2010/11/30

本当にあと一歩・・・  
ついに今日(11月30日)でドリームチーム選手権が終わりです。

本当はもうちょっと早く現在の状況がわかるようにしたかったんですけど、ブログを書くのにやたら時間がかかってしまって・・・と言い訳を先に言ってみました


ではでは、前回の続きです。

モニター会も終わりアンケートの集計をしました。

と、その前にモニター会に参加したので感想から

感想

想定はしていたけど、思っていたより子供はめちゃくちゃパワフルでした。

オヤジ達が作った試作は崩壊寸前まで追い込まれました

押したり、引っ張ったり、無理やり何かをしようとしていたりと見ていてヒヤヒヤしました

まだまだ試作の段階とはいえ補強はちゃんとしないといけないなと感じました。


3種類試作品を出しましたが、子供さんにもお母さんにも3種類ともいい評価をしてもらったと感じました。

正直少しホッとしました

そんな感想も会議で話し合いつつ気になる点はとにかく出しました。

結果、主な形状はモニターで出した形状を生かして製作していくことにしました。

またまたここで問題発生

3種類全てを同時進行するのは3種類とも違う問題をかかえていたので難しいと判断し、1種類ずつ解決していくことにしました。

まずは、魚の形をしたコートフック

パソコン作った感じではこんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します

パソコンで作ったと言ってもオヤジ達(もちろん私も含めて)そんな技術持ち合わせてないので久宝金属のオールラウンドプレーヤー古川専務の力を完全にかりました

クリックすると元のサイズで表示します








専務です。

このデータにする作業だけはオヤジ達はお手上げです

今後の課題として今回はお願いしました。

と、まぁ本当にオヤジ達だけで完成させるのは少し厳しくなってきましたが、とにかくあともう少しで製品化

製品化の為には見積もりです。

木を使う事は決まったので、木工屋さん探しからスタートです。

現在の久宝金属のイチオシ商品でもある『アルミレールシェルフ』でも四万十檜を使用しているので全くのゼロから探すと言う事ではなかったですが、何件かに見積をお願いしました

見積を待っている間に名前を考える事にしました。

さすがに『子供用コートフック』はかっこつかないので考えた名前を出す事にしました。

コートフックは今のところ全部で3種類だったのでシリーズ物と考え・・・

●コートフック全体の名前

●個々の名前

の2つの名前を考える事にしましたが、名前を考えるのって思っていたより難しいものでした

なかなかいい名前の案がなかったので、見積の返事がきました。

それを見て、計算して思いもよらない結果がでました

内容はリアルな話になるので避けておきますが、思っていたより高級な商品になってしまいそうという事・・・

悩ましい

価格は悩ましい事ですがそんな中、名前が決定しました。

コートフック全体の名前ですが・・・本当にもう決まっていますが製品が完全に出来上がってないのでその時に発表させてもらいます

もったいぶって申し訳ないですが、本当に完成したときにお披露目します

そんなこんなで、今の現状としてはいかに原価を抑えるかに頭を悩ましているところです

本当に本当にあともう少しで製品化なのにまだできていません。

商品開発をされている方は本当にすごいなと今とても思っています。

しかし、苦労してきた事は忘れないし、営業に行く時もきっといい説得力のある説明ができると思っているのでとてもいい経験になりました。

会社としては社員に新製品を考えさせるというのは大きい冒険だったと思いますが貴重な経験をさせてもらってオヤジ一同感謝です


ドリームチームの期間までには製品化したかったですが残念ながら達成しませんでしたが、目標達成まで頑張ります。


今後もブログは続けます。


よろしくお願いします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
中小企業の社内プロジェクト応援企画 「ドリームチーム選手権」に参加しています。
弊社を含む27社が活動記録をまとめたレポートをブログで公開中!

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

http://www.sansokan.jp/dt/entry.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★

2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ