけた電影録影帯のSHOPで、許紹洋の今回のレコーディングでも曲を提供する周傅雄の新しいCD、側田の演唱会DVD、黎明の新宿歌舞伎町でロケをした「情義我和心知」、それとカンフー関係のDVDを購入!!

○翡翠のペンダント(宝石店に連れて行かれるとつい、安物を購入してしまう・・・)

○リスボアホテル内のベーカリーで販売していた「WINTER MELON(冬瓜)」のジャム
→かなりうまい!!

○「優の良品」の豚チョコ(数年前から気に入っている)

マカオでは杏仁餅というクッキーが名物。これもおいしかった。

★食べ物編
○「エッグタルト」→今回の目的
数店(リスボアのケーキショップ、お土産の有名店〔糸巨〕記、cafe e Nata)のものをチョイスして、購入!!どれも美味しかった。

○「ポルトガル料理」
3回ほど別の店を訪れた。
まずは名物「いわしの炭焼き」これは美味しい!!
その他は、今回オーダーしたものは全体的に油っぽくあまり好みではなかった。

○「点心」
リスボアホテルの朝食に点心がたくさんあったので、食す。
しかし、特にその場で調理してくれるお粥はなかなかのもので、ホッとした。

○「おかゆ」
朝食はリスボア近くの「お粥や」へ!
揚げパン、黄にらのオイスターソースがけをサイドオーダーにして食す。ポルトガル料理で疲れた胃にはピッタリだった。

○「三文治(サンドイッチ)」
リスボア近くのカフェ(cafe e Nata)にて、朝食。パンの種類から中身まですべてチョイスできるもの。ライ麦パンでツナ卵サンド&ミルクティーを選んで。屋外のテーブルでオールディーズを聴きながらゆったりした時間を過ごした。



0

マカオに行ってきました 1  旅行記

夏休みをまだとっていなかったので、GPなどでも有名なマカオへ行ってみた。
そして、マカオといえば、ゴットギャンブラー!!

今回は、カジノ&世界遺産&映画ロケ地見学、エッグタルト試食という目的だ。

マカオに行くには日本からの直行便がないため(噂によると11月ごろ関西国際空港から直行便が出る予定とか・・)香港から高速ジェットという船で行くこととなった。

また、香港空港から出国せずに直接マカオへも行くことができるらしいが、香港の上環から船に乗っていくと、ツアーのせいもあって、香港空港到着からマカオまで、3時間ほどかかった。

そして、カジノ発祥の地である「ホテルリスボア」で宿泊!!とにかく派手なホテル!!
ネオンはギラギラ、形は仏像の頭みたいだ。また、内装も超豪華!!さまざまな調度品が飾られていた。

現在は「ホテルリスボア」は新しい建物を建造中で、周りは残念ながら工事中。風光明媚で有名なところなのでやや残念と思った次第。しかし、実はマカオは現在色々な場所で建設ラッシュ!!もう1年くらいすると整備されるのかなぁ?

到着後まずは食事・・ということでちょっと散歩に出てみる。マカオの交通手段は車かオートバイ中心。観光客はタクシーか徒歩、あるいは観光用の人力車で移動することとなる。

リスボアから大体8〜10分くらい歩くとマカオで一番有名な繁華街セナド広場がある。

ここはモザイクで舗装された大きな広場になっていて、地元の人も涼んだり、友人とのおしゃべりを楽しんでいる。またショップやレストランもあり、観光客でもにぎわっている。

ここで、有名な牛乳プリンとワンタンメンで夕食。

牛乳プリンの店「義順牛〔女乃〕公司」は香港のも行ったことがあるが、もう少し素朴な感じがよく、地元の学生らしい子達がおしゃべりをしていた。

香港でもそうだが、まず、暖かいのにするか冷たいのにするか聞かれる。迷わず温かいものをオーダーし、さらに生姜味にしてみる。最初はクセがあるな〜と感じるのだが、プリンの甘さと生姜の刺激が程よくマッチしているのだ!!

また、ワンタンメンのほうの「黄枝記」は香港でもよく食べる手打ち細縮れ麺で、この店が発祥の地という説明書きがあり、中華の美食家チャイランさんの推薦も・・・。でもそれとは関係あるかないかわからないが、美味〜。こちらもローカル使用が多いらしく、来る人、来る人がみんなお客さんと挨拶している。「お客さんはみんな知り合いか?」という雰囲気だ。しかし店員さんは排他的でなく親切に何回も暖かいお茶を汲んでくれるし、説明もしてくれた。初日から得した気分で過ごすことができた。

0




AutoPage最新お知らせ