2010/11/16

商品開発の正体  
ついにこの回で、オヤジドリームチームが必死になっている商品開発の正体を発表します。

それは

何と

ずばり

後半で発表します



では気を取り直して前回からの続きですが、第2回目(最終)のセミナーでアンケート結果が出ました。

今までオヤジ4人で会議をしていたので、本当に自分たちが考えている『事』や『モノ』が間違っていないのか不安でしたが、アンケート結果はいい方でした

アンケート結果の詳しい内容は豊富すぎて書ききれませんが、このアンケートの結果で自信につながった事は確かです

それは良かったんですけど、アンケートでの色々な意見を読んだオヤジ達の思いと言うか・・・考えと言うか・・・オヤジ達の意見が少しずつバラバラになってきてしまいました

商品開発の始まりは、最初にリーダー丸橋の『孫に使わせたい』という合言葉で動き出し、【子供が使える〇〇】を考えていました。

しかし

セミナーが終わって会社でアンケートをじっくり読んでいると、デザイン的にかっこいい方がいいんじゃないかって思ったり、なんとなく『子供』が後回しと言うか、『親』の意見・メインで考えてしまうようになってきていました

実はセミナーが終わる際に、大阪産業創造館(主催者)の方から参加企業に声を掛けて頂き、セミナーが終わっても、新商品開発に向けて話し合いの場を作りませんか?と言う提案をして頂きました。

講師の方も参加してくださると言う事だったし、我がオヤジドリームチームもあっちに行ったりこっちに行ったり・・・3歩進んで2歩下がったり時には5歩下がったらりとなかなか思うように進まなかったので参加で返事をしました

ところが、6社中3社以上集まらないとこの集まりは中止になるとかで・・・。

久宝金属は申し込んでいたので後2社。

後日3社集まったと連絡があったのでその集まりは開催される事になりました

日程は月1回で半年間。2時間程度話し合い、色んな意見交換をする場を用意して下さいました。場所はもちろん産創館

しかも、講師の方まで来てくださるのに無料

産創館さんありがとうございます


そんな感じで集まった3社ですが、その集まりの名前は『クラブ IN クラブ』と言う名前になりました。(最初から決まってましたけど

クラブinクラブに参加されていた企業の方は、LEDの会社とエクステリアの会社でした。2社とも今までに本当に色々な商品を開発されていました

まぁまぁ何はともあれ始まったクラブinクラブですが、早速第1回目で講師の方に今悩んでいる事を聞いてもらいました。

子供用の〇〇を作りたいけど、かっこいいのにしようか迷っていると言うか・・・正直どうしたらいいのかわからなくなっていますって言うざっくりとした質問みたいな愚痴を言いました

そうすると講師の方は、自分たちにとって(オヤジ達の事)何がかっこいいと思うのかを考えてみたらいいと言われました。

確かに『かっこいい』って一言で言っても人によっても『かっこいい』は違うし『かっこいい』と言葉の中には色んな『かっこいい』が入っていると思い、考えてみる事にしました。

『かっこいい』・・・・・・・・深いですね   

それと同じ時に言われたのは、子供使ってもらいたいのか、子供使える様にしたいのかで、デザインやターゲットは変わってきますと言うアドバイスを頂いたので会社に帰り、もう一度みんなで話合いました  


今回は少し長くなったので続きは次回にします・・・が

ついにオヤジ達の商品開発の正体を発表します

今まで『子供用〇〇』と書いていましたが・・・・

発表します

『子供用コートフック』です

実は既に試作を作製して、形はほとんどできているのでオヤジ達主演の1分間の動画を作ってみました

この動画も産創館さんの主催の『わが社のおすすめ○○動画』に応募していますので是非是非見てください

http://www.youtube.com/watch?v=f09KnU3lUWc

宜しくお願いします。 オヤジ一同


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
中小企業の社内プロジェクト応援企画 「ドリームチーム選手権」に参加しています。
弊社を含む27社が活動記録をまとめたレポートをブログで公開中!

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

http://www.sansokan.jp/dt/entry.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★

2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ