快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

笑う大天使(ミカエル)  電影・電視

「カンフーくん」の小田一生監督の「笑う大天使(ミカエル)(2005年)」をやっと観た。

公開時から気になっていて観ていなかった(見る気なかったんでしょ?と・・そんなことは!)のでやっと観られたというかんじ。

原作が少女向け「コミック」ということで、美しいファンタジー乙女チックストーリー。そして、広川太一郎氏のとぼけたナレーションもぴったり合っていてホノボノした感じの漂う作品だった。

しかし、アクションシーンでは、なんとなく(なんとなく〜)ジェット・リー主演の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」を彷彿させるシーンもあり、なかなか楽しめた。

主人公の3人のファイティングポーズも決まっていて、この子たちすご〜くアクションができそう!!っていう雰囲気だった。

また、ファンタジーと乙女っちっくとアクションがうま〜くミックスされているところもなかなかであった。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ