2020/8/21

あおぞら神楽レポートB  

*思い出のタウンレポート<3> 2011(平成23年)
    第3回「あおぞら子供神楽共演大会」
 第3回NPO法人あおぞら子供神楽共演大会が7日・安佐南区中筋1丁目の安佐南区民文化センターであった。
地元安佐南区の上温井神楽保存会・あおぞら子供神楽団。
そして亀山子供神楽(安佐北区亀山)など5団体が出演し日頃の練習の成果を発表した。
主催したあおぞら子供神楽団(池原康則団長)は配役の交代の時期でもあり、先輩に負けないよう一生懸命の舞を披露し観客からは大きな声援と拍手が起きた。
高校2年生になった湧山征くんは滝夜叉姫を辻将太くん(中2)にバトンタッチ。、中野遥希も『紅葉狩』の鬼女大王を清本里奈さん(小6)に渡した。
二人とも大太鼓、笛で舞を見つめながら後輩の指導に当たっている。
それでも舞うことに愛着は強い。最後は八岐大蛇の大蛇の役を素敵に演じて共演大会を締めくくった。
鬼女大王を演じた清本里奈さんは「一生懸命練習した。今までとは違って舞台も大きいので緊張した。でも楽しいかった」笑顔で話していた。
神楽が大好きでお母さんと双子のお姉ちゃん(小3)と一緒に見に来ていた竹広駿祐くん(6才=川内小1年)は余りにも上手なので神楽団に入りたい気持に少し迷ってしまった。
「みんなで練習場に行ってみよう」と励まされてうなずいていた。新しいスターの芽がはじける瞬間を期待しよう。(原畑忠則)
0

2020/8/21

あおぞら神楽レポートA  

*思い出のタウンレポート<2> 2010(平成22年)
    第2回「あおぞら子供神楽共演大会」
第2回「あおぞら子供神楽共演大会」が8月22日、広島市安佐南区の区民センター大ホールであった。
県内各地の子ども神楽団が、約500人の観客を魅了した。
 出演したのは、あおぞら子供神楽(広島市安佐南区)、上温井神楽保存会、山王子ども神楽クラブ(広島県北広島町)、東山子ども神楽団(同町)などの7団体。それぞれ得意の演目を披露し、大きな拍手を受けた。
 主催したあおぞら子供神楽は「神降ろし」「悪狐伝」「紅葉狩」「滝夜叉(やしゃ)姫」「八岐大蛇(やまたのおろち)」の5演目を上演して大会を盛り上げた。
「悪狐伝」のキツネが観客席に降りて愛嬌(あいきょう)を振りまくと会場は大にぎわい。出演した子どもたちと観客が一つに結ばれた。
「滝夜叉姫」で主人公を演じた入団5年目の高1湧山柾君(15)は「多くの人に楽しんでもらえてよかった。
自分の得意の役で思う存分、練習の成果を発揮できた。
これからは指導も頑張りたい」と意気込んでいた。
 上温井神楽保存会の光村宣昭代表(59)は「神楽の神髄『十二神儀』の舞を子どもたちに伝え、神楽を通じて地域の結びつきを深めたい」と話していた。
  大会終了後、あおぞら子ども神楽団の全員が舞台に勢ぞろいして、感謝を込めてあいさつ。来年の大会に向けて精進を誓っていた。 (原畑忠則)
0

2016/2/20

あおぞら神楽レポート@  

* 思い出のタウンレポート(神楽編)<1> 2009−8−20
http://ameblo.jp/riheyon/entry-11557058689.html
『あおぞら子ども神楽、8月の共演大会に向け特訓中』
 川内地区のNPO法人「あおぞら子供神楽」は毎週金曜日の夜、神楽の練習に励んでいる保護者が中心になって実行委員会をつくり、初めて企画した第1回「あおぞら子供神楽共演大会」が3週間後に迫り、熱がこもる。
 
同神楽団は2006年に結成し、幼児から中学生までの28人が所属する。大会で演じるのは「悪狐伝(あっこでん)」。

悪いキツネが美女に化けて帝(みかど)の寵愛(ちょうあい)を受けるが、正体がばれて成敗されるストーリー。  

練習の場所は、地区にある胡子神社や代表の池原康則さん(63)が経営する工務店2階。

子どもたちは池原さんの指導を受けながら、堂々としたセリフ回しや迫力のある舞いを習得している。

「姫」役を演じる川内小5年の肉戸友里さん(10)は「本番では思い切り舞いたい」と目を輝かせていた。 

共演大会は8月8日午前10時から、安佐南区民文化センターである。

同神楽団をはじめ広島市や安芸高田市、島根県の子ども神楽計5団体が出演する。
(原畑忠則)
1

2016/2/17

神楽シリーズI  


  http://blogs.yahoo.co.jp/pxa07731/folder/482246.html

   <茂田神楽団=三次市君田町>の紹介
0

2016/2/17

神楽シリーズH  


  http://blogs.yahoo.co.jp/pxa07731/folder/315344.html

    <原田神楽団=安芸高田市>の紹介
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ