快樂浪漫ちっく〜精武門ズ日記・2」へ近々引越し予定です。

 ★武術映画の傑作「精武門」にはまり、このタイトルを付けてみました。
     「精武門ズ」管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

映画色々  電影・電視

記録しておかないと忘れてしまうので書いておく・・(この日記は備忘録でもあるので・・)

それにしても時期もジャンルもあったものじゃないと思う。でも中華系が多いか!!

・「ジェイ・チョウを探して(尋找周杰倫/Hieden Track)」(2003年)
なんとも不思議なほのぼのした雰囲気の作品。ヒロインの蒲蒲は「恋する惑星」の王菲(フェイ・ウォン)的な感じがしたけど・・どうだろう?台湾の日本のお盆のようなところと香港のポップな雰囲気が楽しめた。主演の余文樂(ショーン・ユー)もいい味出してたような気がする。また香港・台湾で活躍している明星が次々と出演するところも楽しいし、ジェイの歌が満載のところも勿論よかった。


・「キョンシーズ 幽幻道士 (殭屍小子)」(1985年)
子供達のロボットダンスが甄子丹のデビュー作「ドラゴン酔太極拳」でドニーさんがしていてたのとあまりに似ていたので・・時代を感じてしまった。ちなみにここに出演していたスイカ頭クンは林韋君と噂になった劉至翰だし、気に入ったチビ黒こと陳子強は許紹洋主演のトレンディードラマなどにも出演している。


・「ラバーズ&ドラゴン(飛侠小白龍/The White Dragon)」(2004年)
張柏芝と呉鎮宇主演作品。武侠映画のパロディって感じが好きな作品。


・「インナー・スペース(Innner Space)」(1987年)
デニス・クェイドってなぜか好きな俳優なのだ。一緒に見ていた家族が金城武に似ていると呟いていたが・・・確かに似ているような気もした。


・「ジャンプ・ボーイズ(Jump!boys)」(2004年)
台湾で体操をしている7人の男の子達を追ったドキュメンタリー。台湾では賞も取った作品らしい。泣きながら、でもひたむきに、一生懸命、明るく楽しく体操をしている彼らに元気付けられる。


・「ダイ・ハード4.0」(2007年)
やっぱり面白かった。しかし、もともと荒唐無稽だけどさらに倍増!!こんなところが面白いのよね〜。


・「イノセント・ワールド(天下無賊/A WORLD WITHOUT THIEVES)」(2005年)
劉徳華(アンディ・ラウ)と劉若英(レネ・リュウ)主演作品。美しく悲しいおとぎ話。やっぱり最後は泣けてしまった。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ